ラチェットラクーンさんの映画レビュー・感想・評価

ラチェットラクーン

ラチェットラクーン

駆け出しの映画好き。
性別:男
好きなジャンルはSFとヒーロー…と言いたいですがぶっちゃけ基本どのジャンルも好きです。
映画中心にレビューしていきます。
リクエスト下さい。

好きな俳優
ホアキン・フェニックス
サミュエル・L・ジャクソン
ジェイク・ギレンホール
スカーレット・ヨハンソン
シャーリーズ・セロン

好きな監督
クエンティン・タランティーノ
スタンリー・キューブリック
クリストファー・ノーラン
エドガー・ライト
ジェームズ・ガン
宮崎駿

書いた文章にめっちゃ後から付け足しちゃう悪癖を直したい。

評価基準
だいたいです。実際4.0〜4.2で素晴らしいって思うこともあります。
4.6〜5.0 大傑作 素晴らしすぎる
4.3〜4.5 秀作 素晴らしい
4.0〜4.2 良作+ 結構好き
3.5〜3.9 良作 佳作 好き
3.2〜3.4 良作-まあまあ好き
2.9〜3.1 普通 可もなく不可もなく
2.4〜2.8 微妙 凡作
1.9〜2.3 駄作 観なくていい
1.5〜1.8 ゴミ 観ないほうがいい
1.0〜1.4 クソ 死ぬかと思った

ベストムービー次点

ショーシャンクの空に
天空の城ラピュタ
アラジン
ローガン
アイアンマン
シャイニング
ダイ・ハード
エイリアン
風の谷のナウシカ
オールド・ボーイ

映画(214)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

スパイ大作戦6作目
初めて前作と監督が同じ。

一定のレベルを保持しつつ必ずといって良いほど前作を上回るエンタメ性を提供してくれる。

こういう楽しい系のアクションシリーズの中では一番良いシリーズだと
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.8

ブラッド・バードによる4作目のスパイ大作戦映画シリーズ

前作あたりまでは割と地味なシリーズだなって思ってたんだけど、この映画からガラリと雰囲気が変わってる気がします。

前3作までの基本的な世界観と
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

うる覚え採点

前作とは変わってシリアスになったストーリーだけどこのシリーズのトーンの振り幅凄いですね。

監督の技量もあるのだと思いますが、あまり違和感がなかったです。

前2作以上に予想外の展開や
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.4

ジョン・ウーの特徴なのかな?
ちょっと笑っちゃうようなアクションシーンがあるけどそれも含めて楽しめるような作品です。

ストーリーが中だるみした。
中盤もうちょっとアクション混ぜても良かったと思う。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.4

M:Iシリーズの一作目

スパイ映画特有の裏切りや騙し合い、夢やロマンのある設定や世界観、ハラハラするアクションシーンやキャラ同士のやりとりなどなど楽しい要素の詰まった映画。

ストーリーがちょっと退
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.8

新鮮なゾンビ映画

人類側もゾンビ側もそこまで悪として描いてないのが良かったです。

ロケーションの取り方は美しい。
ゾンビに支配されてる世界なんだけど同時に神秘的にも見えるのがこの映画のストーリーや
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.6

電気を消したらお化けが出る。

というシンプルなホラーコンセプトを演出などで上手く活かしてる良作ホラー映画。

単純に緊張感のあるシーンが多かったです。

照明が結構綺麗。ストーリーはシンプルで追っか
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.6

シンプルなストーリーだけどよくできたホラー。

映像には高級感があり視覚的に美しく、宇宙のスペクタクルをよく捉えていました。

配役も豪華。どのキャストも演技は素晴らしかったです。

キャラの描き方も
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.7

○○をしてはいけない系ホラー映画。ドント・ブリーズぐらいからですかね。こんな感じの映画色々でてます。

ホラー部分は最初は怖かったのですが最後の方はパターンが分かりやすくなってマンネリ化しました。
>>続きを読む

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年製作の映画)

3.9

POVの生みの親みたいな映画。
評価散々だけど個人的には好きです。

やっぱりミステリアスな部分をちゃんと残してるから、ホラー要素に対する恐怖心が終わった後も持続して良いですね。

最後まで特に何か明
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.8

クローバーフィールド2作目…とは言っても前作と世界観を共有してるだけで他は全く違う映画。

密室スリラー映画と言ったような作品です。

地下のシェルターの中で生活するっていうコンセプトは単純に好みだっ
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.8

POVのモンスターパニックホラー映画。

分かりやすくコンパクトに纏まったストーリーとスリリングな良い緊迫感とリアルな演技とリアルなキャラがあればこういうPOVはだいたい良くなる。

モンスターSF要
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.7

日本を舞台としたストップモーションアニメーション作品。

アニメーションは素晴らしい。人形っぽさと作り物っぽすぎない良いバランスのビジュアルで、犬の毛並みとかが物凄いリアルでした。

コメディは面白か
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.4

ウェス・アンダーソンによるコメディ映画。

他の作品同様スラップスティックなトーンでブラックなユーモアにもとんでる作品。

色鮮やかでカラフルなセットや衣装、シンメトリーで綺麗な撮影、ジワジワ笑えて来
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.4

