れのをさんの映画レビュー・感想・評価

れのを

れのを

某映画記録サイトがダメになったので移ってきました。
前のサイトで書いた感想をコピペで連投することがありますが、御容赦願います。
長々と感想を書いている映画は、最近見た映画です。

恋愛小説家(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この世の中には星の数ほどの恋愛映画があって、それらは、それぞれに色々な教訓を僕らに授けてくれる。
そこまで恋愛映画を見るタイプじゃないけれど、この映画はこれまで観てきた恋愛映画の中で一番心に沁みた作品
>>続きを読む

シュガーマン 奇跡に愛された男(2012年製作の映画)

-

彼が南アで受け入れられたのは、曲の良さもさることながら、その神秘性にもあると思う。
何もかも筒抜けで、ゴシップはすぐにネットに乗り広まって行く現代では、彼の伝わり方も変わったやも。
そんな世の中ではも
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

90年代の有名な事件を客観的な視点で挿入することによって、彼らと私たちの距離はとても近く感じることが出来る。
主人公夫妻は同時代を生きるお隣さんみたいだ。

wikiに「ぐるり」とは、人の身の回りで起
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

過去の絶滅した動物がいる島って…。だから何?って感じです。
こんなので子供は喜ぶんでしょうか?

過去ドラを引き合いには出したくないですが、動物は動物でも人間みたいに文明を築いているワンニャンや動物惑
>>続きを読む

名探偵コナン 世紀末の魔術師(1999年製作の映画)

-

コナンの映画が面白かった頃の一作。
ロマノフ王朝と現代に続く奇縁の物語。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

高校生の時にビートルズとオアシスにハマった。それがこの十数年に渡る、長い音楽の旅のスタートだった。
名盤と言われるアルバムをTSUTAYAで借りたり、タワレコで買ったり。再生ボタンを押す時のあのワクワ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

メキシコ麻薬戦争についての作品って最近多い。
アメリカの真横だし、アメリカ人にとって身近な紛争地帯というか、リアリティあるんだろうな。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ作品は今回初めて。ブレードランナーもメッセ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

-

スコセッシは結構苦手な監督だけど、キングオブコメディはすごい好き。とても面白い映画。

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

皆んな好きな映画に文句を言う企画第2弾はこちら!時をかける少女!!
この作品が嫌いなところ以下。


友人の男2人の声優レベルが低すぎる。
友人の男2人のヤンキー感がとにかく苦手。
リア充で腹がたつ(
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

私は友達が少ないし、全く女性にモテたことがない。
そんなマジカスな私にも、神様ってやつは意外と優しい。
大学時代には彼女を、社会人になってからは親友という存在を、この憐れな私に与えてくれた。
しかしど
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

-

超端役かと思えば意外に見せ場がある男、それが俺たちのオーウェン・ウィルソンだあ!!

ベン・スティラーも上述のオーウェン・ウィルソンも好きだけど、本当に毒っ気ないので、真面目に見ると逆に損するタイプの
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

私は決して感性が成熟、ないしはビンビンなタイプじゃない為、古いモノクロ時代の映画を観ても、「超つまんねー」なんて身も蓋もない(なおかつ、非常に頭の悪い)感想になってしまうことが多い。
市民ケーンや第3
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

吹き替え版を視聴。
ストーリーはすごくありきたりで、正直とても普通。つまらなくはない。とにかく普通。
潰れかけの劇場を再建したいコアラのバスター・ムーンが、素人音楽オーディションで起死回生を狙うという
>>続きを読む

奥さまは魔女(2005年製作の映画)

-

そういうのではないのは分かってるけど、たぶんわたしが今まで観た映画の中で、最も中身がない映画。


小学生くらいの時に米倉涼子と原田泰造の「奥様は魔女」好きだったんだよなあ。
「ごく普通のふたりはごく
>>続きを読む

サボテン・ブラザース(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あれ!?これ映画じゃない!って気づくまでちょっと早くない?

サイコ(1960年製作の映画)

-

つい先日、あまりにも残忍な殺人が起きたばかりの日本では、とても他人事じゃないかもしれない。
ノーマン・ベイツはどこにでもいる。

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この作品を見てずっと違和感を感じていたのはグレースケリーの存在。役柄から浮いてはいないだろうか。
とてもじゃないが浮気している奥さんって感じには見えなかった。
むしろ前半の浮気シーンを除けば、非常に甲
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

-

ウディ・アレン史上最も美しい作品だと思う。
プラネタリウムに行ってみよう、たぶん寝てしまうけれど。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アン・リーで初めて観た作品がこれだった。
それにしても報われない恋…とても在り来たりなのに何故ここまで感動してしまったのか。

作り物とは言え彼らの過ごして来た二十年がとても説得力があった。特にヒース
>>続きを読む

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

よくネットで、ここまでのコナン映画は問答無用に面白かった!なんて意見をよく見るけど、私としてはここからつまらなくなった印象だなあ。
ファンサービスなのは分かるけど、こんな簡単に新一になったり戻ったり出
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

地味なんだけど、すっごく良質なSF作品。ダンカン・ジョーンズは次作のミッション: 8ミニッツもとても素晴らしい映画だし、さすがは(と言っちゃうと親の七光り関係なく頑張ってる彼に悪いけど)、デビッド・ボ>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

-

私はあまーりアクション映画って好きじゃないし、カンフー映画にも全く思入れがないが、プロジェクトAはおすすめ。


当時ハリウッド進出に失敗し落ち込んでいたジャッキーが「原点に立ち返って、幼い頃に自分が
>>続きを読む

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ビートルズ好きなら絶対に見るべきだと思う……といいつつ、ポールとジョージの俳優さん全然似てないんだよね笑
でもとても良い映画です、特にジョンのファンなら結構納得度は高いかと思う。
ちょっとイケメンす
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

-

とても好きな作品なんだけど、ある台詞(最後でも言う、とても重要な台詞ですが)がすごく日本語として変で、
調べてみると字幕を担当したのはなっちこと、戸田奈津子らしい。当時結構腹が立った思い出。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

-

ジョン・ラセターの集大成。
作品を作ることにどこまでも真摯な人達が真剣に作り出した作品。
今作やリトル・ミス・サンシャインを担当したマイケル・アーントは本当にすごい人だ。

人生万歳!(2009年製作の映画)

-

ウディ・アレンに似たおっさんがウディ・アレンみたいな役柄を演じる作品。
オチが秀逸。

華氏451(1966年製作の映画)

-

ラストシーンは美しいが、全体的にはそんなに面白いとは思わなかった。

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

-

予告でのワクワクからするとショボこい気もするが、つまらないわけでもない。
エマ・ストーンとゴズリングはここでもそういや共演してたなあ。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

-

割と面白いし感動するんだけど、
最終的に具体的な感想が一切浮かばないという……笑
ズーイー・デシャネルにこれで一瞬ハマって、She & Himばっかり聴いていた思い出。

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

-

面白い様なつまらんような。
タランティーノ好きだけど、そこまで乗れない。

>|