TDさんの映画レビュー・感想・評価

TD

TD

映画(202)
ドラマ(0)

暁に祈れ(2017年製作の映画)

4.6

むせかえる程のやだみ。

感情と作品の距離感が近過ぎる息苦しさに窒息しそうになる。

とにかく作品全編を通して気が遠のく程の(実態の無い)絶望と恐怖に覆われ、不潔、不満、不快に包まれるが、
この中にも
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

鑑賞中とにかく、不安、不信、不穏、不満、など様々なネガティブな感情に襲われ続ける。

オープニングからの流れは秀逸で、一気に物語に放り投げられる事を拒めない。
音楽、演出、演技がさらに観るものの神経を
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

4.6

圧倒的重厚感。

生々しい痛みと絶望的な切なさ。

しかし一人の男の覚悟と生きざまに心震えさせられる。

ノーマ、世界を変える料理(2015年製作の映画)

4.1

一流のレストランとは、オーナーシェフの料理の腕前を楽しむのでは無く、パーフェクトに演出された世界を堪能する場所。
それを作り上げるのは一人のカリスマでは無く、高い次元で統括された製作チームであり、彼ら
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.8

映画を観る喜びに浸れる至福の二時間。

前作の監督ヴィヌルーブ、音楽ヨハン・ヨハンソンの続投では無かったものの、前作の世界観や息づかいを丁寧に引き継いだ形に仕上がっている。

今回も何が起こってるのや
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

個人的に大好物なダークヒーローものなだけに期待が大きかったが…

結果として「MARVEL飽き」が鮮明になってしまった一作。

何度も見た話し運び、演出、結末。

主人公葛藤

大きな組織にトラブル
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.3

総合的に優れた作品ながら、特に音楽の使い方が秀逸。

ドンピシャのキャスティング、スリリングな演出、そしてドラマをどんどんと加速させていく畳み掛ける様な音楽演出。

なんてこと無い動作ですらハラハラさ
>>続きを読む

ステイ(2005年製作の映画)

2.7

映画としての作りは悪くない。

しかし物語の語りかたが余りにも下手すぎる。

焦点の当て方がかなりチグハグで、謎の伏線も物語への興味の推進力になり憎い。

オチも納得できない訳では無く、
それがさらに
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

4.0

なんとも小綺麗に「ジャンル」の型に収まった秀作。

とは言え所謂こう言った「ジャンル」ものは、「まあこんなもんだよね」と言う程度の出来映えが殆どだが、さすがはジャンルの帝王イーライ・ロス!

見始めか
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.6

サスペンス要素を含んだホラー。

しかしサスペンスも早い内からオカルトに変わり、その時点で何でもあり。

「実はこうでした!」
「はい、こうなりました!」

的な。
なので真相が解明されても「あ、そう
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.6

おバカ、低俗、不謹慎。

筋書きがどうでは無く、このノリについて行けるかどうかで、好き嫌いがキッパリ分かれる作品。

ただ、低俗なノリの中にも警察もの、学園ものの正統的バディムービー要素をしっかり押さ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2

オープニングの数分だけで完全に作品の世界に持っていかれた。
この数分で、アップルもウィンドウズもこの製作陣の才能を獲得できなかった事に嫉妬すべき。

PC、スマホ等の画面だけで映画が完結する斬新な設定
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.4

僕らのマッコールさんが、より優しく、より熱く、そしてより残虐になり帰ってきた!

