かほさんの映画レビュー・感想・評価

かほ

かほ

レビューは正直に。

パッチ・オブ・フォグ −偽りの友人−(2015年製作の映画)

5.0

最高。タイトルからは想像のつかない展開にまで及んでしまった。結局同じ墓場入ってもうとるな。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

4.0

おもろい。
トップ主演の女の子の事情がどうでもいい、その辺にありふれてる女子のグダグダだったので興味がなくてこの点数をつけたが、太っちょのクレイジーガールや女医やその彼氏など、トップではないが主役のう
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

1.0

クソおもんない。
福田作品の中でも一番面白くなかったかも。
叫んでツッコむ手法は、銀魂の劣化版と言えるぐらいレベルの低さ。
間が悪いんだろうな。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s(2012年製作の映画)

3.1

今回出てくるキャラクターの事情は興味がなかったが、やはりそこにフェイトの事情が絡むと興味深さが増す。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st(2009年製作の映画)

3.6

小3…なのか………。カードキャプターさくらと同じジャンルのようだと序盤では思ったが、闇がある分全然違う。特に報われないフェイトの思いが酷だ。わたしは好きな内容だった。

酔いがさめたら、うちに帰ろう。(2010年製作の映画)

2.7

リアルで、アル中を知ってる者にとっては胸糞悪い。アル中物語にしては美談にしすぎている気がするし。

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

5.0

リヤケベデの美しさ。
ソマリアの慣習的事情については、黒柳徹子の本で知っていたので耐性はできていたのだが(本で読んだときは強烈な印象を受けた)それでも怖い話だった。ワリス本人で演じて欲しかったが、年齢
>>続きを読む

家路(2014年製作の映画)

1.4

放射線被曝について、「病気になる危険性が上がる」とのセリフがあったのがちょっと心配だった。そうか、医療に関心がなければそういう考え方で生きている人もいるのかと。何を優先するかは人の勝手だけれど。たしか>>続きを読む

チリ33人 希望の軌跡(2015年製作の映画)

2.8

つい最近の事件だよねこれ。まだ記憶に新しい。景色がよろしいし、食べ物が美味しそう。万人ウケを狙うためにわざわざ英語映画にしたのかな。

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

3.6

もう10年も前の話かこれ。当時話題になってたよね。今見てたら、こんな希少疾患の話だとは知らなかったし、結末もハッピーエンドにこだわって居なくて良い。お父さんの関わり方に泣きそうになった。YUIの演技も>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

2.2

え、北海道ってこんなんなん?仲良すぎじゃね?ボーリング行きすぎ。
あとボーリングの隣のレーンでヤクザがいても普通にボーリングやってる一般人とか、居るの?
後半につれ字幕で説明が出てき、これが実話に基づ
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険(2005年製作の映画)

2.0

ハピーって名前、happyから取ってるとしたらめちゃくちゃ可愛いな。

それいけ!アンパンマン くろゆき姫とモテモテばいきんまん(2005年製作の映画)

2.2

あれ、白雪姫居ないと思ったらそういう事ね。別れ際のバイキンマンのああいう演出、悲しかったぜ。

マンマ・ローマ(1962年製作の映画)

3.0

マンマミーアのパクリ的なコメディと思ったら時代もジャンルも全然違った。善悪決めがたいが、子供育てるために子供を置いて遠くへ出稼ぎに行くのは、産んでしまってからの解決策としては良案かもしれないな。結果と>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

3.4

理想の近隣達だな。騒がしそうだが建築スタイルも街並みの雰囲気も良い。てか一番はベランダで布団引いて寝てる夫婦な。私もやって見たい。

ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏(2015年製作の映画)

2.6

こんな事件があったとは知らなかったが、知らない事件だからこそ、なんでこんなに大袈裟に取り上げてるんだと思ってしまった。ドキュメンタリー形式で、それぞれの言い分や考え方が露骨に出ているのは日本ではあまり>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

4.0

やはり良。ていうかこれアニメでは結末あるの?終わりが見えない、というよりも人間の敗北が見えてるので終わり方どうするのかなと。

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.2

録画してたけど見ずに置いていたもの。
このパッケージが有名だが、この女の人ウィザースプーンだったのか。ウィザースプーン作品ではキューティーブロンドが一番好きだけど、これもなかなか演技力高かった。脚本が
>>続きを読む

ブラッド・ワーク(2002年製作の映画)

