けろよんさんの映画レビュー・感想・評価

けろよん

けろよん

映画(265)
ドラマ(48)
アニメ(0)

隣人X 疑惑の彼女(2023年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

林遣都見たさでクリップしてたやつ

なるほど最後はそう来たかー

ところで、野村周平演じた彼は?
彼もまた人間に優しく接する人なのでは?
もしや?

他の方どう思われたか知りたいなー

まあ、最後まで
>>続きを読む

バウンティフルへの旅(1985年製作の映画)

3.5

WOWOWにて録画したもの

息子夫婦と同居している老婆
気の強い嫁と、嫁の言いなりの息子との
狭いアパートでの暮らしに嫌気がさし、
バウンティフルという生まれ故郷の田舎へ戻ることを夢見る
しかし、旅
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

1年以上前にWOWOWにて放送
録画しておいたが、なかなか観る気にならず
今回やっと

ヤクザ、暴力団、殺人犯…
そんな「悪」と呼ばれる世界に身を置く中でも
個々の人間の本質は
優しい心を持っていたり
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.0


ガラスのように繊細で壊れやすいかと思えば、
一筋の希望のためには、
妨げになるものは排除してしまう怖さ
これはサイコなのか?!
(ザリガニの鳴くところを思い出した)

出生の秘密や、幼い頃の貧しい暮
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.6

記録忘れ
3年前に鑑賞済

原作読んでないけど
きっと本の中の方が
詳細がきちんと書かれているのではないかな
読んでみたいな

一番考えさせられたのは
自分の子供が
犯罪に巻き込まれたとき

加害者で
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

3.9

こんな世界があったなら、
死ぬのも怖くない
いや、むしろ死んでみたい(←こらっ😡)
…と思えるほどの楽しそうな?暮らしに見えた。
もちろん、それぞれの胸の中には
果たせなかった夢や約束、心残りがあるの
>>続きを読む

アシスタント(2019年製作の映画)

3.5

テキパキと仕事をこなす女性
テーブルや皿の片付けなどの雑用から
身に覚えのないクレーム電話へ対応させられ
挙句の果て、謝罪文を書かされる
誰よりも早く出勤し、誰よりも遅く退社
休日も仕事だ

学歴もあ
>>続きを読む

52ヘルツのクジラたち(2024年製作の映画)

4.5

町田その子さんの原作本読んでとても良かったので、早速映画館へ。

本を読んだ時感動したのに、結構詳細や肝心な部分を忘れてしまってることに気づく

まあ、だからこそ新鮮な目で鑑賞できて良かったかな

>>続きを読む

ボーイズ・ライフ(1993年製作の映画)

3.8

いや、もうホントに
ロバート・クソ・デ・ニーロだった

どんなに悪者を演じてても
それなりに貫禄があったり、心の底は良心があったり、最後は泣かせたり…
そんなデニーロの姿は皆無だ😓

まあ、そう思わせ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.9

面白かった!

あー、なるほどそういう事か?!
…と思っていたら、
それが覆され
え、そうだったのか?!
と納得しそうになると
またそれも覆される

最後のどんでん返しは、全く予想していなかったから、
>>続きを読む

かがみの孤城(2022年製作の映画)

3.8

この原作本を読んで辻村深月さんを知った

是非思春期の中学生や小学生に
本も読んで欲しいし、このアニメも見てほしい
と思った

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.5

急に、過去に観たことを思い出したので、
とりあえず記録

林遣都は、おっさんずラブを観てから
好きになって、
その後これも含め彼の出演作品をいくつか見たんだけど
きっと私は、牧凌太に惚れてたんだと気づ
>>続きを読む

ナイアド ~その決意は海を越える~(2023年製作の映画)

3.9

フォロワーさん(どなただったかしら💦)のレビューを見て
クリップしておいた作品

実在するマラソンスイマーのダイアナ・ナイアドという女性の実話だ

最難関とされるフロリダ海峡を横断するという挑戦
彼女
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.6

あれー、見たのにレビュー忘れてたんだ

これぞディカプリオって感じだった
金の亡者になっていく姿が
ちょっと怖くもの悲しい感じもした

タイタニックのディカプリオ
晩年の渋いオジサマのディカプリオ
>>続きを読む

アナライズ・ユー(2002年製作の映画)

3.9

アナライズミーから、間を開けずの鑑賞

実際は3年の月日が流れていたんだね
道理で息子マイケルが大きくなってたわけだ
しかし、ポールもベンも
ほぼあの頃のままでなんか嬉しい

今回は、分析医ベンの方が
>>続きを読む

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

3.8

ロバート・デ・ニーロ目当て

マフィアのボス役がハマるデニーロだけど
凄みや冷酷な雰囲気を醸し出したかと思うと、
突然子供のように泣き崩れたり…

そして始終冷静な精神科医をビリークリスタルが演じてい
>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

3.9

最近観たアナライズミーの中で
精神分析医に扮したビリークリスタルが
この作品のハリーだったとは!

