lagさんの映画レビュー・感想・評価

lag

lag

  • List view
  • Grid view

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986年製作の映画)

3.7

亡くなった旅役者の座長の娘は五十回も転校したせいか人が違うほど大きくなって中華料理屋で働く。看板屋は地元でおだてられ芸大めげて展覧会も落選。やっと笑ったね。頼む俺を一人にしないでくれよ。お釣りを渡して>>続きを読む

男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983年製作の映画)

3.8

いつもニコニコ明るい笑顔。身の上聞くほど野暮じゃない。今夜は飲もう。つらくて堪らなかったら。手の甲をさする。この旅のことは一生忘れない。楽しかったねえ。親しい友達。招待の代わりに花ひとつ。

参観日に
>>続きを読む

現代やくざ 人斬り与太(1972年製作の映画)

4.3

どこにも属さなければ今夜中に野垂れ死ぬ。かと言って会長って柄でもない。一度退いたらもう這い上がれない。何か面白えことねえかな。縁と命を守ろうと奔走する者。ネオンライトに通過する電車。切り裂きパン助。気>>続きを読む

ジャン・ルノワールのトニ(1935年製作の映画)

4.7

日夜屋内外問わずあらゆる光がやわらかくて暖かい。海辺まで遠くない。波紋に写る。細かい雨粒。人々が歩き語らう。川が流れ込むように眺める。仲間たちと弾きながら歌う。赤ん坊と犬。優しい抱擁。湿度の無い銃声に>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.7

聞きたいよね面白かったでしょと食い気味。石油王と魔法使い。ドブネズミみたいに。自由に翔け巡り冒険する。勝手に頷いたことにして洞窟も海底も脱出。縁の下の力持ちな最も可愛い絨毯。間抜けな所が少ないダークな>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.9

恋人と妹。息子と母親。若い女性。雨の中たどり着く。鳥の剥製。切り取られた視界。白いカーテンに浮かぶ。吸い込まれる目。見下ろして手前に迫る。掃除の往復。沈み込む。響き渡る違う声色。引き上げる車。最後に口>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.2

誰と付き合ってるのかにしか興味がない。スクールカースト下層から見る校内。電脳世界とそばかす。黒い顔で汗かいて泣く。タイトルの出方。ゴルトベルク変奏曲。車両も球技もほぼCG。意味もなく景色を見渡す。でも>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.6

一部の記憶を消しても残る思い出。投げるから避けて。飛ぶから受け止めて。鉄拳制裁も辞さない。危なっかしいところもあるけれど。姉を思う妹に泣かされる。託して離れる。生存欲求と自己犠牲の葛藤。頭より心の除去>>続きを読む

七月のクリスマス(1940年製作の映画)

4.0

摩天楼の夜景を背にアパートの屋上で当選発表するラジオの横に座る男女。眠れないだろ騒ぐなと近所に怒られる。群衆が囲む。毛皮のコートに宝飾品他たくさん購入して車で帰る。下町の賑わい。足元の黒猫。すっ飛んで>>続きを読む

(1928年製作の映画)

4.6

乾いた荒野を常に吹き荒れる嵐。なびかせて天を翔ける馬。迫り来るサイクロンを大勢で地下へ避難し扉を押さえる。彼は私の物だと激しく嫉妬する女。呆気に取られて自ら求めるも次第に訝しげに表情を曇らせ遂には嫌悪>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.9

今まで人々の安全を守る仕事をしていた。来たことない所で怪しい人についていかないこと。わずかな証言を手際良く辿る。繰り返し体に叩き込む。ビジネスだろうと冷淡に容赦なく。タクシー拾ってひとりで帰る。

>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.7

燃料強奪。復職して権利濫用。再検索音声は黙っとけ。天井の低い坑道内をぶっ飛ばす。荒野を駆ける。窓の開け方。普通に轢く。呆気なくても理屈は単純で充分。頭打ったかって笑わせるな。

