キングボブさんの映画レビュー・感想・評価

キングボブ

キングボブ

本当にいい映画を求めて年間250本を目標に鑑賞。自分は合格4.0と甘口レビューだが、とにかく多くの人のレビュー解説を見たい。

映画(363)
ドラマ(0)

トップガン(1986年製作の映画)

4.8

男のロマンがたっぷり詰まった作品。何をとってもカッコよすぎる。オープニングから流れる「デンジャー・ゾーン」で一気にテンションが上がり、戦闘機によるスカイアクションシーンあり、チャーリーとのラブロマンス>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.6

ルーニー・マーラーの圧巻の演技に圧倒される。彼女はどんな役でもそのオーラを出せるからすごい。
それぞれのストーリーが展開れているときは、少々退屈な場面もあったが、2人が出会ってからのテンポ感は素晴らし
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

4.1

デッドプール2を観たら、ローガンとの繋がりをもっと知りたくなり鑑賞。なぜウェイドがあれほどまでにローガンをライバル視しているのかがよくわかり、以前に見た時よりも楽しめた気がする。
本作は完全にローガン
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

あらゆるところに仕掛けられているネタが本当に面白い。ここまでやってしまって大丈夫なのだろうかと心配になるほど。特に色々な映画のパロディであったり、超大物が超脇役に起用されていたり…

前作同様にX-M
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

5.0

型破りな指導をする教師に、校則を破って好きなことをする生徒たち。何をとっても魅力的である。
本当に子供のことを思っているのなら、カリキュラムなどいらないし、子供たちは間違いなくそれを理解しついてくる。
>>続きを読む

ウェインズ・ワールド(1992年製作の映画)

4.0

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で曲の発売に反対し、QUEENと対立したマイク・マイヤーズが、今作品ではその「ボヘミアン・ラプソディ(曲)」に合わせて陽気にヘッドバンキングをしている…
何か繋がりがある
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.7

この映画はすごい…。約100分間、半端ない緊張感が続く。
ずっと手に汗握る状態であり、自分がまるでミサイル発射の権限を持たされているような、そんな精神状態が続いていた。

命の重さが最大のテーマであり
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

3.5

鑑賞してからレビューまでに時間がかかった。映画の作品としては、ストーリーもわかりやすく、上手な子役によって感動させられそうなものだが、この話にはもっと深いテーマがある。

太平洋戦争における日本とアメ
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

4.6

政治的な圧力や社会的な困難がありながらも、権力に屈することなく自分の信念を貫き通し最後は勝利する。日本でも池井戸潤さんの作品などで語られることが多いが、やはり見ていて非常に気持ちがいい。
後半、作品の
>>続きを読む

キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX(2003年製作の映画)

4.4

全体的に1の方が上だが、これも非常に元気がもらえる作品である。
このシリーズの素晴らしいところは、始めは嫌な奴が、エルの明るさやパワーによって良い人に変わっていくところである。最終的にみんなが幸せにな
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

もっと明るい話を想像していた。重くてビックリ。
正直何が正しいのかはわからない。それぞれの立場によって善悪は変わってくるだろうし、トムにもイザベルにもハナにも、そしてルーシーにも幸せになる権利がある。
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

エンドゲームに向けてMCUをもう一度。マーク・ラファロも好きだが、エドワード・ノートンも個人的にファンなのでなかなか見応えあり。
ただ、ベティの行方やブルー博士のその後など謎が非常に多くなってしまった
>>続きを読む

幸せはシャンソニア劇場から(2008年製作の映画)

4.6

「コーラス」を見たかったが、TSUTAYAになかったので、同監督の「幸せはシャンソニア劇場から」をレンタル…
予想をはるかに上回る素晴らしさだった。ニューシネマパラダイスの雰囲気に、シングやグレイテス
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

4.4

2018年の見納めかな。

アカデミー賞で作品賞と主演女優を取っただけあり、30年前の作品ながら古さを感じさせない内容であった。
ユダヤ系老婦人と黒人の初老男性の友情(?)を描いた作品だが、当時のアメ
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

4.8

大晦日に見ようとずっと温め続けた作品。最高に素晴らしかった。
「ラブアクチュアリー」や「バレンタインデー」もそうだが、このタイプのラブストーリーは本当に幸せな気持ちになれる。

それにしてもキャストが
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

良いところと悪いところの差が激しすぎる。
最初の戦闘シーンや、ヨーダの登場、ルークの諸々など、ファンにはたまらないシーンも多かったが、正直これはどうなのっていう場面が多かった。前作「フォースの覚醒」が
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.1

ナチスドイツとユダヤ人の話は今までにたくさん見てきたが、オーストリアを主とした話は初めてであり、非常に勉強になった。
そしてイメージとは違って法廷サスペンスに近い内容に驚いた。

絶対不利と言われなが
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

4.3

自分がなるのも、家族がなるのも辛い…ただただ辛い病気、アルツハイマー。
映画だからだいぶ綺麗に映し出しているが、きっと実際にはもっともっと地獄の日々が続くのだろう。この後のことを想像しただけでも、胸が
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

4.1

よくあるラブストーリーとよくあるサスペンスをうまく組み合わせて、今までにない感じの作品に…飽きさせない上手い作りだと思った。

レクシーとジョシュが非常に可愛くて、ほっこりさせられる場面が多い。さすが
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

原作を読んでからの鑑賞。
あの分厚い話を 2時間半にまとめるのだから、だいぶコンパクトにされている。だから映画だけ見てもなかなかついていけない部分があるのではないか。
そういう意味でも原作を先に読むこ
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.2

アベンジャーズのNY決戦がトラウマとして残ってしまうトニー・スターク。1、2の自信に溢れた感じよりもだいぶ人間的になって、そこが人間ドラマとして興味深かった。
ただ、ロキ率いる宇宙人たちを相手にしてき
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.0

内容としては退屈な場面も多く、正直シリーズではもっともポイントが低いが、ブラック・ウィンドウの初登場やコールソンのニューメキシコ異動やら、キャプテンのシールドが出てきたりと、今後のアベンジャーズに繋げ>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.6

ケイシー・アフレックの演技は兄よりも好きである。さすがモーガン・フリーマンやエド・ハリスといった重鎮が出演していることで、ストーリーに深みがある。

二転三転とするミステリーにどんどん見入ってしまうが
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

4.5

インド洋沿岸で津波によって20万人以上の犠牲者を出した史上最大規模の大災害、スマトラ沖地震。
実話に基づくストーリーということだが、実際にはこんなものではなく、もっと悲惨で過酷なものであったに違いない
>>続きを読む

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

4.9

ミネイロンの惨劇を思い出した。2014年W杯ブラジル大会準決勝、ブラジル対ドイツ。優勝候補と言われていた開催国ブラジルが、まさかの0対7で惨敗し、ブラジル国中が涙で溢れたあの試合…。
ブラジルにとって
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.2

「きみに読む物語」の監督ということで、感動することは間違いなかった。多くのシーンで涙が出てしまったが、多少御涙頂戴を狙った感は否めなかった。
でもケイトを取り巻く人々の素晴らしさが際立っていた。恋人の
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.8

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド初観賞。アクションもカッコよくて、さすがは007とは思ったものの、ストーリーがあまり新しくなく、どこかで見たことあるような感覚であった。カジノというだけあって、ポ>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.5

ブラックサバスやローリングストーンズにフーといった、70年代から80年代のロックバンドが多く登場したのは非常に熱く、シングストリートを彷彿とさせた。
1人のジャーナリストとして、音楽をドラッグやセック
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

140分間、全くダレることなくワクワク感で満たされっぱなしだった。こんなにポップカルチャー満載な映画は他にないだろう。これだけお祭り騒ぎが出るのはスピルバーグだからこそなせる技。

見ている間には見落
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

4.3

これが自分の原点かな。
小学生の時に数え切れないほど観て、台詞も完璧に覚えた。もちろん吹き替え版だが…

今思えばスピルバーグにクリス・コロンバス、音楽にシンディ・ローパーが関わっているとはなんと豪華
>>続きを読む

レクイエム・フォー・ドリーム(2000年製作の映画)

3.7

どこまでもドン底に落ちていく話…
最後に向かうにつれて引き込まれる感はあるが、全てが絶望でしかない。
麻薬防止の啓発のための映画にすればだいぶ効果が表れるんじゃないかと思うくらい、悲惨な現実を映し出し
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.5

期待をはるかに上回る面白さ。ほっこり系の内容かと思いきや、ブラックなコメディになかなか激しめのアクション。95分という長さもちょうどよかった。
何よりウサギたちが可愛い。動物の実写というのはどうやって
>>続きを読む

イースタン・プロミス(2007年製作の映画)

3.8

ヴィゴ・モーテンセンがやたらとかっこいい。でも髭があった方が好きかな…
キャストも素晴らしく、演技は見応えじゅうぶんなのだが、謎が謎のままに終わってしまった感が強く、マフィア系のクライムサスペンスとし
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

4.4

ロバート×ロバートだけでも非常に魅かれるが、ビリー・ボブ・ソーントンやヴェラ・ファーミガが出てたりと、非常に豪華なキャスト陣で、それだけでもだいぶ楽しむことができた。
ミステリー要素はあるものの、これ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

最高だった!
鑑賞後ライブエイドの本物映像を観たが、ほぼ100%忠実に再現されていることに感動。
一曲目にボヘミアン〜を、そして最後にチャンピオンをもってくるというセットリストも、それまでの内容をしっ
>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

4.6

いや〜面白かった!
美女と野獣の逆バージョンのような感じもするが、最後のハッピーエンドまで、素晴らしい内容だった。
ファンタジックラブコメディという感じかな…。
クリスティーナ・リッチがブタ鼻になって
>>続きを読む

>|