この作品を初めて見たのは
間違いなく30年以上前のことだ
男女間に友情は成り立つか?など
当時よく議
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.0

何となくドタバタコメディなのかなと思い込んで、
観に行く気がしなかったんだけど、
予告動画見たら、なんか良さそうと思えて
観てみたら……

いやー、良かった!面白い!
笑えるし、泣ける

他の作品のヤ
>>続きを読む

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

3.2

原題は「The wife」
邦題「天才作家の妻~40年目の真実~」

この邦題見た時から
ははーん、きっとこういう話だろうなあと想像していたら
ほぼその通りの内容だった…
と、思った人は他にもいるので
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

ディカプリオの未鑑賞作品を消化したいと思い、クリップしておいたもの

若き日のキラキラしたディカプリオが、歳を増す毎に、グッと渋いイケおじになっていく
いや、時にはイケてない中年男にも。
そんな後年の
>>続きを読む

いつかの君にもわかること(2020年製作の映画)

3.9

WOWOW初放送

4才の息子と2人暮らしの父親は、
33歳にして不治の病で余命僅か🥺
心残りは幼い息子のこれからのことだ

新しい家族を探すべく養子の申請をし
息子と2人、里親探しを始める

これ
>>続きを読む

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ(1993年製作の映画)

4.0

タイトルで惹き込まれた
部屋とYシャツと私…みたいな、
愛しさと切なさと心強さと…みたいな(違うか😅)

何はともあれ、
いや〜良かった!

ラストに近づくにつれ高齢の二人の心模様が
愛しくて、切なく
>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.2

藤原季節が演じる男が彼氏だと
つい女の嫌な部分をさらけ出さずにいられなくなりそうなんだよね

わたし的には、顔がどストライクなんで
こんな彼氏と暮らしてたら
毎日幸せなのと、不安なのが入り交じって
>>続きを読む

スイート・マイホーム(2023年製作の映画)

3.3

本当はずっと原作本を読みたいと思っていたのだけど、なかなか読書も追いつけず
またまた手っ取り早く映画を先に見てしまう

ちょっとしたホラーだが、
理想の家族が
理想の住宅を手に入れ
幸せな暮らしが始ま
>>続きを読む

丘の上の本屋さん(2021年製作の映画)

4.0

とても好きな映画だ
またいつか見直したくなる
スリルもない
大きな出来事もない
感動の嵐もないかもしれない

でも、穏やかで暖かい気持ちになる
何より、本っていいなと思えるそんな映画
そして石畳が続く
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.6

ディカプリオとケイトウィンスレットの共演作

タイタニックから11年
あの時の2人がもしも生存して結婚していたら……こんな感じだったかも?!

どんなに情熱的な恋に落ちて結ばれても
結婚という日常生活
>>続きを読む

マイ・ルーム(1996年製作の映画)

3.3

メリル・ストリープ、
ロバート・デ・ニーロ
レオナルド・ディカプリオ
そしてダイアン・キートン
らの共演

かなり期待して観たけど
ちょっと期待外れ

姉妹の確執、介護問題、息子と母親、
身内の病気
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

4.0


人にはそれぞれの価値観があるように
趣味嗜好も人それぞれ。
他人には全く理解されないようなモノに
心を奪われ、快感を感じる人もいる。

それを多様性と言うのか、よくわからないけど…

世間ではごく少
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.0

ジャズとか、ドラムとか
私には未知の世界だけど
音楽を必死にやる姿にはいつも感動します

ラストのドラムさばきは
もう、息つくまもないほどの白熱で
本当にに息止まりそうでした😱

プロで大成功している
>>続きを読む

不都合な理想の夫婦(2020年製作の映画)

3.0

傍から見ると綺麗な奥さんと
二人の子供に恵まれた裕福な一家

しかし、野望や野心の強い夫は
金儲けの情報をキャッチはするが、
細かいケアをすることが出来ず
人が集まれば、自分の自慢話ばかり
羨望されて
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.7

ロバート・デ・ニーロとディカプリオの共演となれば、見ないわけにはいかず
3時間半の長編に備え
小さなクッキーを鞄に隠し持ち
腰が痛くなった時は立ち上がってストレッチできるようにと、最後尾列一番端の席を
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.9

実際に起きた事件をモチーフにした作品ということで
とてもやるせない気持ちになる

「ロストケア」は老人介護施設での事件、
こちらは身体障害者施設での事件

そういった場所で働く人々は、どんなにか大変で
>>続きを読む

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

3.4

すごく面白そうで楽しみにしていたのに…
何故か前半、話が頭に入ってこなくて
早口の関西弁についていけなかったからか🤔

スクリーンガン見して集中するも、よくわからん
段々眠気が襲ってくる
いや、まだ山
>>続きを読む

春に散る(2023年製作の映画)

3.5

ストーリー的にはあまり心に響かなかったけど、⁡
⁡横浜流星VS窪田正孝の殴り合いは凄まじいものがあった⁡
⁡もう、死んじゃうよ、やめてよ⁡!
⁡だから嫌なんだ⁡、⁡こういうスポーツ!⁡
⁡…⁡って、心
>>続きを読む

魂萌え!(2006年製作の映画)

-

10年くらい前レンタルビデオで観た

大まかな記憶しかなく
詳細忘れてる

愛人が本妻宅を訪れた時
足の爪にマニュキアがしてあり、云々…
そんなシーンだけ
やたら覚えてる

見放題になったら、もう一度
>>続きを読む

恋するマドリ(2007年製作の映画)

3.5

⁡今から15年前の映画⁡
⁡⁡
⁡キラキラピチピチのガッキーを⁡
⁡堪能したい方にはピッタリ😆⁡
⁡⁡
⁡私は⁡
⁡出演者が⁡
⁡新垣結衣、松田龍平、菊地凛子という⁡
⁡ドラマ「獣になれない私たち」の
>>続きを読む

>|