キングボブさんの映画レビュー・感想・評価

キングボブ

キングボブ

本当にいい映画を求めて年間250本を目標に鑑賞。自分は合格4.0と甘口レビューだが、とにかく多くの人のレビュー解説を見たい。

映画(320)
ドラマ(0)

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.6

ジブリ最高傑作であると思っている。
トトロやラピュタなども本当に名作であるが、初めて本作を観た時に宮崎駿は天才であると思った。
環境問題に対するメッセージも含め、この壮大なラブストーリーは全ての世代が
>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

4.5

死刑制度の是非を問うテーマに、サスペンス要素を取り入れたストーリーで、様々な伏線回収から最後のどんでん返しまで、息つく暇もなく見入ってしまった。
内容も秀逸だがケビン・スペイシーとケイト・ウィンスレッ
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

4.0

ジョナ・ヒルはずっとこんな役をやっているんだなあ。
最初から下ネタ満載で本当にどうしようもない作品。
ジャンプストリートの時にも思ったが、デブでグズだけどプライドだけは高くというジョナ・ヒルの役にイラ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

う〜ん…
難しいというか深いというか…
これをミステリーとして観てはいけないものだと思った。
謎は多く、最終的には観ている側に判断を委ねる形なので、正直モヤモヤが残ってしまった。
是枝作品は「海街da
>>続きを読む

あの日の声を探して(2014年製作の映画)

4.8

最初から涙が止まらない。ハジの行動や表情全てが紛争の悲惨さを表し、再会の場面ではキャロルを見つめる目にやられた。

チェチェンの被害者であるハジの物語と、強制入隊させられた加害者側のロシア人青年の物語
>>続きを読む

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)

4.8

アクションの最高峰「ダイハード」の2作目。1に負けず劣らない名作である。
アクションのぶっ飛んだ感じは1作目の方が確かに上だが、ストーリー展開やスケールの大きさは前作を上回っていると感じた。特に最後の
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

4.1

ドイツの統一は小学生の頃。なんとなく世界で大きなことが起こっているという意識であったが、ドイツ人にとってはとてつもなく大きな出来事だったのであろう。
東西冷戦の歴史をもっと知っていれば、より楽しめた(
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

4.2

リーアム・ニーソンに歳を感じた。「シンドラーのリスト」のシンドラーや「スターウォーズ」のクワイ・ガン・ジンからだいぶ時が経ってしまったことを実感させられた。
ストーリーは非常にテンポが良く、後半からの
>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.8

命を落とすかもしれない危険がある中で、なぜ人間はチャレンジしようとするのだろうか…
世界の最高峰というブランドが、登山家たちを狂ったように魅了するのであろう。

映画館で観なかったことが悔やまれる映像
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

4.3

最初から内容がわかってしまっていて、当然オチまでも予想がついたので、ある意味穏やかな気持ちで観ることができた映画であった。
何不自由のない生活を送っている精神科医が本当の「幸せ」とは何かを求めて世界中
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.8

クリストファー・ノーランはまさに天才である。非常に難解なストーリーではあるが、時系列の使い方や伏線の回収など、観終わってからしばらく放心状態になる。
ハッピーエンドではないし、こんなのありかよと思って
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.0

あまり期待をしていなかったが、予想以上に楽しめた。
先の展開が予想できてしまったが、それくらいシンプルな方がこういうジャンルはいい気がする。
ただトランスフォーマーやエヴァンゲリオンがすでに存在する以
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.7

知らない人はいないだろう名作。今更と言う感覚で鑑賞(多分5回目くらい)したが、全く色あせることなく感動できた。きっと嫌いな人はいないのではないかという大衆映画である。
この作品の素晴らしさは、①ジャッ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.8

素晴らしかった。教育とはなんなのかというテーマを少し極端に、そしてコメディ要素も含めながら描いている。初めて街に出た子供達が太った人を見て「彼らは病気」というシーンが非常に印象的である。
ヴィゴ・モー
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.5

究極マザーコンプレックスの話。絶対的な愛を求めてしまうが故の憎しみ…なんとも切ない話であった。
ただ正直感情移入はしづらく、もどかしい気持ちになってしまった場面がいくつもあったため、自分としてはあまり
>>続きを読む

ルワンダの涙(2005年製作の映画)

4.0

同じルワンダ大虐殺を描いた「ホテルルワンダ」とは本当に全く違ったテイスト。ホテルルワンダが残酷な中にも最後は希望が見えた作品であるのに対し、本作品は全く希望のない、ただただ真実を突きつけられたような内>>続きを読む

モリー先生との火曜日(1999年製作の映画)

4.7

「死に方が分かれば、生き方が分かる」
本当に多くのモリー先生の名言に溢れた作品。その根底には愛があり、海と波の話も肩の鳥のくだりも全てはそこにつながっているんだと思える。

なんと言っても無駄なストー
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.4

今日は残りの人生の最初の日。死ぬ日という例外を除いて…

初めて鑑賞したときは、退屈で正直よく分からない映画だった。しかし自分も人生経験を積み、様々なことがわかってくるとこの作品の奥深さというものが理
>>続きを読む

海辺の家(2001年製作の映画)