確か『イコライザー2』の製作が発表された時、監督のクレジットがアントワン・フークアでは無くひたすらガッカリした記憶が。
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.6

吉田恵輔監督の好きな所も嫌いな所も大いに味わえる作品。

まず、相変わらずの容赦なさ。
綺麗事無し。愚か者に救いの手は差し出さない。無慈悲なまでに登場人物を襲う過酷な現実。
そんな中でも少しずつ愛が育
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

不自然と言うか、不徹底と言うか、不誠実と言うか…。

設定は面白いし、確かに冒頭からシアター内もずっと息をのんだ緊張感が張り詰めていたが、
何かアクションがあったり、シーンが変わったりする度に「あ、そ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

最高に素敵な愛しい傑作。

脚本、演技、演出、音楽、編集、そのどれもが圧倒的素晴らしさ。

爽やかで健康的な感動が観てる間中胸を熱くさせる。

映画史に残る名作。

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.4

さすがシェーン・ブラック!

こんな「今さら誰が観たいねん!」と言うテーマを、痛快な娯楽映画に見事に作り上げた。

冒頭から、わざとらしい説明抜きに物語の骨子を伝える演出力はある意味驚異的。

さらに
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

息も詰まるほどの緊張感、胸くそ悪くなる嫌悪感、くだらなすぎて笑ってしまう面白さ、胸に刺さる感動、などなど様々な感情がシーンの展開毎に次から次へと襲ってくる。

それを支える編集や演技も優秀で、物語の先
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

2.5

「善人には地獄」、「悪人には天国」と言う、設定とは全く関係ないご都合主義な二軸。

「誰でも殺して良い」と言う設定、つまり「善人も悪人もリスクは同じ」なのに、悪人は大っぴらには街中を闊歩、主人公とその
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

オープニングはなかなか見応えあるものの、その後は話の推進力が持続しない。

前作ではドラマ性が意外としっかりしていて、嬉しい驚きだったけれど、今作はイマイチ物語に乗れなかった。

アクションは間違いな
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.1

世界観に酔いしれられるかどうかで、好き嫌いが明確に分かれる作品。

【緻密に作り込まれた世界】

冷戦時代を舞台にした歴史物ではあるが、その世界観は史実と言うよりは完全に作り込まれたもの。
特に色彩と
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

2.9

悪役のみならず、主人公、その仲間達、そして脇役達、とにかく全員横一列に並べて、

「お前ら!この落とし前どうつけるんじゃ!」

と説教したくなる作品。


【なんとも小さく収まったお話】

前半(3分
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.4

開始五分で「観るのやめようかな…」と思ったが。。。

【真綿で首を締められるように】
冒頭から一つ目の物語の転機が訪れるまでは、ひたすら気だるく地味な、「あー、邦画のこう言うワクワクしない華の無さ嫌い
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

2.5

「命」にイデオロギーで線引きした心底不快な映画。

【テロリストはどんどん殺して良い】
同時期に公開された『ドローン・オブ・ウォー』と設定はほぼ同じ。しかし『ドローン~』が無人戦闘機によって無機質的に
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.3

念願のウディ・アレン作品を劇場鑑賞。

しかし残念ながらヨソ様の痴話喧嘩に巻き込まれ、振り回されて終わった感覚。

監督の人生観や恋愛観が色濃く反映されているのだろうが、あまりにも節操が無いし、遠慮も
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

物語におけるテーマが占める濃度と密度の高さは圧巻。
役者陣の演技も統一感には欠けるけど、それぞれが高いレベルで好演。

全体として素晴らしい作品には仕上がっているが、
いかんせんあざとい演技演出がかな
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

衣装、ヘアメイク、美術などが70年代SF感が出ており、ちょっと野暮ったい今風に比べれば派手さを抑えた演出と相まって好感が持てた。

主演のオールデン・エアエンライも予告編の時点は不安感があったが、それ
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.8

設定は面白いが、脚本が練り込み不足でお粗末。

夫の仕事がテーマと大きく関係しているのに、ほぼ物語に何の関わりも現れない。
「セキュリティシステム」がとんでも無い!陳腐な方法で破られる。
殺し合いなの
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.8

オープニングは『パシフィック・リム』、

前半は『インターステラー』、

後半は『ゼログラビティー』、

終盤は『2012』と『アルマゲドン』。

臆面も無く近年のSFