Ariaさんの映画レビュー・感想・評価

Aria

Aria

アクション、スパイものに目がないです。筋肉と紳士は問答無用で好きです!
邦画は時代劇モノ、黒澤明、五社英雄等が好きです。

過去観賞のものは、見直してからコメントを追加していきます!自分の記録用のため感情だけで書くこともあり読みづらいと思いますがご了承ください…!
Twitter*@Aria_Batmaaaan

映画(312)
ドラマ(6)

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.0

鑑賞後「あ、はい」くらいの言葉しか
出てこなかった…。

ディストピアを題材にするのは本当に難しいね。

序盤の縮小計画でワクワクさせておきながら、説明台詞が多くて映像的にも拍子抜け。

ブラックコメ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

あらすじだけ読むと
フィクションのようなお話。
けれど実話。

薬物中毒で家族に見放された
ジェームズが一匹の猫との出会いを
きっかけに更生していく。

こういうのってやっぱり
一人で乗り越えるものじ
>>続きを読む

クローズド・ノート(2007年製作の映画)

2.0

沢尻エリカ 竹内結子
黄川田将也 主題歌YUI等々
時代を感じるキャスティング。

綺麗すぎる話で見ていて痒くなってしまう程。その上綺麗にまとまりすぎて違和感というか、メイン2人共に人間味がない演技だ
>>続きを読む

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

3.0

ロックンロールボーイのイケメンもっくんがついに実家の寺を継ぐ為に禅寺に入る。

ラストライブでの剃毛は見事(笑)

しかし坊主頭になって見た目が完全に僧侶になっても若くてちゃらちゃらした考えは変わらず
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

素直に言うと終盤の恐ろしさで震えと涙が止まらなかったし吐き気すらあった。この事実だけでは到底受け止められなかったから、こういう形の映画にしてくれた事で個人的にも救われた。

実話だけを事前に知っていた
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

5.0

1がもうこれ以上無いくらい完璧すぎて2とか一体何するの!?って思ってたけどやりおったな!!!私はなぜこれを映画館で観なかったんだ!!!(2回目)

見事にヒックとトゥースの成長を描き切ってる…感動した
>>続きを読む

ストーム・インパクト(2013年製作の映画)

-

Bにも及ばないC級といった感じ。

お粗末すぎるCG

予算無いなりにも見せ方次第でなんとかなると思うけどあの竜巻相手じゃ無理もないね(皮肉)

少ないエキストラの酷い演技

岩が降ってくる竜巻と対峙
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

5.0

私は何故こんな素晴らしい作品を
映画館で見なかったんだ!!!!!(絶望)

最高of最高
アニメ映画ベスト2に見事ランクインした。

教えられる事も大切だけど
自分の目で見て経験する事も大事

これは
>>続きを読む

ザスーラ(2005年製作の映画)

1.0

ジュマンジの姉妹編らしいけど
うーん宇宙なのにスケールが小さい!
子ども向けのボドゲだからか?

トカゲの宇宙人あたりから
面白くなりそうだったのにそれ以上は広がらず残念…。

最後はイイハナシダナー
>>続きを読む

野蛮なやつら SAVAGES(2012年製作の映画)

3.1

大好きなブレイクが出てるので視聴

アーロンテイラージョンソンの
安定したイケメンっぷり。
平和主義だしテイラーキッチュよりも私は断然こっち派!

とはいえ狂ったデルトロも捨てがたい…
麻薬カルテルの
>>続きを読む

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族(2009年製作の映画)

4.0

家族に重大な隠し事をそれぞれしていて、日々いがみ合い、ぎこちなく過ごしている。…という一見重苦しい内容の映画に見えるけれど、小ネタ盛りだくさんでユーモアに富んでるし、それぞれのキャラクターがまっすぐで>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

劇中音楽がどれも素晴らしく
10ヶ月経った今でもサントラはリピートしているし、メイキングも定期的に観てしまうくらい楽しい。

ずっと楽しませてくれてありがとうグレショ!!!!!!!


「人を喜ばせる
>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

3.7

ハングオーバーの脚本コンビ
デューデートの100倍は楽しめたので
ハングオーバーは脚本が良いのだと実感

21という今後の人生のルートを決める
大事なタイミングで起きる物語。

今しかやれない馬鹿騒ぎ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

しばらく立ち直れない…
これ実話なのか…しんどい…。

もうめちゃくちゃ熱いお仕事映画で
森林消防団はじめ、飛行消火隊や
それらを取り仕切る組織などなど
火と闘う全ての人たちに感謝と
ただただ尊敬の気
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

全世界の兄弟姉妹がうんうん!と頷きながら見てしまうであろう家族映画。

ヤバイ姉がいるという点で完全に窪田くん側の人間で、終始「うわ〜すごいわかるわ〜」と苦笑いで見てしまった。

環境とか事情は違えど
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

4.5

最っっっっっ高!!!

