センカンさんの映画レビュー・感想・評価

センカン

センカン

ULTRAMAN: RISING(2024年製作の映画)

4.1

やっぱ髭ってああなるんだ…

ウルトラマンの父の跡を継いでウルトラマンとなった主人公の物語。
家族をテーマに親子愛に重点を置き、纏まったストーリーで中々楽しめました。
初出主人公の粗暴な感じ出して株を
>>続きを読む

アトラス(2024年製作の映画)

3.6

自分コピれば良いのに…

AIの進化した未来で反乱を起こした叛逆ロボットを追って戦争を仕掛けるストーリー、人間側のガバガバ作戦とか、圧倒的対空防御に反して地上戦アナログなAI達とか、展開甘い部分はあり
>>続きを読む

ゴジラ(1984年製作の映画)

3.5

キレ目怖。

昭和シリーズから一新、平成ゴジラシリーズのはじまりはじまり。
といいつつ、54年のゴジラが30年越しに復活という設定。
70年代の迷走と巫山戯具合から一転の真面目展開。
核の辺りとかシン
>>続きを読む

メカゴジラの逆襲(1975年製作の映画)

3.3

ゴ「頭獲ったどー!…アレ?」

前回2vs1だったので、今度は1vs2という分かりやすいピンチ回。これで勝ってこそゴジラさんですよ。
地味に人間ドラマ側が丁寧でゴジラが蚊帳の外感強いです笑
決着までも
>>続きを読む

ゴジラ対メカゴジラ(1974年製作の映画)

3.4

ゴ「キテマスキテマス、磁力パワーです!」

人気キャラメカゴジラの初登場回。ここ数作の奇天烈具合からすると結構オーソドックスなVS系ゴジラ映画。ただ単純なタイマンだと嫌なのか、おまけでシーサー付いてき
>>続きを読む

ゴジラ対メガロ(1973年製作の映画)

3.2

JJ「この活躍で専用EDまで付いてタイトルになってないってどゆこと?」

これまた異質なゴジラ映画、もとい特撮ヒーロージェットジャガーの登場回。
タイトルの付け方を間違えたとしか思えない内容。
JJが
>>続きを読む

セーヌ川の水面の下に(2024年製作の映画)

3.5

そう、課題は市長をどうやって水に落とすかだ。

ちゃんとしたサメ映画久々な気がします。街中、しかも大都市パリのセーヌ川でサメが暴れるって設定は中々奇抜。
出だしからサメ相手に油断しまくってるダイバー達
>>続きを読む

範馬刃牙VSケンガンアシュラ(2024年製作の映画)

3.9

格闘技やる奴大体知り合い。

格闘技漫画夢の対決作品。刃牙側がちょっと人間辞め過ぎててケンガン側大丈夫?って疑問もありましたが、まぁノリと勢いで成り立ってる世界だからか、そんなに違和感無く観ることが出
>>続きを読む

コードギアス 奪還のロゼ 第2幕(2024年製作の映画)

4.2

ニーナ救済回

大量破壊兵器解体しないあるある。仮にダモクレスは仕方ないとしても、フレイヤはダメでしょう。
北海道にダモクレス刺さってるってシチュエーションがちょっと面白い、あれ何処の山だろう…
今回
>>続きを読む

関心領域(2023年製作の映画)

3.7

職場までウマ10秒の優良物件!

強制収容所と壁一枚挟んだ家に住む収容所所長家族の生活を描く、ハートフルな日常映画です🎬
主人公偉い人とはいえ、所謂高官の特権高級車で通勤するには、あまりにも近過ぎる物
>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章(2024年製作の映画)

4.6

イソベやんに似てると出世出来るのか…

オチそう来たかー!、泣くわー
前回でばら撒いた伏線回収して宇宙船問題の解決に向かう後半。
前半では謎しかなかった大葉くんの活躍が熱いです。
何気にマコトくんとか
>>続きを読む

ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉(2024年製作の映画)

4.2

斉藤さんがジャンポケ紹介してる不思議

TVシリーズとは一線を画した圧倒的作画で展開する劇場版!レースシーンの見応えは圧巻でした。
勝利した時のジャンポケの咆哮もお気に入り。あの声がタキオンに響いてい
>>続きを読む

MEG ザ・モンスターズ2(2023年製作の映画)

3.7

社長頑張り過ぎ!

