ノアさんさんの映画レビュー・感想・評価

ノアさん

ノアさん

ノアと言います。
星4以上の映画だけ書いていきます。
古いのから新しいのまで、邦画から外国映画まで大好きです

映画(51)
ドラマ(0)

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.9

生涯で唯一泣いた映画

何度観ても泣いてしまう…
やっぱり才能以上に環境って大事だなあと痛感した。
若干中二病っぽいストーリーなのも男心がくすぐられて好き!

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.4

こういう儚いラブストーリーならどんどんやって欲しい。
新海監督の映画で唯一好みだ。
少し青臭いのが(主人公は16歳だから当然だが…)余計に良いね!

es [エス](2001年製作の映画)

4.1

実際に起きたスタンフォード大学監獄実験が元ネタの映画。
刑務所が恐ろしいのではない。人間が恐ろしいのだ。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

これは面白かったな~ネット探偵映画。
斬新な上に最後まで楽しめる脚本で満足。映画館で観て良かった!

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

5.0

女性不信になりそうな内容だが全く救いがないわけではないと思う。
"いかなる贋作の中にも必ず本物が潜む"のだから全ての言葉が嘘ではないってことでしょうし…
例えば「あなたの声が好き」って部分なんかは真実
>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード(1980年製作の映画)

4.6

隠れた(?)名作
後にも先にもこんな映画は観たことがない。
流石「殺人以外は全部やった」映画だ。
仁さん…

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

久々に良質なホラー映画を観た。
現代ホラー史上最凶クラスの名に恥じない出来。
特に舌打ちの音はトラウマになりそうだ。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.9

アクション映画なのにその他多くのアクション映画とは決定的に違う傑作。
007シリーズの最高傑作だと思う。とにかく洗練されてて完成度が高い
ダニエル・クレイグの動きがキレッキレでカッコいい!

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.4

孤独な天才数学者の物語。これが実話というのがとにかく強烈。
時代背景もストーリーも良くて音楽もマッチしてた。
何回も観たくなる作品。

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.7

夢って言葉には色々な意味があるなあと思った…
ノワールっぽい作風も素敵。

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.8

最高にクール!絵画のような世界に引き込まれる。
セリフがほとんどないのが余計痺れる

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.4

やっぱ1が一番好き
椎名桔平の演技が最高で印象に残ってる
北野映画では4番目に好きな作品
序盤のぼったくりバーの件が特に面白い 笑

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.9

スピルバーグの最高傑作はこれかな~

多分今まで観た回数が一番多い映画がプライベートライアン
戦争って怖いね 

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.9

説明不要な永遠の名作
自分が何歳になってもこの映画の面白さは変わらない
ヘリでトンネル通過するシーンとバイクチェイスのシーンが特に良い。

セリフもキャストも最高

セッション(2014年製作の映画)

5.0

初見で鳥肌が立った映画

努力、執念、確執、狂気、全てに感動した。
主人公のニーマンがちょっと冴えない感じで斜に構えてて周囲を見下してる感じがまた良い

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.3

可愛くて面白い内容
謎の中毒性がある…
音楽映画はこれとセッションの2TOPだと思う!

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

4.7

最高のクライム映画
3部構成で各主人公の異なる視点なのが面白い
ライアン・ゴズリングのファンになった映画

チャイナタウン(1974年製作の映画)

5.0

ジャック・ニコルソン主演映画の最高傑作はチャイナタウンだと思います。

この作品はアメリカンニューシネマの傑作でもあると同時にノワール映画の最高峰の一つでもある。
何もかもが芸術的で儚く内容の面白さと
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

ハリーポッターみたいで良い感じだった!

メルヘンで可愛らしい世界観がグッド

ザ・タウン(2010年製作の映画)

4.7

銀行強盗映画。
部分的にはあの名作、ヒートを超えてると思う。
視聴後も後味悪くないしストーリーも銃撃シーンもどれも最高。

ベン・アフレックは映画監督としての才能があるように思う。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.2

感動した。
お互いの運命を受け入れて理解している様子が見ていて心地良かった。
登場人物たちも魅力的だし名作だと思う。

最後の手紙のところが特に良い。

ミザリー(1990年製作の映画)

4.4

に、人間って恐ろしい…!
心霊系のホラーよりもこういうスリラー系のほうが何倍も恐ろしく思える

キャシーベイツの演技がトラウマ級で凄まじかった

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.8

日本映画の最高峰クラスの作品
北野武が死にかけてる時期に生まれたというのもこの映画のクオリティをより高い次元まで引き上げていると思う

「あんまり死ぬの怖がってるとな、死にたくなるんだよ」

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.1

最高の世界観!特にムスカ大佐が好き
主人公は彼でいいよ

この映画がネット上でカルト的な人気がある理由が頷ける気がする…

スリーパーズ(1996年製作の映画)

4.2

復讐映画

復讐しても良いことはないはずなんだけどここまで酷いと考え方が変わってしまうかもなあ…やられた人にしかわからないか

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.5

何年経っても色褪せない名作

序盤のタタリ神の作画が良い意味でおかしい(誉め言葉)
定期的に観たくなる

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.1

マジシャン系のアクション映画という新ジャンルを確立した作品
ワクワクドキドキして痛快だった

2も面白かったしこの調子で3にも期待

ミュージアム(2016年製作の映画)

4.0

邦画とは思えないくらいカーチェイスが気合入っててビックリ!
小栗旬の演技も良い
フィンチャー監督のセブンとちょっとだけストーリーが似てる気がする

ラストは思わずゾクッっとした

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

大ヒットしてる作品なのにここまで主人公に共感するとは思わなかった…!
「どいつもこいつも最低だから狂いたくもなるよ」ってセリフが特に良い

DC映画観たことがない人でも楽しめると思う
ホアキン・フェニ
>>続きを読む

地下幻燈劇画 少女椿(1992年製作の映画)

4.2

アングラの代名詞のような作品で日本じゃDVDすら出てない幻のアニメ。
奇妙で残酷で一度観たら忘れない

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.6

最高に痛快な下克上映画

成り上がりっぷりがたまらない
時代背景も良いしアルパチーノのギラギラした演技も魅力的だ
この映画から学べる教訓は多い

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.5

ジャパニーズニューシネマの最高峰。
邦画ファン必見。
サイコパスを題材にした映画の中ではかなり上位にくる

凶悪(2013年製作の映画)

4.0

実在の事件をモチーフにしているだけあってかなり良かった…緊迫感が凄い
特にピエール瀧の演技が半端ない
本当に逮捕されたからますます迫力が増しに思えるw

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.2

ちょっとやりすぎ感あるけど傑作

結婚ってこえー…結婚に希望や夢を抱いてる人は是非!

タクシードライバー(1976年製作の映画)

5.0

ここまで深く共感することが出来た映画は多分これが最初で最後。

主人公のトラヴィスの生きにくさ、社会不適合者感が自分とダブって共感できた。こうやって人間は壊れていき無敵の人が生まれてしまうんだな…
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.6

ここまでやるか!?ってくらいやってくれた2019年最高の映画
久々に面白いトリアー映画でした

>|