mitoさんの映画レビュー・感想・評価

mito

mito

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.0

2021年51本目。
火星探索を行うための、国際宇宙ステーションでのミッションに抜擢されたフランス女性宇宙飛行士のサラ。
しかし、彼女には幼い娘のステラがいる。
ミッション中は離婚した夫にサラを預ける
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.4

2021年50本目。
ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ映画。
妻に先立たれた老人エドは娘の勧めで、同居を始める。
しかし、今まで使っていた部屋を明け渡す事を余儀なくされた孫のピーターは、エドに怒りの
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.5

2021年49本目。
るろうに剣心の実写版。
原作のラストエピソードである、人誅編を描く。

かなり間が空いての人誅編の実写化。
しかも、人誅編自体が、原作の中でも若干難有りなエピソードのため、実写で
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

2.9

2021年48本目。
故チャドウィック・ボーズマン主演。

マンハッタンで起きた強盗事件。
マンハッタン全域を閉鎖して、徐々に犯人を追い詰める刑事のデイビス。
しかし、事件の真相が分かってくるに連れ、
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

4.0

2021年47本目。
海岸で化石を発掘して生計を立てる女性メアリーと、裕福な学者の妻シャーロットが出会い、次第に秘めたる思いを抱き始める、ラブ・ストーリー。

監督はゴッズ・オウン・カントリーのフラン
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

2021年46本目。
数ヶ月の延期を経てようやく公開。
引っ込み思案の女の子が猟奇的殺人鬼に殺されかける…そんな時、まさかの入れ替わり。

女子高生の姿を得た殺人鬼と、
殺人鬼の顔をした女の子の攻防が
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.6

2021年45本目。
今泉力哉監督作品。
監督得意の、恋愛模様の移り変わりを題材にした内容の作品。

まず、前提として非常に水準は高い。
今回は今泉監督のコメディライン側の演出が比較的多い。

元々、
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.1

2021年44本目。
恋愛&ループもの。
自分の大好物ジャンルの作品。

こういうジャンルの映画だというのは予告編で知ってたが、冒頭から既にループが始まっている…それが分かる開始5分が秀逸。

また、
>>続きを読む

アウトポスト(2020年製作の映画)

3.8

2021年43本目。
アフガン紛争中、渓谷の谷底という敵から格好の的となるような立地の前線基地。
その基地に配属となった兵士達の視点で、基地放棄までの戦いを描く。

古の時代から地の利を得るのは、戦闘
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.9

2021年42本目。
普通を知らない塾講師が普通を知るため、今の生活に不満を持つ女子高生と特訓を始めるが…。

前評判通り面白かったし、自分好み。

恋愛感情やパワーバランスの変わり方や、
塾講師の大
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.2

2021年41本目。
夫のDVに限界を感じ、離婚し、子供と家を出たサンドラは公営住宅の順番待ちでホテル住まいを余儀無くされる。
途方に暮れるサンドラが偶然見た動画、その動画に触発され、サンドラは自ら家
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

2.6

2021年40本目。
架空の世界で意味も分からず、戦争を続ける2つの町。
そんな町に住むヘンテコな住人の日常を描くコメディ。

映画全体が戦争に対する皮肉が込められているので、ブラック・コメディ色が強
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.7

2021年39本目。
1年の延期を経て、公開された吉田大八監督の新作。
塩田武士さんの小説を原作。
出版社を舞台にした編集者達を描く。

出版業界の没落は今の世相と合っていて、やけに現実味がある。
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

2.4

2021年38本目。
引っ越しを検討するカップルが訪れた、ヘンテコな担当者が理想の家を謳う売家の内覧。何の気なしに見に行った家屋番号9番の家…内覧を終え帰ろうとしたカップルだが、その住宅街から抜け出せ
>>続きを読む

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.7

2021年37本目。
ブラック・メタルの歴史に名を刻んだバンド、メイヘムの主要メンバー、ユーロニモスがメンバーに殺害された事件に至るまでの、バンドの歴史をユーロニモス視点で描く。

ブラック・メタルを
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

2.5

2021年36本目。
電気関連の発明で歴史に名を刻むニコラ・テスラの半生を描く作品。主役のテスラをはイーサン・ホークが演じる。

登場人物のアンがストーリテリングのナレーションをカメラ目線で行ったり、
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

1.9

2021年35本目。
あのゲームがついに実写化!!
監督はポール・W・S・アンダーソン、主演ミラ・ジョヴォヴィッチ…マジか、な作品。

通称、ポール・駄目な方・アンダーソンと揶揄され、バイオハザードで
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.3

2021年34本目。
韓国系移民の一家が農場で成功することを夢見て、アメリカのアーカンソー州を訪れる。
事業が上手く行かない中、辛くても必死に明日に向かって歩む様を描く。