ウェス・アンダーソンの作品の中で一番好きかも。

シンメトリーな撮影はやっぱり新鮮でお洒落。なんだかんだこういう撮影の仕方あんまり観たことなかったからなぁ。
画だけでもみていて心地いい。

世界観もあ
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.1

ウェス・アンダーソン色がかなり効いてるアニメ映画。

彼の映画は予告とか見ずに見るから、予想・期待してた物の斜め上をいっちゃうんですよね。

アニメーションは良かったし、音響・音楽は素晴らしかったし、
>>続きを読む

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

3.8

ダージリン急行の前日譚。

ナタリー・ポートマンめっちゃ綺麗。

こっち観た後にダージリン急行観た方がストーリーが深まると思う。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.8

心の旅をしようとする兄弟の話。

兄弟間の関係性の描き方がとてもリアル。容姿は似てない3人だけど、素晴らしい脚本と演技のおかげで兄弟としか思えない。
1人がいない間に残りの2人でそいつの愚痴をこぼし、
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

社会不適合者達の日常を垣間見る映画。

演技は子役含め皆んなが皆んな素晴らしい。一度も演技してるように見えなかった。

キャラはリアルで感情移入しやすかった。

撮影は色鮮やかで美しい。

ストーリー
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.1

演技とドラマ要素はいいんだけどスポーツもの特有の高揚感とか興奮がない映画。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

周りのキャラがみんなクズすぎてトーニャが可哀想になる。そんな映画でした。

日日是好日(2018年製作の映画)

3.4

ゆったりしたドラマ映画。

音楽は良かった。
演技はまあまあ。
ストーリーは寄り道が多い。
ゆったりしてるけどグダグダしてるとこがある。

この映画とblank13、万引き家族、来る。、そしてカメラを
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.4

観なおさなきゃしっかりした評価は決まらないので取り敢えずの評価。

お化けの出てくるホラー映画だけど人間の狂気を描いたスリラー映画でもあって悪霊払いをするファンタジー映画でもあり、ドラマ映画でもある。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

傑作エンタメ映画。

300万でこんな作品作れるなんてと衝撃を受けた作品。

脚本がすごい良かった。
新鮮味とインパクトと斬新さがあり、それで大分上手く行ってる映画です。

一回観て凄え!ってなっても
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.6

葬式コント映画。

リアルな演技とキャラと良い脚本の揃った良作邦画。
面白くて悲しくて観てるのが楽しくて辛い映画体験でした。

コメディはまあまあ笑えたし、ドラマ部分は辛くて悲しかったです。真面目とお
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

傑作。

犯罪ってなんだろう。
家族ってなんだろう。
色々と考えさせられた作品でした。

安藤サクラの演技が本当に凄かった。心に強く残ったし、日本人の演技で初めて度肝を抜かれてしまいました。
その他の
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.5

傑作コーエン兄弟映画

緊張感を極限まで高める演出とそれに素晴らしく貢献した静かな音響、心を奪われるような美しいロケーションとそれを素晴らしく映した撮影、クライムドラマっぽさと西部劇っぽさとスリラーっ
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.4

実写版ライオン・キング

映像面は本当に素晴らしい。
目に入る全てが美しくてリアル。
動物の毛とか筋肉の動き方が非常にリアルでした。
大自然の美しさも良く映せてだと思います。
ビジュアルや音楽はアニメ
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

4.1

結構好きなミュージカル映画

色のメリハリのハッキリした綺麗かアニメーション、解説しすぎない程度に紹介される想像を広げられる世界観、必要以上に入れすぎずかつ少なすぎないミュージカル要素、愛着あるキャラ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

ノンストップで進むスピーディーなストーリーとハラハラした緊張感のある王道ながらに良作のゾンビ映画。

先が読みやすい話ですが次から次へと展開していくので、退屈することがありません。

キャラ数は多いで
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.8

テンポの良いストーリーと映像編集、コンパクトかつリアルに纏めた脚本、良い演技とキャラクターの揃った良い映画でした。

ラストがちょっと長かったのとトーンが少し軽過ぎたような気がします。

自分に認めら
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.4

宣伝、予告、ポスター全てがミスリード。別に黄金を求めた4人が段々と狂っていく話ではないです。
シスターズ兄弟っていう兄弟の絆と人生の歩み方を描いた作品です。

ジャンルとしては西部劇ヒューマンドラマと
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.2

みんな大絶賛してたけど個人的にはいうほどかなぁと感じた映画。

映画のペースが早すぎてついて行きづらい、1つ1つのストーリーがあまり印象に残らなかったです。
また、スウィート17モンスターとかみたいに
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

どうしようもない。
やりきれない。
でも前に進むしかない。

興味深いキャラクターって何?

そう思ってる人に見て欲しい映画。
興味深い・奥深いの逆って"表面的"です。
良い人だと良いことしかしないし
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.7

社会風刺映画

撮影がロングテイクで、奇妙で気まずくなるようなシーンが多かったです。照明やセットを上手く使うことでシーンによっては居心地の悪さを生み出してるなって思いました。

映画全体のキャラクター
>>続きを読む

>|