チェンコさんの映画レビュー・感想・評価

チェンコ

チェンコ

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.5

公開前から賛否両論の本作ですが個人的には大満足。
公式のネタバレが少な過ぎるので感想が書きにくいけど、開始10分までで「あぁこういう話ね」って分かるので原作ファンなら簡単に入っていけると思います。
>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.6

チャドウィック・ボーズマンの早逝が本当に悔やまれる作品。
彼の存在が無かったことにも、行方不明になっているわけでもなくしっかりと死を受け入れられた上に作られた作品という点について一定の評価はするんだけ
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.7

林業しかやってこなかったこれぞ昭和って感じのオッサンとゆとり全開の若者が打ち解けていくヒューマンドラマ。
お互いの成長がわかりやすいからあっさりしていて、気軽に観れる。

このあっさり感に一役買ってい
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.5

あまりにも救いがない。
見てて「辛い」しかなかった。

音がなくなり、周りから人がいなくなり、そして金も住むところも…

ある意味これがリアルなのかもしれない。
それでも、映画というフィクションなんだ
>>続きを読む

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

1.8

なんの面白さも見出せずに終わった。
ご都合主義で作り手側の独りよがりの域を出ていない印象。

シェフの狂気は見えるけどその根拠が見えない。
部下が狂信的に至る背景も不明。
客のもつ軽薄さは描かれている
>>続きを読む

犯罪都市 THE ROUNDUP(2022年製作の映画)

4.0

いやいやいや。これは問題作。
マジで。
マ・ドンソクだからこそ成立するシリーズ。
一作目もなかなかだったけど、二作目はその度合いがさらにキツい。
一作目と違って悪役の掘り下げとかはほぼない。
とことん
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.8

韓国にありがちなトンデモ警察モノ。
まぁいうて日本の警察モノもリアルとは程遠いがこっちはちゃんと「実話を基に」としながらも明らかに脚色強めってわかる。
張り手で犯人薙ぎ倒していく刑事とか実際に居てたま
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.1

シンプルに面白い。笑える。観てて楽しい。
そして分かりやすくしっかりとメッセージが込められている。
それだけで観る価値有りだと思う。

タイムループが軸でその枝葉にコメディがたくさん伸びているけども、
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

2.0

正直、がっかりした。
ただこれは「ミステリー」というジャンルとして観たからだと思う。
ロマンスやヒューマンドラマみたいなジャンルのモノだと思って観てればまた違ったと思う。
あと、ポスターがミステリアス
>>続きを読む

窓辺にて(2022年製作の映画)

3.8

カッコよく、体裁良く言えば「大人の恋愛」でストレートに言えば「不倫」を軸にした物語

感情薄めの聞き上手イケメンが当て書きなんかってくらい稲垣吾郎にハマってる印象が強い。

そして、その稲垣吾郎が鏡に
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

2.5

この作品に対して私が抱いた感想は、凄く局所的な感想というか極端に捻くれた意見かもしれないが好き勝手に書かせてもらいます。

まだ11年しか経ってないんよね。
この主人公と同じくらいの年齢の子が実際にい
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.8

これ公開当初に映画館で見て、細田守作品の中で1番印象にない映画だったんだけど、改めて見直してみて、この愛の物語はたまらんものがあるね。

最初見た時は「自分勝手なやつばっかだな」「そもそも子供作んなや
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

1.5

いやぁ全然合わなかった。
普通に嫌い。

なんか序盤のお風呂のシーンとかわざわざそうしないと寂しい独身の身の上って表現出来なかったのかな。

あと、本来この作品はラブストーリーだと思うんだけど、その「
>>続きを読む

大事なことほど小声でささやく(2022年製作の映画)

3.6

この作品はもっとたくさんの人に見てほしいと思う。
めちゃくちゃ評価が難しくないですか?
ガチで。

ものすごく気になる、面白くなりそうな要素は含みつつ、ストーリーの方向性がそっちではなかった。
途中か
>>続きを読む

天間荘の三姉妹(2022年製作の映画)

2.0

オープニングの長回しやカメラワークが「これは!」って期待させてくれる。

でも、話が始まってからはちょっと…
脚本も演出も自分とは合わなかった。
ていうか、話として矛盾というかおかしくない?ってなっち
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

1.5

なんというかこういうスタイルもアリなのかも知れないけどかなり好みの別れるラストだったと思う。
ラストまで見た結果「だからなんやねん」ってなる。
解決までいかなくともその道筋というか方向性くらい示そうよ
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

2.0

たるい大学生気質が抜け切らない若者の話むて感じ。

どんでん返し的なことがあるんだけど、この映画の場合それはどんでん返しとかじゃなくて単に後付けの設定に感じるというか、「あれってそういう意味だったのか
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

