映画の至宝さんの映画レビュー・感想・評価

映画の至宝

映画の至宝

20代男性。映画素人。鑑賞記録として利用。
基本的にフォローはしません。
ネタバレは極力せず感想を中心に書きます。
採点は個人的なものなので悪しからず。
過去に鑑賞した作品は一部をピックアップして記録に残します。
良くも悪くも印象に残った作品は感想も多く書きます。

★4.6~5.0 秀
★4.0~4.5 優
★3.0~3.9 良
★2.0~2.9 可
★1.0~1.9 不可

映画(40)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

4.0

三部作の2作目の作品。

前作は人間ドラマに所々退屈することもあったが、今作はそのドラマに見応えがあった。

劇中ではそれぞれの種族に「人としての生き方」による考え方が判明するのだが、この生き方におい
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

エンタメ全開のオタク向けお祭り映画。

有名なキャラクターが多く出演しており色んな映画のオマージュも散りばめられているので、初見で全てを見つけるのは難しいだろうが探すだけでも面白いし楽しむことができた
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

主人公のヒロインと半魚人が恋をした怪作。

鑑賞する前はホラー要素が多いかと思いきやセクシャルやマイノリティ、性差別の要素が多く含まれていた。

グロテスクな表現もあったが半魚人というSF要素を上手く
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.7

ララランドの影響によってミュージカル映画に興味を持ったので鑑賞。

非常に面白かった。ララランドを製作したチームが今作の音楽も手掛けているのもあり歌やダンスが盛り沢山でどの演出も良かった。

ミュージ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

感想としては楽しむことはできた。

しかし、この作品には違和感を感じることが多い部分があった。

まず配役。今作では整備士が重要な役割を担っているのだが、演じる役者の実力のせいか何も魅力を感じなかった
>>続きを読む

On your mark(1995年製作の映画)

5.0

7分にも満たない短編映像だが、台詞がなく音楽と映像だけでこれほど魅力的で素晴らしい作品は見たことがない。

長編で見たいアニメと言われたら間違いなくこれの右に出るものはない。

長編作品として製作され
>>続きを読む

めいとこねこバス(2002年製作の映画)

4.5

となりのトトロの続編で15分にも満たない短編作品。

めいを中心に物語が進み色んなねこばすが登場するので楽しむことができる。

トトロの世界観が広がる面白い作品だった。

ジブリのファンにとっては是非
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.7

三部作の最初の作品。

60年以上の歴史があるゴジラで初のアニメーション映画。

正直言うと公開される前までは非常に不安だった。あのゴジラをアニメで製作することやキャラクターのCGにも違和感を感じ全く
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

4.2

平成ガメラ三部作の最後の作品。

この映画はシリーズの中で一番ダークな雰囲気でオカルト要素のある特異な作品だ。

物語も全体的に陰鬱でダークな雰囲気に包まれている。

怪獣の出番は少ないものの、特撮部
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

4.1

平成ガメラ三部作の2作目の作品。

前作に比べてガメラを含む怪獣の出番も多く物語の手順も改善されており、特撮技術も格段に向上していて非常に迫力がある出来栄えとなっている。

何よりも敵怪獣であるレギオ
>>続きを読む

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

3.7

平成ガメラ三部作の最初の作品。

いくつか酷い特撮シーンが見られるものの、CGでは表現できない特撮ならではの魅力が満載の作品となっている。

しかし、シン・ゴジラを鑑賞した後のせいか、人物の会話や物語
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

4.1

映画館で鑑賞したこともあるが、改めて地上波放送で鑑賞。

映像の迫力はもちろん、沢山の恐竜が出てきて面白かった。遺伝子操作によってハイブリットの恐竜が暴れるという設定も面白い。

ただ、1作目の「ジュ
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.8

SF映画の歴史に残る大傑作と言ってもいい。

CG表現が革命的な作品だが、恐竜のほとんどはパペットやスーツ、アニマトロニクスで撮影してる。それと併用してCGを駆使しても全く違和感のない出来栄えになって
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.6

