ぶんさんの映画レビュー・感想・評価

ぶん

ぶん

WOWOW映画と最近はネットフリックスを観てます。
映画観ないと禁断症状が、出るという少し病気気味な自分です。
ジャンルは問わなず、詰まらなそうな作品も一応最後まで観ます。(ラストで意外と逆転感動があったりもするので…(^^))

スコアはその時の気分で付けてしまう事もあるのでご了承を…

映画(1340)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

このシリーズ、初めての劇場鑑賞。
こういうのは劇場が一番だね!
内容的には普通なんだけどキュルキュルグワァーッの迫力。

溶岩はくっ付かなくても直ぐそこまで来てたらもう死ぬほど火傷だと思うんだけど、ま
>>続きを読む

アンフォゲッタブル(2017年製作の映画)

3.4

こわ~い!アメリカ版菜々緒

男の生と死で犯罪者になるかどうか…
どうか胸くそ悪い終わり方にはならないでとドキドキの不安がいっぱいサスペンスだった。

しかも菜々緒は終わらない💧

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.5

オットーとアンナ、二人は自分達の信念を貫き通せたが、ここで彼らより気になるのがゲシュタポの捜査官エッシャリヒ。
その立場でありながらも彼らに共感し、上からの圧力に垣間見る反発心。
体制派の中でもそうい
>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

3.5

始まりから引き込まれてなかなかだと思った。おそらく同じ内容をヘタに作られたら軽いチープなものになってしまいそう。そしてそこに年期の入ったシュワルツェネッガーのドッシリ演技がなかなか良かった。
シュワち
>>続きを読む

ミューズ(2017年製作の映画)

2.0

予告だけおもしろい。

現実離れし過ぎで何でもあり、どうにでも転ばせられる自己満足映画。

ゴキブリみたいな虫や血だらけの体、薬用石鹸ミューズで洗いましょう。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.7

昔よく耳にハメて聴いた音楽に、感情爆発ダンスをビリーは踊る!

ストーリーは至ってベターだけど、しつこくなりがちな内容がさり気なく、さり気ないミュージカルみたいだった。
機動隊に追われる兄さんもノッて
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.3

最近はゾンビとの共存に思考が赴いてるのか、難しいけどもうこれしか方法はないね。
ただ…そう難しいんだよ!
あんなラストになったけど、どう考えたって難しいサ。何食べて生きていけるのかとか。

結末は何
>>続きを読む

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.4

単純に考えると、商品自体には問題がなく不衛生な水に原因があるのだとしたら、もっと衛生指導をすれば良いのではないかなぁと思ってしまった。
お隣のテレビを借りる位だから簡単に情報を得るのは難しいのかも知れ
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.3

台湾の恋愛青春映画を観るのは滅多にない。

男の子の下ネタは全国共通。ドキッとしながらも大ウケした。飯島愛の名が出て来てビックリ!

今までの長い話はこの為にあったのかと思わせる位ラストは現実的切なさ
>>続きを読む

必ず捕まえる(2017年製作の映画)

3.3

韓国映画にしてはおとなしめミステリー。
犯人が二転三転して思わせ振りでしたが意外性のない意外性。

刺されても撃たれても死なないパク刑事で安心の結末…イイけど韓国映画にしてはちょっと物足りない感でした
>>続きを読む

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.5

あーこの写真違うね!
でもそれで良かった、自分にはイイ感じの雰囲気。
途中から気づいてしまったけど最後までしっかり観たくなる。

結局人の運命、宿命には何か意味が有ると言うことなんだね。
そう考えると
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.5

事の発端は黒澤たかし!
落ちぶれだボディガードが凶悪ヒットマンをボディガードする。これが因縁の関係なんだねぇ~。
そうこうしているうちにいいコンビになっていくんだ。クチ達者な二人の掛け合いと、なんと言
>>続きを読む

チャーリング・クロス街84番地(1986年製作の映画)

3.6

ニューヨークに住む女流作家のへレーヌとロンドンのチャーリングクロス84番地の古書店の店長フランクの文通のやり取りで、話が進む。二人の遠くて近い距離感がとってもいい。

肉の缶詰がとても貴重でどこの家庭
>>続きを読む

殺意の誓約(2016年製作の映画)

3.1

娘は男を愛してて、男も娘を愛してる。
でもその男は悪い事してる。
だからって、どうしてこういう事に…

一方的に娘の気持ちを壊して、自己主義なお父さん、娘を取り戻そうとしたら遠くに行っちゃうという誤算
>>続きを読む

大いなる遺産(2012年製作の映画)

3.3

複雑な人間関係なのに、簡単な話。
もう少し面白い事があるんじゃないかとワクワクしたのに、ラストを迎えたあと力入れて観て損したと思った。

それなのに昔のイギリス版も気になってしまう。

あの古い洋館や
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

2.5

う~ん何だか、うるさく感じた。
オバさんなんかなぁー自分。

過去のドラマ曲は懐かしかったけど、それで補ってしまってはダメよ。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.9

これサイコー!
ビンテージ入ってる風でノリノリ♪リズミカル。
で、いきなりスリル!恐怖!グロい!サイコちっく!

なのに後半、スカッと笑える黒と白の逆転だーっ!!!