やっと見れたぜ豪勢なサメ映画、今回は他のドデカ生物達もいてランページ的な様相です。今回は人間側にも敵がいて、サメ関係ないバトルも多いから見所増量中。その分サメ格闘戦の時間なくなるじ
>>続きを読む

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

3.8

ゴ「シリアス過ぎて最後ふざけちゃった…」

ここ何作かの作風とは打って変わってシリアス。高度経済成長期の時代を背景に公害をテーマにした物語。ストーリーの面白さもさる事ながら怪獣バトルのシーンも満載、ヘ
>>続きを読む

ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃(1969年製作の映画)

2.9

ゴ「これはワシの出演作とカウントして良いのか…」

主人公の少年の願いが叶って夢で怪獣達と出逢えるようになるという展開。どっかで本物達と逢えるのかと思ったらそんなことはなかった。
想像なので何しても良
>>続きを読む

怪獣総進撃(1968年製作の映画)

3.3

フルボッコは子供の教育に良く無い。

いつの間にか怪獣の封じ込めに成功してる人類、制御したら暴走するのが世の常なのよ。キラーク星人とかって殺意マシマシの宇宙人さんが出てきて地球征服を目論むといういつも
>>続きを読む

怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967年製作の映画)

3.3

ゴ「クーラー勝手に下げたの誰!?、子供が風邪引くでしょうが!」

前回に輪をかけて島以外全く描写が無い本作。終始息子に癒されます。ここ数作の中では怪獣描写が多くて個人的にはちょっと満足度あります。ただ
>>続きを読む

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966年製作の映画)

3.3

ゴジラ渾身のへっぴり腰飛び込み

ほぼ全編とある島でのテロ計画を解決する物語の今作、エビラさんは島から出る人を襲う防壁ポジ。エビラさんは自分のナワバリ守ってるだけで悪く無いのでは…とか思いそうになるけ
>>続きを読む

怪獣大戦争(1965年製作の映画)

3.2

ゴ「ふぅ、やっと正気に戻ったぜ…、え?あと3分しか上映時間ない!?、ギドラ!ラドン!起きろ!、プロレス始めるぞ!」

怪獣映画に人間ドラマは要らんと何度言えば…、発明家お兄さんの奮闘、X星人の謀略、星
>>続きを読む

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

3.6

ラ「俺三大に数えられてる!(歓喜)」
ゴ「おま、調子乗んなよ🤛」
モ「喧嘩せんとき!」

VSシリーズを越え、多数の怪獣が暴れ出す決戦とか進撃系の初作品。
モスラもとい小美人さんが呼べば来てくれる存在
>>続きを読む

コードギアス 奪還のロゼ 第1幕(2024年製作の映画)

4.2

国復興するなら地元でやれい!

本編コードギアス、その後の復活ルルからそらに5年後の北海道で始まる新たなギアスシリーズ。
まだ導入の3話って感じですが、過去作の絡みやギアス戦、戦闘描写も激しく楽しめま
>>続きを読む

モスラ対ゴジラ(1964年製作の映画)

3.9

モスゴジ馴れ初め

共闘したり喧嘩したりと今や腐れ縁過ぎて最近夫婦扱いされてる御二人の最初の出逢い。
ゴジラさんはなんで土の中で寝てたの…、この頃の人間側って戦車は勿論、送電線の電気攻撃がやけに好きで
>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

3.7

コングの脱力スライディングが決まった!ゴジラぬいぐるみのように転がり落ちる!