長い間ずっと1人ぼっちは嫌だなと思った。

ただ、あれだけの宇宙船を製造できる技術があるなら人口冬眠ポッドとかも緊急事態に備えて旅立つ前に色々と工夫できたはずだろと思った。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.6

「キミにきめた!」

映画のタイトル通り、今作のテーマはまさにこの言葉がピッタリと当てはまる。

映画館でポケモン映画を鑑賞するのは恐らく小学生以来だが、非常に面白かった。

今回の映画は、ポケモンを
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

4.0

言葉は、時には人を喜ばせたり傷つけたりするものだけど、ほんの少しでも自分の卵の殻を割って見れば世界は広がるということを伝えたかったんだと思う。

心では言いたいことは沢山あっても、言葉にできないでいる
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年製作の映画)

4.0

この映画の一番良い所は音楽に尽きる。

アニメではあるが劇中に流れる音楽は街のモデルとなったヴェネツィアを連想させるかのように素晴らしかった。

とくに最後のシーンからのエンディングに入る演出は本当に
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.4

気分転換もあって久々に劇場まで足を運びIMAX3Dで鑑賞。

今作は懐かしい人物との出会いとシリーズには欠かせない人物の別れがあって、この先どうなってしまうのかと夢中になった。

ジャック・スパロウは
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

映像も凄かったけど悪役が魅力的な映画だった。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.3

日本版のポスター通りキングコングやその他の怪獣が暴れまくってたので純粋に面白かった。

今作のキングコングの身長は31.6mあり、劇中にヒロインが初めて対峙する場面がある。

監督が「ワンダと巨像」に
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

アクション以外の洋画は久しぶりに鑑賞したが、素晴らしい作品だった。

ミュージカル映画はほとんど見たことがないのだが、そのミュージカルの演出が見てて全く飽きない。

女優のエマ・ストーンの演技力が素晴
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」(2017年製作の映画)

1.5

デジモン史上ダントツのワースト映画。

自分が今まで鑑賞してきた映画の中でも最悪の映画かもしれない。

まず演出描写が非常に理解できないものばかりだ。

なぜ究極体のムゲンドラモンの攻撃を成長期のデジ
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

my favorite movie の1つ。

これぞ宮崎駿と言わしめる作品。

ジブリは名作ばかりなので人によって好きな作品が違うのは当然だ。

しかし、鑑賞すればするほど国内興行収入1位&本家アカ
>>続きを読む

BORUTO NARUTO THE MOVIE(2015年製作の映画)

4.2

映画館でも鑑賞したし地上波での放送も拝見。

やっぱり原作を読んだ後にこの映画を見ると最高だね。

物語がよかったのも当然だが、何よりも戦闘シーンが本当にかっこいい。
音楽と作画も素晴らしく非常に面白
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.1

しばらく過去のシリーズを見てないからかもしれないが、シリーズ作品を含めても一番面白かったかもしれない。

空中戦の見せ方が上手だなという印象だった。IMAX3Dで見て正解だった。

個人的にはダース・
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

5.0

my favorite movie の1つ。

ゴジラ映画の原点であり頂点の作品。

この作品がなかったら間違いなく特撮の歴史だけでなく映画の歴史も変わっていただろう。

怪獣=ゴジラと世界の誰もがイ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.7

スーパーサイヤ人ブルーは色が凄く綺麗。
蒼色って本当にカッコイイね。

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

4.0

世代ではないが、まさかドラゴンボールが映画で見れるとは思わなかった。

当時、震災があったため街が破壊されることはないように戦闘シーンは配慮されていた。

その反面、物語は明るく作られていて本当に面白
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」(2016年製作の映画)

3.9

丈の葛藤がよくわかる作品だった。

選ばれし子供達の中で丈が一番好きかも。

君の名は。(2016年製作の映画)

2.5

話題になってたこともあり期待していたが、鑑賞した後は残念という感想しかなかった。

この映画は主人公の男女二人が入れ替わる物語なのだが、色んな設定が破綻していて突っ込み所が満載で脚本や演出に違和感があ
>>続きを読む

>|