拳銃は俺のパスポート(1967年製作の映画)

3.8

茶目っ気なしでしかめっ面な低音の声。口笛と弦楽に金管。ゆったりな構えは少なめに慌ただしく捉える。車を海へ落とす。兄貴と舎弟に幸薄めの娘と肝っ玉ばあさん。何としても逃げ出してみせる。埋立地の決斗。

>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

3.8

ゴミ箱を投げる。使った椅子を荒く戻す。人目のある所で走る。予備校行って推薦も取るし委員長やセンターも務めるが根本的なやる気はない。私はそうじゃないから体の触れ合いが要る。見たことない顔してる。恋愛だけ>>続きを読む

暴力団/ビッグ・コンボ(1955年製作の映画)

3.9

光に照らされ影が動き人間の顔を包む。拡声器に水責め。無音の短機関銃。向けられるサーチライト。夜の霧に現れそして消えてゆく。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.4

死んだはずの元恋人を取り戻す。編成が似てる非情な敵チーム。運転よりも殴る蹴るが多め。市民巻き込んで戦車大暴走。とりあえず頑丈なワイヤー。既に離陸しかけてる。夜の炎の中から帰還。食前の祈り。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.7

仲間の存在。計画と実行。列車強盗から屋根走り。調達して得意分野。派手にやる。魅力的な人物たちの誰かを退場させて他の誰かを復活させる入れ替わり。完璧に揃わず何かひとつ欠ける。

13人連続暴行魔(1978年製作の映画)

4.2

銃弾は自分で削って造る。通り魔強姦絞殺。人質監禁口封じ。河川敷と飛行場。夜の公園に揺れて軋むブランコ。事件を伝えるラジオ。雨漏りの背中。驚きに対して不敵に笑う。命乞いを縛りあげる。過剰に潰す。苦痛に歪>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

上映はしない生放送番組。わりと頻繁に流れる超絶楽観的な音楽。設置に手間取る。クレーンもドローンも必要ねえ。NG集ではなく別アングル。名前を追加してもう一度。現実と虚構はそれほど混ざらない。おつかれさま>>続きを読む

2/デュオ(1997年製作の映画)

4.3

些細なことでもよく笑って尽くす。部屋の物を投げて放って散らかす。大きな音立てて怒鳴る。返事や相槌が無いまま。取り乱して落ち着かない。頼られてると思ってた。この人物はどうしてると思いますか。離れるべきか>>続きを読む

フィギュアなあなた(2013年製作の映画)

3.8

独り言激しく仕事できなくて酒飲みすぎて。息荒く貪る。束の間全肯定で褒めてくれて元気づけてくれる。疑いはするけれど騙されてみる。家へと帰る。炬燵のような紅色。夜の屋上でのダンスが余りにも優しくて尊くて細>>続きを読む

危いことなら銭になる(1962年製作の映画)

4.5

ガラスを引っ掻く音が弱点なワインレッドのスーツのジョー。膨れっ面で柔道二段合気道三段のパリに憧れる鼻歌まじりな相棒の女。その他計算尺とダンプの仲間ふたりを合わせた合計四人組。まあちょっとしたハンバーグ>>続きを読む

眠狂四郎 女妖剣(1964年製作の映画)

4.4

在りもせぬ神を信じるからこの様だと吐き捨てて平気で皆殺し。円を描く刃の残像。軽く大きく跳ぶ。あの男の眼を斬った。目暗になれば付きまとっては来ぬ。忠告が遅いぞ地獄になら俺はもう落ちてる。いたずらっぽく笑>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981年製作の映画)

3.9

残念でもなければ当然小学校の同級生たちからは煙たがられて自暴自棄。今はおまえとおんなじこと考えてる。声と目のでかい甲高く泣いて笑う活発な少女。まぐろも運転も荒っぽくぶん回す魚臭い兄貴。テキ屋仲間の気立>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977年製作の映画)

