なつこさんの映画レビュー・感想・評価

なつこ

なつこ

映画(2273)
ドラマ(4)
アニメ(0)

頭痛が痛い(2020年製作の映画)

3.0

学校にも行かず、自傷行為を繰り返す鳴海。現実でも、関係ないとかほっといてって言う子程、配信とかやってるよね。

対照的に、明るく人あたりの良い子に見えるいくは、抱えた鬱憤を大量の遺書にして、縁もゆかり
>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

4.5

刺さりましたよ!
刺さりまくりました!
あちこちに響く言葉やエピソードがありまくりで、無意識にちょいちょい泣いてましたw

作品作りに集中したい瞳ちゃんの気持ちも分かるし、でもそれだけでは成立しないの
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.0

ある秘密によって家族からも「普通」からもはみ出してしまった孤独な文と、親戚の家で辛い境遇を耐えるしかない更紗。
2人が出会ったのは間違いだったのだろうか?

居心地の悪い「世間」を耐え忍ばなくてはいけ
>>続きを読む

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー(2022年製作の映画)

3.6

1作目の世間の厳しい評価からの、今回大規模な前後編というチャレンジ。
今作もみなさんかなり厳しいですが、私は割と良かったと思ってます。

ウィンリィのコスプレ感はもう目をつぶるとして(笑)前作の「初め
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.4

作品全体の匂いというか空気感はとても好きだったんだけど、もう少しテンポよくならなかったのだろうか…全体的に淡々としてるけど、特に最初の30分が長くて寝そうだった😅
岡田将生が出てきて( ゚д゚)ハッと
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.5

重いしキツいし辛い。

自分の気持ちを表に出すことが苦手な厚久。それが巡り巡って周りの人々に不幸な出来事が起きていく。
けど、それはあくまでも個々の選択であって、彼が悪いわけじゃない。ないのに。

>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.5

シン・ウルトラマンを観たら、なんか庵野さんの声が聞きたくなりました(なんでかしら笑)

庵野さんの声って不思議だな。
お芝居下手なのに、なんか味があってほっこりしてしまうんですよね。

今作2回目なん
>>続きを読む

GAGARINE/ガガーリン(2020年製作の映画)

3.5

ファンタジー的なイメージで観に行ったら、移民や育児放棄、スクラップアンドビルドの現実、色々なリアルが詰まっていた。

ユーリは唯一の居場所であるガガーリン団地を取り壊さないで済むように、個人的に団地の
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

4.0

オリジナルへのリスペクトとオマージュが半端ない!劇伴もすごいね。冒頭の数分は完全に当時の特撮映画観てるみたいでした✨
そんな中でもしっかりと庵野秀明作品と分かるから、そのバランスが興味深い。
内容も、
>>続きを読む

オードリー・ヘプバーン(2020年製作の映画)

3.6

周りの人々を愛し、でも愛されたくてもがいていて彼女が本当に切なくて、観ていて苦しくなった。
人はやっぱり子供時代の経験がその後の人生に深く影響するんだな…。

2番目の旦那様の事は知らなかったので、と
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

5.0

地上波で放送してたので、ものすごい久しぶりに観ました。
今観ても、夢があってピュアで可愛くて大好きな作品♡まだCGもそこまで発達してない、あの時代だからこそ生まれた名作ですよね。

エリオットの部屋に
>>続きを読む

辻占恋慕(2020年製作の映画)

3.6

もっと叙情的な作品かと思ってたら、結構な会話劇で、言い合いも言葉のチョイスがすごくいいから、辛辣にならないし、むしろもう少し見たいと思ってしまうw

序盤で信太の相方がライブに来なかった理由、からの結
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.5

怖いよ怖いよ!
白石監督作では「凶悪」以来のトラウマ映画がきた😱
面白いという表現が適切ではなくて、でもこんなに引き込まれる理由を表す言葉が他に浮かばない作品。

榛村の優しく心地の好い話し方や佇まい
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.8

客電が点いた瞬間、後ろの男の子3人組が「で、ワンダなんなん?」「旦那殺したってこと?」「子供も死んだってこと?」「いやあれは妄想でしょ?」…と、疑問の嵐でエラいことになってました😂

だよなー、そうな
>>続きを読む

アネット(2021年製作の映画)

3.7

「スパークス・ブラザーズ」を観てからで良かった!
レオス・カラックスの新作ではあるけど、原案も音楽もスパークスだから、彼らの色がめちゃめちゃ出てる!知らないよりも知っている方が、楽曲の意図をより理解出
>>続きを読む

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

3.5

本編と続けて観ると良いというレビューを読んだので。
うん、続けて観るの正解でした。

北村匠海と若葉達也って、贅沢な!笑
就活も恋愛も親の教育方針も、全てが恵まれすぎてて、女の子に嫌われそうなタイプ🤣
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.6

大口叩いてはしゃいでた学生が、現実に戸惑い、もう一度人生を考える…大学から社会人になる、いちばん人生が揺れる5年間の物語。

今作に散りばめられた要素に、多くの人が自分の青春時代を思い出す瞬間を見るの
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

3.7

久々にテレビで観たので再レビュー。

この作品好き!って思ったのは、キキが帰宅して、自分の宅配の看板を、ご主人がパンで作ってくれたことに感激するシーン。
何が好きって、あの大事なシーンに一切セリフがな
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.5

