KosugiShuheiさんの映画レビュー・感想・評価

KosugiShuhei

KosugiShuhei

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.7

やっぱ先いってるよアメリカ映画

健聴者の主人公、自分以外の家族全員が聾唖者で家業の漁業に毎日付き合っている。家でも外でも、家族のためにいつも一緒。通訳となって、耳の聞こえない親兄弟と周囲とのコミュニ
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

最近、若葉竜也にハマってる

そして邦画見たいなって時の、適切な温度と湿度を備えてる気がする

下北沢の古着屋で働く若葉竜也、彼女の浮気から別れ話になる。女性と無縁というわけではなく行きつけの古本屋の
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.5

いい意味で軽くてよかった。おかえりモネでは辛そうだったからよかった。

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

3.8

コロナ不況の中、映画ではお腹は膨れない。映画を見る、だけであればサブスクでこと足りる。映画館が残る理由とは何だろうか。

100年続いた福島県南相馬のミニシアターが閉館する。館長の柳家喬太郎にも、館長
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.1

圧倒的没入感

敵地の中を弾丸を掻い潜り、伝令を伝える2人の青年兵の話。ストーリーはマジでこれだけ。どんでん返しもないし、すごいドライな筋。

ただ、アカデミー賞撮影賞を獲得しただけあって、流石の映像
>>続きを読む

麻薬王(2017年製作の映画)

3.0

「ナルコス+アウトレイジの韓国版王道アウトロー」

麻薬とかで成り上がるアウトロー系は毎回ドキドキする。法律とか既得権益ギリギリのところを攻めてくスリルが見ていてたまらない(法律に関してはバリバリに破
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

ヤクザ映画は絵力があるし派手なストーリーやドンパチも盛り込むことができる。アウトレイジなんてそれの最たるものかもしれない、、、

ただ、3つの時代を通じて任侠ヤクザが反社会的勢力となり、華やかな裏街道
>>続きを読む

青葉家のテーブル(2021年製作の映画)

3.3

ご飯が好きなので、基本的に食事が美味しそうな映画はそれだけで良い映画だと考えてる。実際に作中では町中華のチャーハン、タコス等色々出てきて本当に美味しそう。観た後にタコスを食べに行きたかったが、タコス屋>>続きを読む

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.2

うーん、、、松本穂香は好きなんだけど、そして今作でも演技は上手いんだけど。

板尾とかハマケンは軽い雰囲気の演技で画面を明るくしているし、まあ人生経験がある分色んなことを乗り越えて、今のキャラクターが
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.1

身構えず見れるし海外の街を旅行してる気分になるのでウディアレンは大好き(本数は見てない)。

ミッドナイトインパリが深夜にタイムスリップするならば、こっちは雨がきっかけで思いもよらないアクシデントに巻
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

なんか手軽に見れるタイプの軽い邦画ないかな。と思ってみてみたが岸井ゆきのも成田凌も江口のり子も、あんな人身の回りにいたら嫌だなあ。
でも単にデフォルメかかってるだけのような気もして、決してシーンとして
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.2

親がケヴィンコスナー大好きで昔から話に聞いていたものの特に見る機会もなく。アンタッチャブル良かったからこっちも見てみた。

流れとしては淡々としてるけど言うなればファンタジー的でもある、ちょっと昔のア
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

3.2

こっちも今話題らしい。
銭湯でバイトする東大卒のニートがうんちゃらって話。筋はちょっと粗い気もする。リアリティ重視の映画じゃないけど。

けど、全体に青っぽい画面と低予算ぽいカメラワークで緊張感が出て
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

素晴らしき世界の西川美和の過去作、かつアマプラの配信期限ギリギリと言うことで見た。

初っ端のモックンが嫌な人過ぎ、実は作中で奥さんのことを一度も名前で呼んでないんじゃないだろうか。

そんなモックン
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.8

役所広司ってこんなに演技上手かったのかと。途中から前科者の真っ直ぐな癇癪持ちにしか見えなくなる。

最近マルちゃん正麺でしか見てなかった役所広司だけど、後半にかけて表情が柔らかくなっていくのなんて見事
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.2

「わたしは光をにぎっている」の監督。写真みたいな構図が相変わらずめちゃくちゃ綺麗なのと、無駄にジメジメさせない画面の色合いよかった。手ぬぐい工場のシーンも綺麗。

一部セリフがくさかったけど、ラストシ
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.9

みんな殺しの抵抗感なさすぎだけど、それが清々しい勧善懲悪。特に駅のアクションシーンで滑り込む、アンディ・ガルシア格好いい。そして衣装提供はアルマーニ。これもめちゃくちゃ格好いい。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.9

セクハラで実質引退のケビン・スペーシーの演技えぐい。特に最後の決戦シーンと取調べのシーンは何を考えているのか。さすがハウスオブカードで狸な大統領を5シーズンやってただけある。そしてこれくらいの年代の洋>>続きを読む

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

2.4

ストーリー荒いし各エピソードが浅すぎて逆に原作読みたくなる、、、正名僕蔵夫婦が微笑ましい

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.6

演出とかが突出してるわけではないけど、どこにでもあり得る話。儒教の影響で韓国は日本より保守的な思想が強いと言われてるけど、日本だって同じ。そしてこの映画はこう終わるべき

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.6

梨泰院クラスのパク・ソジュンとミセンのカン・ハヌル主演。ストーリーはよくある感じだけど、梨泰院と違ってパク・ソジュンが主体的かつ活動的で良き

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.0

このテンションの映画を今作るとクサくなりそうだからすごい。松坂慶子が別人

>|