べりぃさんの映画レビュー・感想・評価

べりぃ

べりぃ

ハリウッド・コレクション:想い出のオードリー・ヘプバーン(1993年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

尊敬する女性のひとりであるオードリー・ヘプバーン。愛を与えることの大切さを誰よりも理解し実行していた。素敵すぎる。私も愛されることよりも愛を与える心を持ち続けていきたい。

海賊じいちゃんの贈りもの(2014年製作の映画)

3.4

エミリア・ジョーンズ目当てで鑑賞。幼い頃から活躍していた女優さんであることも初めて知り、可愛らしさにキュンキュンしていた。

子供だから考えが足らないということはなく、むしろ無限の可能性を持っている。
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

コックリがいい子すぎて詐欺師になりきれなかった。違う道を託すダー子優しい。
なろうと思えばなりたいものになれる。お互いに自分の道を歩む。本物や偽物なんて無いことを教えてくれる。

コンフィデンスマンJP ロマンス編(2019年製作の映画)

3.5

当時、いろいろと問題になったキャスト陣が何気集結してる。今後、どのようにストーリーが作られるのか気になる。

ドラマシリーズ未鑑賞ではあったが最後まで楽しめた。
見事に騙された。ダー子たちに叶わない。
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お酒を飲めないので共感することはできなかったけど、何事も適量がうまくいく。依存しない程度に付き合っていく必要があるなぁと感じた。

マッツ・ミケルセンの美しいダンスシーンもあって最高だった。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

水たまりや海、地面の表現がとてもリアルで綺麗。

クルーズとマックウィーンの信頼関係最高だった。ベテランレーサーが新人レーサーに引き継がれるシーンは感動した。

カーズ2(2011年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

様々な世界でレースするから世界旅行している気分になれ楽しかった。

メーターがスパイと勘違いされてハチャメチャやってしまう。そこが可愛い。ありのままのメーターでいい。

マックイーンとメーターの友情は
>>続きを読む

アトランティス/失われた帝国(2001年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

古代文明に関心がないからか私にはヒットせやわず。アクション要素が強いけど、盛り上がるまで時間かかるからなんとも言えない感情になる。続編あることにも驚きを隠せない。

美女と野獣やノートルダムの鐘の監督
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人生一度きりしかないから、一瞬一瞬を大切に生きていく必要がある。幸せは身近にある。素敵な時間を失わないような選択を普段からできているか考えさせられた。
家族との絆を大切にしていきたい。

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

恋愛ものでも一筋縄ではいかない。幸せに暮らすというのが肌の色によってうまくことが運ばない。
黒人というだけで差別されるのはなぜか考えされられる。人種が違うのではなく母親が違うだけ。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジャンル分けするとサスペンス映画になるみたいだが、ホラー映画だと思いかなり躊躇していた。怖さがありつつもかなり面白い。アンソニー・ホプキンスの演技が怖すぎた。

警察官の食事提供のシーンから特にゾッと
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

映像が綺麗。

ドクターロボトニックの存在感強すぎ。ジム・キャリーらしさ全開で楽しませてもらった。謎のダンスが面白かった。 

トムとソニックの固い絆にホッコリさせられた。逃げるために力を使わない。守
>>続きを読む

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

静かな映画。ボクシングのシャドーの音が響き渡る。ケイコには振動としてしか聞こえないのだろうけど。
 
岸井ゆきのさんの演技力に鳥肌が立つ。

エンドロールが生活音プラス練習音で終わったのが印象的。

恋愛準決勝戦/ロイヤルウェディング(1951年製作の映画)

3.4

様々な運動機器を使用してのダンスシーンは面白さ溢れていた。無重力のダンスシーンは圧巻。好みだったのもあって釘付けになった。

ストーリーよりもフレッド・アステアのダンスを堪能でき嬉しかった作品だった。

青空に踊る(1943年製作の映画)

3.2

いつものフレッド・アステアではない一面を見られた作品。戦争中の作品ということもあり、同じような悩みを抱えている人が多くいたんだろうなぁ。

フレッド・アステアのダンスには毎回鳥肌が立つ。

ステップ・アップ(2006年製作の映画)

3.4

ヒップホップダンスとバレエって全然違うダンスだけど、練習していくとバレエ上手になっていて釘付けになって観た。

ラストのステージはヒップホップとバレエが融合してかっこよく美しかった。

アリソン・スト
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フォードとフェラーリの違いもわからない私が作品に引き込まれる。車について知らなくても迫力のあるレースにハラハラドキドキする。

