カナイさんの映画レビュー・感想・評価

カナイ

カナイ

のんびりと。韓国映画多め。

映画(168)
ドラマ(0)

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

4.8

初めてのハイロー。CMで気になるキャラがいたのと、シリーズ観てなくとも大丈夫!との情報を得て映画館へ。
冒頭から格好いい。キャラクター多いけど混乱せずに観られる。アクション中心かと思ってたらドラマ部分
>>続きを読む

ハッピー・エンディング(2005年製作の映画)

4.0

この作品、観たのは15年くらい前。ときおり思い出す。
群像劇なのだけど、全ての人が繋がっているわけでないので、見る側だけが俯瞰している。
自分がそうであるように、自分の知らないただ通りすがりの人にもド
>>続きを読む

恋するシェフの最強レシピ(2017年製作の映画)

3.4

軽めの作品を観たくて手にとりました。ちょうど良かったです。全体的にカラフルでポップな色調。美味しそうな食べ物。

料理は天才的、素はおっちょこちょいでナイーブな猪突猛進型のシェフ、チョウ・ドンユイちゃ
>>続きを読む

正しく生きよう(2007年製作の映画)

3.6

面白かった。緊迫感のあるドタバタものかと思ったら、それだけでなく思わぬ方向に転がりつつ適度に淡々とテンポよく尚かつのんびりコミカル(?)で、抑えるところは抑えてこちらにぐっとくる部分もある。主役のジェ>>続きを読む

あなたの初恋探します(2010年製作の映画)

3.4

人間くさくてかわいいコン・ユ、勢いあってキュートなイム・スジョンさん。
いきなりインドからはじまる。異国情緒もあっていいです。
ひょっとしたらキャストが他の人だったら違った感想だったかもしれないけれど
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.7

事実を元にした社会派の作品、出演者も多い。が、冒頭からぐいぐいと引き込まれて気がついたらそこにいた。「ひとごと」でない場所。物語の動線が見事で観る側を迷子にすることなく1987年に連れてゆく。重さだけ>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.5

映像がきれい。音楽や撮り方、トーンが上品で美しい、絹のような手触りの作品だなと思った。
お話自体は何かを説明しすぎるという感じではなくって、群像劇でありつつ主人公である修道士のキャラクターが立っていて
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

3.6

マ・ドンソクのあまりの可愛らしさに身悶えながら観ていた。テディベアのよう…。パッケージだと暑苦しいイメージだけど、思わず力の入る腕相撲シーンとは別に、コミカルな部分や家族物など要素も多くあり。尺も約1>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

たぶん、観る人によってかなり感想が分かれるだろうと思う作品。 

私は彼女が、特殊な環境をサバイブするために、怒りを爆発させずコントロールしているように思う。
切り替えが早すぎるのも、なによりも普段の
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

ソン・ガンホ演じる運転手が、本当にどこにでもいそうなちょっと調子のよくてズルさもある笑顔の素敵なおじさんなのが、又よい作品だと思う。
少しコミカルにお話が進むうちに、ぐいぐいと引き込まれて、気がついた
>>続きを読む

共犯者たち(2017年製作の映画)

4.0

「記者が黙った 国が壊れた」
地元での自主上映会にて鑑賞。ジャーナリストの方が撮った作品。
そうだったのか、と思う事も多々あり、自分の住む国で起きていることもたくさん考えた。理不尽なこと、隠されたこと
>>続きを読む

サバハ(2019年製作の映画)

4.0

国内ではNetflix配信のみ。
神の沈黙。丁寧なつくりの作品で面白かった。あえてキャラクターを説明しすぎていないのも良かった(それでも目線や表情で心の機微は伝わる)キリスト教、仏教、入り交じるさまざ
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.1

面白かった。テンポとカットがすごくいい。エンタテイメント。
アクションシーンのキレの良さ。



続編あるといいなー!

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.0

面白かった。迷子になってしまった子、出逢ったおじさん、子の親、おじさんの恋人、その家族、と皆に感情移入しながら観ていた。 笑って、泣いて。
国が違う、信仰する宗教が違う、習慣が違う。今の私は普段意識せ
>>続きを読む

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

3.1

キム・ヘスが面倒くさくて自分勝手、でも筋は通ってる女優役。パッケージから想像される粗筋しか頭になかったので、学生と出逢うところでなるほどー!てなりました。思うところあったけどそこはネタバレなのでおいて>>続きを読む

7号室(2017年製作の映画)

3.5

シン・ハギョン&ド・ギョンス。
ある事をきっかけに思わぬ方向へ(笑っちゃうくらい悪いほうへ)事態が転がっていく。「最期まで行く」をちょっと思い出したりしてたんですが、なんとなく、いまその土地にある空気
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2016年製作の映画)