3.6

高畑充希がホンマぐうの音も出ないほど可愛い。

ストーリーとしては映画好きの先生と、その影響を受けた生徒が潰れかけの映画館を再建しようとするけど上手くいかへん、どないしよって話。

ストーリーはちゃん
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

3.5

高評価だからこそ評価されてる作品って印象。
現状、高評価なので「これが面白いんだ」って意識で観てる人が多いのがプラスに働いていると思う。

神話や英雄譚になぞらえた作品として見れなければストーリーはめ
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.3

かなりライトなタイプの認知症モノ。
実際にそういった経験をされた人からすれば結構、受け付けない人は多そう。
自分はまだそんなハードなトラウマはないのでそれなりに感動家族ドラマとして見れました。

実際
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

1.5

ちょっと高尚すぎるのか自分には全くつまらない映画だった。

いろんな国の景色と変な人と変わった人がちょっとずつ出てくるだけ。
低刺激にもほどがある。
なんら心動かされるようなものが無い。

画面や音楽
>>続きを読む

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.9

タイトルやポスターから想像してめちゃくちゃやってふざけ倒すだけの三木聡から品の良さを抜いたような作品なのかなと思ってたら全然違った。
ちゃんとメッセージ性があって、恋愛ドラマだった。

しっかり者の女
>>続きを読む

四畳半タイムマシンブルース(2022年製作の映画)

3.8

まず、言っておきたいことがある。
現状⭐︎4超えの高評価であるが、こんなニッチな映画を観るのはそもそもこのへそ曲がりな作品が元々好きな人が大半であるので当然であるということ。
こんな捻くれた物語は現実
>>続きを読む

英雄の証明(2021年製作の映画)

2.0

この国の普通と日本の普通にズレがあるのかなと思うけど、なんか違和感があったりして上手く入り込めない。

少しの嘘で大事件になっていくというか、結局、大事件になるように都合よくみんなが動いているように感
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.5

さかなくんの自伝かと思ったけどそうじゃないのか?というのが最初の感想。
ネガティブな感情はほとんど描かれることなく、ポジティブな部分だけ描いたか、ポジティブに脚色したような印象を受ける。
まるで「こう
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

もっと良いレビューが書けるはず!
とリピートして早4回。
そして気づいた、自分自身の表現力の低さ。
私ごときが言葉で伝えるなんておこがましい。

本作をこれから観ようとしてる人に言えるのは、まず一作目
>>続きを読む

完璧な他人(2018年製作の映画)

2.5

なんというか会話劇なんだけど、ちょっと中途半端。

スマホを見せ合うという所からそれぞれに綻びが出るストーリーなんだけど、何というか決め手に欠けるというか…
ジャブで削って削って削って削って…
デカい
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

1.5

前提としてテスラや電気の歴史についての基礎知識がある人に向けて作られたのかなという印象。

無知な私からすれば全編通して「何してんの?」って感じで終わりました。
しまいにはスタンドマイクで熱唱。

>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

普通に面白い。面白いんだけど、なんか複雑な気分。
ちなみに原作は未読です。

話の盛り上がりまでが早いんで物語に凄く集中しやすかった。

序盤が終わるころに禰󠄀豆子が頭によぎったり(時系列的にはこっち
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーはアホ女の1人相撲恋物語。
優しくて無職の彼氏と、女たらしで自由気ままな恋人の間に揺れてる私どうしようみたいな話。
ウリまでやって傷ついてる私(誰にも強要されてない)ってのも痛い…
現実にも
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.7

思ってたより全然よかった。
正直、キャスト見て「イケメン好きがワーキャー言うための映画かな」くらいの気持ちで鑑賞開始。
客席は思った通り女子率高め。ヤクザ映画にあるまじき客層(笑)

序盤、人を殺すな
>>続きを読む

REDリターンズ(2013年製作の映画)

2.0

アホみたいに打ちまくり爆発させまくる。それがハリウッド!!
な一作目とはちょっと違って、政治色とか国家観がほんの少し混じる。
あと色恋の濃度がかなりあがってて正直いってそれが邪魔。
設定上は何歳か知ら
>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.5

ストーリーなんてあってないような薄い物でアクションはしっかりとって感じ。

アホみたいに銃を打ちまくり、所々で爆発。
馬鹿みたいだけど、ハリウッドのアクション映画はそれだけで及第点じゃないかと思う。
>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

3.7

中東問題に関する映画の中ではかなりわかりやすい部類だと思う。
内容的には戦争モノではあるけど、アクションではない。

主人公はCIAの工作員。
分類でいうと工作担当官でしょうか。
現地の人や物からの情
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.0

原作未読。個人的には普通に良かった。
コンセプトアクションというか、場所的制約がある中で行われるアクションなんだけど、その制約があるからこそ面白くて、逆にこのメンツと予算で制約なしにアクション映画を撮
>>続きを読む

ビースト(2022年製作の映画)

2.5

とりあえず最初の5分を見逃したらなんでこんなことになってるの?っていう根本的な原因がわからないで話が進むことになるので注意。

あとは、まぁパニック系だから仕方ないといえば仕方ないのかもしれないけど、
>>続きを読む

>|