4.5

クリントイーストウッド、見知った顔なのにこの人がクリントイーストウッドだと認識していなかった。名前は監督として知っていたが俳優としてもめちゃくちゃ出てるよね。そしてかっこよすぎでは?なかなか居ないぞこ>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

5.0

おもろい…!!今まで進撃の巨人を見てこなかったのを後悔したぐらい面白い。なぜ私はいつも面白いアニメを後から知るのだろう。時代背景や町並み、キャラ設定はハガレンに近しいものを感じ、壁で囲われてる設定など>>続きを読む

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

4.0

キャストなどの前情報全くなしで、ただ最近この映画よくケーブルテレビでやってるなぁと思い録画して視聴。くぁ〜〜マークウォールバーグ来た〜〜と思った。こんなタイトルの、こんなジャンルの作品に出るようになっ>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

2.9

嘘つけよ。何が20年に一本の恐怖作品だ。CM上手く作りすぎだろ。
最近CMや評判負けをする作品が多いな。
序盤の破片や、中盤の、ガラスの天井に落ちてガラスがひび割れて行くシーンなど、伏線の張り方が下手
>>続きを読む

Maiko ふたたびの白鳥(2015年製作の映画)

5.0

思わず一緒に泣いた。
走り続けている人の苦労を見るとぐうの音も出ないな。
寿命の短いバレエという活動に、どれだけのものを賭けて生きてきているか。家族の努力や苦労もありありと映し出されてて、最後のターン
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

1.5

昨年流行ったこの作品をやっと見れた。
話つまんなかったな。
語りが多いのが好きではない。

選挙の勝ち方教えます(2015年製作の映画)

3.8

キャストすげえな。きついジョークが効いてて私は好き。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

1.2

ジブリ〜〜〜〜。
誰がどう見てもジブリ。
でも顔はアルプスの少女ハイジやラスカルのような絵ヅラだな。

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

1.5

2014年に製作したとは思えないほどのクオリティのショボさ。ジョークのテイストを濃くするためにゾンビの怖さを抜いたのかな。この映画確か話題になってたよね?期待したのとは全然違うぐらいのコミカル作品だっ>>続きを読む

劇場版 艦これ(2016年製作の映画)

3.1

海の上を走る姿カッコいい…!!艦これのゲームしてない私にとっては、予想外に格好良かった。映画では提督はおらず、自分たち自身で頑張って行くんだな。実際の砲撃や戦いのシーンよりも、ただ海の上を走ってるだけ>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

1.7

狭いな。空間が。制作費だいぶ浮いただろうなぁと感じた。最後に外のシーンが映っているのが惜しい。どうせなら終始を屋敷内で撮ってほしかった。

モスクワは涙を信じない(1979年製作の映画)

2.5

やっぱ違う言語の映画見るときは、その言語を履修してから観たいなぁ。その言語が理解できないまま見ると勿体無い気がする。そしてこの作品は長いな、尺ではなく、全人生を描いてるわけではないのに、人の生活を長く>>続きを読む

それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ(2013年製作の映画)

3.0

今回のオリジナルキャラであるちびっこ象の鼻からハンカチを出すという能力、直接人を助けるのではなくハンカチを出すことでみんなが汚れた街を拭いてみんなの力で本来の街を取り戻せる、解決できるというもので感心>>続きを読む

みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ(2013年製作の映画)

2.8

まっ昼に平気で「めっちゃくちゃオバケ!」と歌いながらやってくるオバケは私でも怖いわ。そして相手をびっくりさせるだけじゃなく相手までオバケにしてしまうところは、そのへんのホラー映画より怖いわ。でも一番怖>>続きを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.3

佐々木蔵之介かっこええな〜〜!カッコいいし演技うまいし味出てるし面白いしアクションもうまい。言うことなしやんけ。アクションについては、佐々木蔵之介は細身だからパワー系の演技出せるかなと心配な部分もあっ>>続きを読む

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!(2014年製作の映画)

2.6

プロデューサー若すぎ…。合宿のご飯豪華すぎ…食べたい…。
仲間割れなどはよくある話であまり興味をそそられなかったが、最後の曲はノれるし、アニメなのに減量や甘いもの禁止で筋トレなど、アイドルのつらい生活
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

4.5

見てるだけでストレス溜まるぐらい家庭が崩壊している。そして簡単に人が死ぬ。
サトエリがほんまに壊れてて、予想外の展開をボンボン出してくれるから見てて退屈はしないな。結果楽しかったのかも。

>|