まさか半世紀経ってハリウッドでこれがリメイクされるなんて誰も思わなかったでしょうね。ゴジラ暴れてるからコング連れてきてぶ
>>続きを読む

怪獣王ゴジラ(1956年製作の映画)

3.3

この人ずっとタバコスパスパしよる

こんな映画あったんすね。初めて知りました。初代ゴジラのストーリーを外国人記者の目線で描いた作品。淡々と語られる分原作の恐怖感は薄れるものの、ゴジラと奮闘する日本人達
>>続きを読む

ゴジラの逆襲(1955年製作の映画)

3.3

ゴ「なんか宴会してるし襲ったろ」

2作目これ出してこのシリーズ続いてるってちょっと凄いですね。この映画の成果ってゴジラの友達アンギラスたんを産んだ事くらいなのでは。
まぁコレ以降の怪獣同士のVSシリ
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.8

見た目可愛いのに目怖い。

マイナスカラー観たついでに本物のモノクロに会いにきました。
造形こそ昔ながらの可愛らしいものですが、怖さの演出は流石の初代。モノクロに大きな目が映えました。
何よりゴジラ通
>>続きを読む

ゴジラ-1.0/C(2023年製作の映画)

4.1

ゴ「モノクロで引き立つ我が身体を見よ」

アマプラ仕事早ない?まだ映画館上映してますよ笑、マイナスカラー版拝見致しました。色って一つの大きな情報要素ですよね。それを制限する事で得られる効果中々面白い。
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

4.7

ラストのC.C.で最高のED

コードギアス完結編、というかファンサービスのおかわり映画という感じ。
TVシリーズ観たことあるからこれ観る!って方は一旦再編集版の3部作を観てきてほしいです。ちょっと変
>>続きを読む

ロスト・フライト(2022年製作の映画)

3.5

元軍人の機長とか存在がもう主人公。

嵐に巻き込まれた航空機が不時着した場所は無法地帯だった…、っていう物語。中々面白い発想で楽しめました。
なんであの航空機あの人数であのサイズのジェット機飛ばしてん
>>続きを読む

猿の惑星・征服(1972年製作の映画)

3.2

この地球猿率たか!、繁殖させ過ぎ

ディズニー+で3作目が見れなかったので飛んで4作目、とりあえず前作も哀しい結末だったのは察し…
ってかタイムスリップは発想がぶっ飛びすぎる。
中盤くらいまでひたすら
>>続きを読む

続・猿の惑星(1970年製作の映画)

3.1

爆弾信仰草

2作目でまさかの急展開。ゴリラ等種族の差分で世界観を拡げるって算段は好きですけど、前回まで何してたの?って疑問は残る。
そしてオチ、前作は伏線あってなるほどなーだったけど、今回のやっつけ
>>続きを読む

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

3.2

鏡なんでも出来る説

やば、一作目見逃してた。
ちゃんと続き物みたいなのに、違和感なく観終わってしまいました笑、サラッとやられてる女王をふーんとか思いながら観てました。
この妹魔女の国って愛無しでどう
>>続きを読む

猿の惑星(1968年製作の映画)

3.8

いや、言語言語!

猿伝説の始まり。宇宙旅行から帰ろうとしたら別の星に着いてて、猿の星だったっていう導入。
使い古されたネタなのでオチは何となく把握してましたが、言語が通じてる時点で疑問に思わないテイ
>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.5

この線から北は!諦めよう!

気象災害映画の代表作。
改めて見て思ったんですが、何も解決はしてないですね笑
とりあえず収まったやったーみたいな。
圧倒的な速度と範囲で氷結する世界で生き延びる主人公達の
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.7

1人くらいぶかぶかでNGとか居ても良いと思うの。

ディズニー王道中の王道作品の実写化、気を衒わず真面目に作りましたって感じ。
2015年作の割にはもう少しCG頑張れたのでは?とも思いますが、たぶんデ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

これは任天堂の仕業か…

ジュマンジ現代版!ボドゲでは今時の若者にプレイしてもらえないと気付いたジュマンジ運営wが満を辞して始めたゲーム機化!
ちゃんと電源とか、テレビとの接続とかも出来るって考えると
>>続きを読む