3.2

躊躇なく警察に通報したり下宿先の部屋をガス爆発させる趣味がパチンコの無愛想な若造。グロホラーを見た後に胡椒ぶちまけて菓子を口からこぼしながら帰りの電車賃を女にせびる。母親が胃潰瘍で手術って時に求婚。砂>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977年製作の映画)

3.3

鯉のぼりの季節に野良犬呼ばわり。風に吹かれたお金を拾ってくれた世間知らずな鞍馬天狗の死んだせがれの嫁探し。命日を察して事前に手配しておくだなんて考えただけで血圧上がっちゃうよ。

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985年製作の映画)

3.7

大歓迎されたら俺何もしてない。そんなこと呼ばわり。顔の広い頼もしさ。財布の中身そっくり寄越したから。二十二の瞳の同窓会にくっついちゃって一旦別行動。親父にも亭主にも言えない苦悩。色々話を聞いてもらいた>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985年製作の映画)

3.8

道で転んだキリシタンの婆さんの孫娘。写植と司法試験。両親を亡くしてると就職に不利。心は優しいのに顔に出せない男の人。映画見て食事して公園で散歩してぼちぼち帰る。聞くまでもなくもちろん結婚する。

河川
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984年製作の映画)

4.0

朝七時から夜九時まで働く多忙な証券取引の課長でも会議しながら差し入れは食べる。水や山のある茨城から都内へ通勤。とっくに学校へ行った息子と美人妻。失踪先は実家の九州。電話口に艶のある声。不穏で安心できな>>続きを読む

ロケーション(1984年製作の映画)

4.3

濁さなくても普通にドキュメンタリー。いざとなったら合図なしに始まっておもむろにカメラ回しだしてどこまでも追いかける。道具も筋書きも現地調達。準備の手際。こんなめちゃくちゃで訳の分からないのが傑作だなん>>続きを読む

刺青(1966年製作の映画)

3.9

背中に張り付く女郎蜘蛛。食らいついて魂を吸う。沈めておしまいな。度胸で図太く。まくし立て揺すり巻き上げる。殺して当然とちからずくで突き刺す。降る雨舞う雪散る花弁。霧がかる橋と日陰の林道。怯える弦楽。脚>>続きを読む

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.3

余裕で帰り支度してる間に無音で至近距離まで迫ってきたのを薬は打つより飲むのに限るぜとヘルメットをくいっと上げて煽ったのち崩落に巻き込まれる隊員が最高。薔薇のツタと巨大な口に履帯移動みたく迫り来る第二形>>続きを読む

砂漠の白い太陽(1970年製作の映画)

3.6

ロシア内戦期の中央アジアのバスマチ蜂起。整った髭のたくましいおじさん。その辺で寝転がる。故郷の妻。砂漠に首まで埋められ縛られた男を助けたら布を被った女たちを送り届ける仕事を押し付けられる。青く広いカス>>続きを読む

内なる傷痕(1970年製作の映画)

3.8

背の高い草木が無い平原をゆく。冷めた岩山と砂漠。廻る炎。近世のような衣装。女の不思議な歌声。馬と羊。弓矢だけ持った全裸の男。微笑む少年の天使。受け渡して地に潜る。

つかのまの愛人(2017年製作の映画)

4.3

曲がり角の先で立ったまま向かい合ってしてる。思い切り泣く。起こさないように着直してそっと扉を閉める。窓枠に両足で乗って喚き乱す。ベッドに胡座で壁に寄りかかり筆を走らせ。最大限軽装になってから布団に入る>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

いきなりヘリで家に来てすぐ支度しろと駆り出される学者。地面から浮いてるし内部の重力は変だしどう見ても触手。一ヶ月以上去らずに静かに留まってる。行末を知った上での行動。遂には彼らの言葉にも字幕がつく。青>>続きを読む

>|