警察大学の学生アホコンビが学校で学んだ記憶を頼りに見様見真似で捜査していく様子がめちゃくちゃ面白い「これ本当に通用するぞ!」みたいな流れとか笑ってしまう。

ギャグが効いててめ
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

3.7

無口で内気なフーシと、北欧の冷たい街並みのせいか静かで重い雰囲氣が本編中に満ちていてフーシ同様暗い気持ちで観ていたら…あら不思議。

43歳、実家住まい、オタク、独身、巨漢、童貞のフーシの事が好きにな
>>続きを読む

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

3.9

満を持してクリスマスイブに鑑賞。

ホームアローン、グレムリンなどのネタがありクリスマス映画愛のオンパレード!

サンタさんほんとに居たなぁ…!
サンタさんってやっぱすごいなぁ…!!
とこんな無垢な気
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

4.5

えっ…最高…。

たった一本のロープが持つ意味。
それだけでこんなに面白くできるのか

紛争中の国が舞台だけれど
ティムロビンスのギャグセンスが高すぎてめちゃくちゃ笑えたし楽しかった。

あのキャラク
>>続きを読む

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

2.4

良くも悪くも
教科書のようなストーリー

あまりにも美しく描きすぎていて
ほとんど感情が揺さぶられなかった…

国のために命を捧げる決意をし
大切な人に別れを告げて勇ましく
戦地に向かう…

全員がそ
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

‪これが2001年の事ってのが驚愕…。

穢れとして扱われるだけじゃなく家の中に入れなかったり生理中は学校にも仕事にも行けないってのがショックすぎた。

1ヶ月に5日間不自由な生活をしなければいけない
>>続きを読む

PとJK(2017年製作の映画)

-

何この茶番…って思いながら見ていたら
不良の男の子がきちんとセリフに出して言ってくれたので、分かってるなら許す!^_^
と思いながら頑張って最後まで見た。

16歳と恋愛することに対しての責任の取り方
>>続きを読む

彼が愛したケーキ職人(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

思いのほかめちゃくちゃ良くて…。

ラストのシーン
トーマスが旦那の愛した相手と知って
イスラエルから追い出した後
アナトはドイツに向かう。

トーマスに声をかけるでもなく
彼の生活を見て空を仰ぐアナ
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

3.5

西と東

監禁モノって流れが決まってるから予想を上回らない…。
しかしベルリンシンドロームという超絶ストレートなタイトルのおかけで話はめちゃくちゃ単純明解だった。よく言えば王道で悪く言えば何のひねりも
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

赤い服、雨の日といった序盤に出てきた
殺人の条件は割とすぐに関係なくなってくる。

また、殺人が起こる日には必ず
ラジオで同じ曲が流れるとか
行き詰まる操作の中で何かしらの
キーとなる条件が出てくるけ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

先を見ることができず
変わる事もできない、
その日を生きる人たちの物語

娘を事故で失った母ミルドレッド
捜査に進捗がないウィロビー署長
人種差別と暴力が激しいディクソン巡査

物語の展開がまったく読
>>続きを読む

サンシャイン2057(2007年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

あまりよく覚えてないけど
映像が終始キラキラしてた記憶。

SFヒューマンドラマなのかと思いきや
いきなりサスペンススリラーになって
口ポカンしたのは覚えてる。

太陽よりも宇宙よりも核融合よりも
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

2.0

食料、水分なくなったらアレするしかないし
いよいよ命が危険ってなったら
最終的にあれするしかないよな…と
思いながら見始めて、いつやるのかと
待ちながら見た。

経験した事が無いので
それがどういう精
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

1.1

物語も作戦も仲間もつまらなかった…。

あんな高級クラシックカーの数々を出しておきながら、そんなにスケール小さくできるんか!という驚きはある。

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

4.0

ボーンシリーズ見たことなくて
これがたまたま初ボーンシリーズの鑑賞に。

いやめっちゃ面白いじゃん!

と映画友達に言ったら
他のボーンシリーズの方が
100倍面白いからという(笑)

ボーンシリーズ
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.0

クズックズのジェシーアイゼンバーグが
徐々にかっこよくなっていく。

クリステンスチュワートの正体とか
なんでやねん!と思ったけど

オチはすごい好き!

空気人形(2009年製作の映画)

4.0

是枝作品は言うほど見ていないけれど
空気人形が一番好き。

心を持った空気人形が
初めて触れる世界、人との
繋がりを見つけるお話。

この世で命を得た"何か"が
世界や愛を知っていく系映画シリーズの
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

ファンタジーかつ恋愛ものの王道のような
展開からの、新しいラスト。
全く想像がつかない結末でした。

映画の世界から出てきたお姫様と
映画監督を夢見る青年の恋物語

映画業界が舞台になっていることもあ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.5

アクションの見応え大!
何度でも命をリセットできる亜人の能力を
駆使した真新しいアクションがいい。

悪役佐藤さんのキャラが立っててめちゃくちゃいい。原作はおじいちゃん(風)らしいけれど、いいキャステ
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

2.0

丸の内ピカデリー 爆音上映にて

SFホラーとはいえ全然怖くなく
びっくりするシーンも個人的には
1ヶ所しかなかった。

見えないものに対する焦りと
全員が疑わしいという精神的に
じわじわと削っていく
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヒュートラ有楽町にて。

絶対誰かしら死人出るだろうに
男4人、一生懸命自分の棺桶(トラック)を
整備してるのは笑った。

ここが見どころでっせ!と言わんばかりの
つり橋のシーンはゴリ押しするのも納得
>>続きを読む

>|