4.7

みんながみんなぶっ飛んでいる話。余命を宣告されてしまった男が、残りの余生で家を建てようとし、愛され不足でグレてしまった息子を更生させていく…。ここまで聞けば非常に感動的な話になりそうだが、隣人を巻き込>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

なんかずっと怖かったなあ。135分という時間の中で怖くなかったのはほんのわずか…。ホラーが苦手な自分としては、非常に疲れる作品であった。
しかし内容はしっかりしていて、最後は青春映画としてしっかり感動
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

4.1

若きジョシュ・ブローリンといえばやっぱりグーニーズ。今のジョシュはサノス…また新たな一面が見られて面白かった。

やっぱりケイト・ウィンスレットはすごい。雰囲気は「愛を読む人」に近いものがあったが、こ
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

4.7

純粋に素晴らしかった。精神に障害を抱えてる人たちが、自分たちの能力を見出し自立し、その支援をする労働組合の話。
全体的にコメディタッチで描かれているので、重いテーマながら楽しく観られる。理事長のシーン
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.6

「カメラを止めるな」を観て思い出し、久しぶりの鑑賞。こんなに面白かったかと感動した。
唐沢寿明や鈴木京香、奥貫薫といった大好きなキャスト陣が勢揃い。世界のケン・ワタナベがあんなにふざけたチョイ役で出て
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.5

テンポもいいし、非常に質の高いクライムアクションコメディという感じだが、パルプフィクションといい、トレインスポッティングといい、この手の話はどうもハマらない。
しかし最後のシーンは面白くて好きになれた
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.5

実話を元にした映画として、非常にリアルに描かれていたと思う。
ボストンマラソンの爆発事件。またテロが起こったなあという温度でしか感じていなかったが、犯人逮捕までにこんな凄まじい攻防戦が繰り広げられてい
>>続きを読む

ベティ・ブルー/インテグラル 完全版(1992年製作の映画)

3.5

正直キツかった。通常盤を観たかったのだが、レンタルに完全版しかなかったので。それにしても長い…
究極のラブストーリーであることは間違いないが、ベティの感情の起伏の激しさには正直引いた…
それを大きな愛
>>続きを読む

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

4.6

人生で初めて映画館で号泣した作品。ロケットで隕石に突っ込むことを決めた飛行士たちが、家族と交わす最後の会話…そりゃあ泣けるに決まっている。
当時ほぼ同時公開であり内容も似かよっている「アルマゲドン」と
>>続きを読む

ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密(1996年製作の映画)

4.0

クリカンルパンでは最も好きな作品。若干絵に違和感があるのはスタッフが大幅に変わったためなのだろう。
個人的には次元や五右衛門が活躍する方が好きなのであるが、今作品では少し地味だった印象。特に次元のコン
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

実話であったり、本人がそのまま出演していたりと、すごいなと思うシーンはたくさんあった。
スペンサーの生い立ちが、この事件の犠牲を最小限にとどめたことは、前半からのエピソードからも良くわかって感動的だっ
>>続きを読む

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(1990年製作の映画)

4.2

ルパン三世シリーズで最も好きな作品。栗田貫一さんも好きだが、やっぱりこのオリジナル声優陣には敵わない。
4人のストーリーがしっかりしていて、それが1本に繋がるというのはルパンシリーズの王道であるが、今
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.7

ノーベル賞をとったイシグロカズオさんの原作だが、提供やら終了やら、正直内容に引いてしまった自分がいる。原作は読んでいないが、もう少し引き込まれる部分もあるのではないかと思った。
キャリー・マリガンにア
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.8

3部作でここまで質を落とさずに完結するというのはすごい。なんだかんだでpart1が1番好きだが、2の最後から始まったり、1の場面に戻ったり、やはり3作で1つの作品であるということを味わうことができた。>>続きを読む

シュリ(1999年製作の映画)

4.8

韓国映画の最高傑作。
南北分断が生んだあまりにも悲しいストーリーに、何度観ても号泣させられてしまう。
心を揺さぶるラブストーリーに、ハリウッドにも負けない銃撃戦。そしてラストの20分の手に汗握る展開。
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.3

実話かつ本人主演というのは、エンドロールでびっくり。

ラブストーリーでありながら、人種や宗教の問題も投げかけ、非常に深い問題を取り上げているにもかかわらずすっきりとみられるのは、主演がコメディアンと
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

クリス・エバンスがキャプテンアメリカのキャラから脱却できるのか非常に不安であったが、そこは見事にやってのけたと思う。
ストーリーはまあまあよくある話だが、シンプルで非常にわかやすく、登場人物に感情移入
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.2

最高に男臭い作品。血と汗にまみれた映画だが、ブラッド・ピットとエドワード・ノートンの演技を見るだけでも価値がある。
最後の展開はグッと引き込まれたが、それまでが多少長いなと感じてしまうことが残念であっ
>>続きを読む

>|