お互いを長いこと思い続けてたわけなんですが…糸が絡まりまくってて、え?それでよくあのラストにもってったな!っていう感想しか出てこない😂

斎藤工の愛情表現がイケメンすぎたなぁ。
彼女のことを考えて残し
>>続きを読む

さよなら、アドルフ(2012年製作の映画)

2.8

敗戦後のドイツ。
高官だった父、そして母も失った子供たちは、頼る大人も、食べるものもまともにない、野宿しながら祖母の家へ向かう。

トーマスがいなかったら、最初の検問で引っかかってただろうし、あそこを
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

3.7

「居場所」の物語。
居場所とは、土地なのか、共に生きる誰かなのか。

原画が7万枚という手描きアニメ。
バトルもスピード感あって、表現も面白かった。
ところどころコミカルなシーンがあって、そこだけ絵も
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.8

なるほど、だから「架空」なのね。
(ドラマ未見)

バカリズムはほんと細かいところすごい見てるよね。
彼のナレーションの効果もあり、わりと淡々と進んでいくのに「あるある」と「それな」の応酬だったw
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.8

相手を尊重すること、理解しようではなく理解したいと思うこと。
全部は分からないけど、それでいい。
子供とか大人とか、家族とか他人とか関係なく、とても大切なことが描かれていた。それは自分自身と向き合うこ
>>続きを読む

スパークス・ブラザーズ(2021年製作の映画)

4.5

劇場で予告を観てふたりの掛け合いに心惹かれて観てみました。
恥ずかしながら、スパークスのことは名前くらいしか存じ上げず💦なのであえて今作も前情報入れずに挑みました。

結果、スパークス大好きになっちゃ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

4.5

今回も可愛い魔法動物がいっぱい〜♡
そして大活躍のピケットと二フラー!ジェイコブにキャッチされ、ぼよんぼよんするのたまらん。あの造形を考えた人天才過ぎる✨
ピケットが伸ばした手には目もくれず、金貨まっ
>>続きを読む

遠吠え(2021年製作の映画)

3.6

主人公の田之上は、自分を「やれば出来る」、自分は絶対悪くないと思ってる、口ばかりで何もしない男。

セクハラで勤務先をクビになったけど、多分仕事もたいして出来なかったのではと、想像出来てしまう😂こうい
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

4.2

試写会行ってきました。
久々にアニメで神作品が現れたかも✨

余計な要素は一切なくて、シンプルにピュアに現代の人魚姫でした。
意外性を求める人、重箱の隅を突きたい人、ファンタジーを謎解きしたい人には薦
>>続きを読む

モービウス(2022年製作の映画)

3.6

新たなシリーズ1作目として、必要な要素は全部入ってた。
力を手に入れるまでの生い立ちも分かりやすかったし、話の流れも悪くない。
アクションもスピード感あったし、残像の残る視覚効果もハマってて迫力あった
>>続きを読む

オートクチュール(2021年製作の映画)

3.6

美しい素材、丁寧に触れ、縫っていく繊細な指の動き。仕上がった華やかなドレスもいいけど、私はあのアトリエが何より美しくて輝いて見えた。

手癖が悪くて、口も悪くて態度も悪い(笑)そんなジャドが、エステル
>>続きを読む

ナイトメア・アリー(2021年製作の映画)

3.7

強欲な男の宿命。

最後にリリスの放った言葉で、ピートの忠告を思い出した。
自分に特別な才能があると思い込んでしまう、なんでもない自分が、無敵に思えてしまう怖さ。

前半カーニバルのエピソード、確かに
>>続きを読む

DEATH DAYS(2021年製作の映画)

3.7

昨年YouTubeで細切れに発表されたときは、正直「んー」って感じだったんですが(笑)再編集されて、ちゃんと1本の映画になったら、すごく魅力的なものになってた!編集って大事ですね。
編集は、映画のほぐ
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

4.0

冒頭の街中が顔馴染みで声を掛け合う、路上で無邪気に遊ぶ子供たち。私の子供の頃の昭和の景色にどこか似ていた。

主人公のバディが、夕飯に呼ばれて家に戻る途中、衝撃の光景が彼の目に映る。
カメラが彼の周り
>>続きを読む

ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~(2022年製作の映画)

3.8

今や私の脳は「呉市」と聞くと、信友家か孤狼の血か二択です。

おかえりお母さんとは、やっぱりそういう意味だったんですね。
今作は認知症よりも、お母さんの生涯と、それを愛し支えたお父さんに焦点を当てた内
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.6

いやあ、豪華ですね〜。
豪華客船一度乗ってみたい✨できればポワロの部屋がいい(笑)

冒頭ポアロの過去の話が入ってきて、なんでだろ?と思ったのですが、ラストカット見て「ああなるほど」と、ポアロを観る意
>>続きを読む

KAPPEI カッペイ(2022年製作の映画)

3.8

コメディ映画ではなく、忠実にギャグ漫画なのが素晴らしい!
原作を(下ネタ以外は)忠実に再現してると思うので、原作の世界観自体がダメな人はダメだと思いますw

そして終末戦士達のシリアスで熱い演技が今作
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

3.6

ジャン、ル・グリ、マルグリット、3人の視点から構成される全3章。
びっくりするくらい生きるのが下手なジャン。しかも全てにおいて威圧的。
そして友と言いながらジャンを全くがばってやらないル・グリ。
でも
>>続きを読む

>|