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

原作知らない人寄っといで!ハーイ(^-^)/

怪しい作品を楽しむ方法…原作読まない!レビュー読まない!期待しない!ガチに観ない! これで良しです。

なのでとっても良かったです。

めぐりあう日(2015年製作の映画)

3.4

兎にも角にもほじくらないと前に進まないと言うことですね。
人間ごまかして生きて行くには辛過ぎる。必ずどっかで歪みが出てしまうものなのだな。
それにしてもエリザさん、自分の母親に何か理想を持っていたので
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.9

あ~↷↷なんか昔を思い出す。
残業代付かない残業。酒臭い終電に日曜出勤。悲しいかな線路に吸い込まれそうになる気持ちわかるわい。
そんなに簡単に言うなよって気持ちも分かる。
でも年を重ねてみると、自分勝
>>続きを読む

オペレーション・ダンケルク(2017年製作の映画)

2.0

限りなくB級に近い!というかB級。
アレ?ドイツ語はどこ行っちゃんだろう…フランス語は?

恐るべきパクリ映画制作会社アサイラム。

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

3.1

前半はチンタラだったけど、脱出しようとする時だけはおもしろい。
おそらく、このエレベーターの中の会話で、人種差別や経済格差などを訴えたかったのだろうけど、どーも押しが足らずただ退屈な会話にしか思えなか
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

まず、文句言いたいのは映画館!
前の人の頭でちょうど字幕の文末が見えない!身を乗り出したり、左に傾けたりで腹筋が鍛えられそう。
1シアター前通路有りの中央席。スタッフさん、検証改善お願い致します。
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

そんな経緯があったとはビックリ!
カーネル・サンダースさんはよく知るけどマクドナルドさん達の事は全く闇だったので凄く興味深かった。しかも兄弟!

この物語はマクドナルドを世に広めたレイを主体に進んでい
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.7

不本意な行動をしてまで何故その道を?…っていうのが疑問だったけど、それを上回るゴツイ刑務所犯罪者との関わり、乱闘、仲間意識や裏社会が、興味津々、ビックリ驚きコワイコワイ!

もしかして彼は自分の犯した
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.1

サメの怖さよりも深海の怖さだわサ!
方向が分からなくなるなんて、山の遭難よりも怖いよ~

二本目のボンベがこの作品のミソ!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

フライヤー写真の印象とは違って思ったより爽やかな作りでした!
ミュージカルのようにリズミカル。でもミュージカルのように押しつけがましくなくオシャレ。

それまでずっとベイビーを利用だけする嫌なヤツだと
>>続きを読む

ケージ・ダイブ(2017年製作の映画)

2.8

あっ!苦手なPOVだ!でテンション下がって前半はやっぱりかったるかった。
でもまぁ船が転覆してからは観れるようになりそれなりにスリルも…

だけどホントにイラついた!
あんなに騒ぎ立てたら体力消耗する
>>続きを読む

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

3.4

悪くはないけどベタ過ぎる。
最後の下りは韓国味が出てるけど、やっぱりよくあるある!

それと、あのスタイルならば誰でもマッカーサーになれるという、モノマネさんみたいだった。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.9

「正直に言えば、命だけは助けてやる」って笑い!
こんなにおちゃらけてて面白いのに、最後はなんてジーンとさせられるんだろう。

白い海に二つの後ろ姿、もう何も怖くない。

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人(2016年製作の映画)

3.5

前半チンタラ。お喋りしてないで早く進んでーってなったけど、兵士28人になってからはなかなか!
ただ攻めまくる戦いではなく、ジワジワとやってくる敵の戦車や歩兵に待ち構えてやっつける。
今までお喋りでふざ
>>続きを読む

ドント・スクリーム(2016年製作の映画)

2.0

暇つぶし程度で適当な感じで観てみました。
そんなに長くないのに展開が遅くて眠くなるぅ~
B級特有の笑えるくだらなさとグロさを狙っていたもののそれも無しでした。

皆さんの言うとおりでした(><)

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.2

いつの間にか愛が芽生えてたんですねー。
なんというかシュールでムダがないのかあるのか。
確にゆっくりと静かに動く二人の愛なんですが、いきなり場面が変わっていたり、もうそこ?っとなったり…で、色んな面で
>>続きを読む

プチ・ニコラの夏休み(2014年製作の映画)

3.4

前回は子供たちに笑いでしたが、
こちらは大人たちの行動が主体で笑わせた。
子供たちもちょっと大きくなっちゃってかわいさが半減。

大人の笑いウケは、やっぱり子供の天然な可笑しさには勝てなかったかな。

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.8

政府軍と反乱軍の中立地帯の安全な場所。
家族に愛される普通の子供で、普通に友達とふざけ合って遊ぶ。始まって暫くは笑いのあるのどかな生活が流れた。
それがこれから変わる悲惨な状況を浮き立たせている。
>>続きを読む

プチ・ニコラ(2009年製作の映画)

3.8

子供の小さな勘違いから直球の行動に発展していく微笑ましくてかわいいストーリー。

メガネくんへのスキ有りパンチの視力検査や太っちょくんの体重測定など、身体検査で大笑い!

最後の最後まで気持ち良くホッ
>>続きを読む

>|