3.8

死ぬほど魅力的だけど同時に容赦ない、って思った作品(褒めてる)
テンポや音楽、構図、光の使い方がめちゃくちゃ上手い。
すごく乱暴にいうと、ネジが2、3本吹っ飛んでる魅力的なおじさんと、純粋な若者が出逢
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.7

自分を自分たらしめるものは、記憶、感情、感性だと思っているのだけれど、主人公は病によってその境界が危うくなっている。面白い切り口の作品。

主演のソル・ギョング出演作、直近では不汗党(原題)こと「名も
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

音楽が産まれるその時、空間のドキドキワクワク感、圧巻のライヴ映像。映画館で観ていて、立ち上がって曲に合わせて手拍子して踊りたい、と思った。

Queenについては、曲は耳にしたことはあっても特に深く知
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.4

おもしろかった……。ちょっと言葉では説明しずらい独特のテンポ。
途中クスッとしたり友情に胸が熱くなったり、深い部分にスッと入るのも良かった。音楽と映像のトーンとカット割も好み。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.6

こわいのかと思ったけどこわくない。面白い。
あんまり深く考えずに楽しむのがいいと思う。ヴェノムがかわいい……。「うしおととら」のとらちゃんみたい。登場人物は多くない分、それぞれにキャラが立ってて良かっ
>>続きを読む

人狼(2018年製作の映画)

3.5

作品全体のトーン、色使いがきれい。
劇中の絵本のシーンは絵を寺田克也さんが担当していて、音楽もよかった。出ている役者さんは魅力的な方ばかりだったので、もう少し隊内の人間関係もみてみたかった。アクション
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

面白かった。飄々とした(でもやらかしてしまう)ライアン・ゴズリングと、手が早い(でも世話焼きおかん??)ラッセル・クロウのケミストリー……。
ライアンの娘が聡くて肝が座ってて物凄く好き。

監督さん、
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

お話自体はスリルがあるというより、観ていて気持ちいいところにバスンバスンストライクが決まる感じだった。
出演陣ひとりひとりが立っていて痺れる。
サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェットの間のあわいも
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

面白かった。これは地元の映画館(キネマM)で激音上映があってそれで観た。
ちょっとした細かい描写もうまい。色々とハラハラしたし、ここでこの人が!な驚きもあったり、本人の思惑を超えて事態がめぐり始めてし
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

キャストとタイトルで、これ絶対面白いやろ……と思ったのですけど、実際に鑑賞してみると、90分の尺の中に、現実社会の理不尽さ(年金の話とか)、ニヤリとする伏線、お話しも緩急つけて組まれていて非常に良かっ>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

4.0

ネットフリックスで。今回、契約の関係で1年は劇場上映ができないそうなんですが、機会があればスクリーンでも観てみたい。
非常に絵と演出、音楽、声のトーンがよいです。丁寧。人が生きている作品。自分もあそこ
>>続きを読む

26年(2012年製作の映画)

3.6

エンタメ色もあり、面白かった。キャラクターが立っている。冒頭の実写以外による描写による演出もうまいと思う。
光州事件は深くはまだ知らないけれど、実際に今と地続きの物語なのだと思うと、人によって見方は様
>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.6

お弁当が配達人の手違いで、自分の旦那さんではなく知らない人の所に届いてしまい……というところからはじまる二人の交流。
主婦のイラが、家庭に興味のない夫に目を向けてもらえないのが見ていて悲しかった。彼女
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.6

浪人生の主人公は父母、兄の四人家族とともに引越し先での生活をはじめる。兄は優秀で人柄もよく、弟である主人公の尊敬をもった愛情の眼差しがなんともよい。が、徐々に不審な行動が……という。
タイトルにあるよ
>>続きを読む

時間離脱者(2015年製作の映画)

3.6

過去と現在が交差する様がうまい。細かい所で突っ込みどころはあるんですけど、スリリングでどうなるんだーとグイグイ見せる。ラストもいいと思う。

必ず捕まえる(2017年製作の映画)

3.7

面白かった。大家で鍵師のおじいちゃんと、暴走刑事おじさんが事件解決のために頑張るお話。おじいちゃんは頑固で偏屈に見られるのだけど、すごくまじめ。段々チャーミングに見えてくる。あと「刑事さん」は後にある>>続きを読む

鋼鉄の雨(2017年製作の映画)

3.8

北朝鮮の工作員であるウソンさん、韓国の外交員であるドウォンさんの配役がすごくいい。
シリアスな中に、2人の人間くささ可愛らしさが挟まる。食べ物のやりとりもかわいい。や思わずフフッとする。大の大人の中に
>>続きを読む