常にピーターに感情移入しちゃってラストは胸がキューッとなった。

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

のび太と恐竜のリメイクでわさびドラえもんたちになってから始めての映画シリーズ。
ピー助とのび太たちの友情には涙した。

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い(2007年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

石になった伏線最高だった。そこへ繋がるのかと鳥肌が立った。

約束を守るのび太、かっこよかった。たすけに戻る勇気に惚れ直した。

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008年製作の映画)

3.0

映像が綺麗。緑をテーマにしているのにぴったりなくらい緑が鮮やかだった。

キー坊がかわいい。

ジブリっぽさがあったのはドラえもんとしては新鮮だった。

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史(2009年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

重力が違うというだけでスーパーマンになるのび太たち。宇宙ならではの世界観で楽しめた。

ギラーミンとの対決、のび太がかっこよかった。

モリーナの声が違和感あったのは残念だった。吹き替えは難しい仕事な
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

さかなクン演じるサッカーナの登場も作風に合っていてよかった。ドラミちゃんも活躍してくれる。

もしかして地球汚染について扱った内容なのかな。諦めなければ綺麗な海を見られるのかも。

映画ドラえもん 新のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

種族に関係なくみんな平等であると訴えかけてくれる。

リルルの思いやり、ピッポとの友情に涙した。

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜(2012年製作の映画)

2.7

ドラえもんの道具もっと活躍してほしかったなぁ。
パパとの思い出が冒険へつながるきっかけになるのは楽しめた。

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドラえもんの鈴に対する想いが強いのは何故かという部分が感動した。のび太と素敵な思い出あったら大切にしたい気持ち同感する。

ドラえもんのひみつ道具もたくさん登場するから嬉しい。

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャイアンが大活躍。ジャイアンの一言で対決していくの初めて観たかも。ジャイアン意外と責任感強くていい奴だなぁ。

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)(2015年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

のび太のあやとりで下級生をあっと言わせているのすごく素敵な特技だと思う。
のび太の特技が活かされてよかったなぁと感じるラストだった。

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

のび太だけでなくジャイアンたちも家出するなんてなかなか貴重。
家出しているからかドラえもん道具をいつもより多く見られる。どれも欲しくなる道具ばかりだった。

ペガ、グリ、ドラの別れには涙した。

旧作
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

今作も昔懐かしさを感じる絵のタッチで好みだった。星と氷の表現も透き通っていてきれい。

ドラえもんとのび太の友情、素敵だった。固い絆で結ばれて優しさあるのび太らしさが出ていた偽ドラえもんのシーンは涙し
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

イラストが昔懐かしさを感じつつも今のドラえもんらしさもあって最高だった。そして背景の空がきれいで光の加減も空に実際いる気分になれた。

しずかちゃんの適応能力の高さやのび太たちを見る視点が垣間見える作
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

3.2

想像力の大切さを学ぶ。大人になると忘れてしまうこと多いけど想像力があれば可能性が無限大。のび太たちのような豊かな想像力を持ちたい。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ワニの怖さがサメ以上にあってドキドキとスリルを味わえた。ワニとの遭遇がいつくるか、父親と協力してどのように脱出するか、が気になるため怖さありつつも最後まで見入ってた。

だけど、水泳が得意だとしてもあ
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

ヴィクター・ガーバーが出演ということで鑑賞。冒頭で登場する程度であったが優しい副支店長役でホッとした。

強盗した先の支店長と恋に落ちる。強盗さえしていなければよかったのにと強く思ってしまう。

君への誓い(2012年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

事故で記憶喪失したペイジ。記憶と取り戻そうとレオが必死になるが、空回りばかりしていて切なくなる。
レオの思いやりが優しすぎて余計に辛くなる。

一瞬一瞬を大切にしたいと強く感じた。

カオス・ウォーキング(2021年製作の映画)

3.0

トム・ホランドとデイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、ニック・ジョナスが出演ということで鑑賞。豪華キャスト陣というだけで満足できる。ニック・ジョナスが出てきたときは予想してなかったので嬉しかったなぁ>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(2022年製作の映画)

3.4

親心だったり助け合いだったりをみせてくれる。みさえとひろしの支えがあってしんのすけが素直で面白いいい子に育ったんだなぁと感じる。

屁祖隠珍蔵がかわいい。徐々にしんちゃんに影響受けていくのも面白かった
>>続きを読む

>|