A24、PLAN Bという
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

-

2021年33本目の、ラーヤと同時上映。
ディズニー&ピクサーの恒例行事、本編前の短編映画。

おじさんとしては、本編より響くものが多く、久し振りのヒット。
老いた体の衰えと、それと共にやってくる恐怖
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

2021年33本目。
ディズニーと映画館のいざこざに巻き込まれ、公開規模がかなり小さくなってしまった不遇の作品。
(まあ、ディズニーとしてはDisny+で配信出来てるから痛くも痒くもないのかも知れない
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

-

2021年32本目。
全編ストップモーションアニメで製作された作品。
ストップモーションアニメというだけで、その手間や労力によるバイアスが乗るのは否定しないが、キャラクターや動きは個人製作である点を鑑
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.1

2021年31本目。
今年度の賞レースを賑わす社会派作品。
リーマン・ショックの煽りで、消滅した企業のお膝元の町、結果、車上生活を余儀なくされたその街に住んでいた女性のその後と、同じく車上生活をする人
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

1.7

2021年30本目。
あのトムとジェリーをピンクパンサーの手法で実写と融合させたアニメーション作品。

人間キャラもクロエ・グレース・モレッツやマイケル·ペーニャと中々の有名どころをキャスティング…し
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

2021年29本目。
新劇場版エヴァンゲリオン4部作最後にして、TVシリーズから続くエヴァの実質的な完結編。
(と、一応銘打ってる)

TVシリーズから25年、そして前作Qを経て、遂に終わる。
TVシ
>>続きを読む

スカイライン −逆襲−(2020年製作の映画)

2.4

2021年28本目。
スカイラインシリーズ三作目。
征服の一作目、奪還の二作目に続き、タイトル通り逆襲に転じる三作目。

うーん、やっぱり二作目は確変だったのかなぁ。
一作目は言わずもがなだが、本作も
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.0

2021年27本目。
東京に住む上流階級の女性と地方から上京してやって来た女性、二人の視点から日本の階級社会や今の時代に適応した女性の生き方などに焦点を当てて描かれる。

決して出来は悪くないが、
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.9

2021年26本目。
ダニエル・ラドクリフくん主演。
ネット弁慶の青年が、腹いせに流行りのデス・ゲームサイトに悪口を書き込んだ事をきっかけに、彼自身がゲームに身を投じる事になってしまう、ハチャメチャア
>>続きを読む

リーサル・ストーム(2020年製作の映画)

2.8

2021年25本目。
メル・ギブソン出演。

タイトルや予告編を観る限りでは、恒例のハリケーン映画にしか見えないが、実際はハリケーンの影響で断絶されたアパートで繰り広げられる、シチュエーションアクショ
>>続きを読む

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.8

2021年24本目。
大病を患った少女ミラが偶然出会った不良の青年モーゼスに恋に落ちやがてやって来る、終焉に向かう、彼女、そして彼女の周りに人々を描いた作品。

比較的、オーソドックスな内容。
所謂、
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.5

2021年23本目。
パリを舞台に、廃れたクラブの歌い手が、傷を負った人魚を助けた事から始まるラブ・ストーリー。

主人公と人魚の関係がフランス映画の割にピュアで、それが余計ロマンティックな作風を形成
>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.6

2021年22本目。
ミカ・カウリスマキ監督作品。
フィンランドの田舎町に現れた中国人の親子。
「フォントロン」という男を探しているというが、そんな男はこの町にいない…。

めげずにフォントロンを探す
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.9

2021年21本目。
ベーシストの劔樹人さんの著書を原作に、今泉力哉監督が映画化。

松浦亜弥に出会い、ハロプロヲタクとなった社会人達の生き様を描く。セカンド青春的な作品。

今泉監督が、恋愛が主軸に
>>続きを読む

MISS ミス・フランスになりたい!(2020年製作の映画)

3.4

2021年20本目。
cocoオンライン試写会で鑑賞。
ミス・フランスに憧れた男の子が、大人になり再び夢の為に奮闘するサクセスストーリー。

性の話が主題だが、
スポ根もの、最近だとファイティング・フ
>>続きを読む

ダニエル(2019年製作の映画)

2.5

2021年19本目。
幼い頃、主人公のルークが、近所で起こった銃乱射事件の現場で姿を現したイマジナリーフレンドの少年ダニエル。
大学生になったルークの元に再びダニエルが現れ、徐々にルークの生活を脅かす
>>続きを読む

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

2.7

2021年18本目。
幼い頃の親友二人が企てたプロポーズ大作戦。
裏の世界も股にかけた壮大な計画を描いた作品。

振り返ると、もっと早く気付けたな・・・と反省するくらい、途中でオチを察することが出来て
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

2021年17本目。
人生の半分以上を刑務所で過ごした男。
今度こそ堅気としてまっとうに生きると誓った男、三上正夫の葛藤を、彼に興味を持って取材を行う元TV番組ディレクターの視点も交えて描いたドラマ。
>>続きを読む

>|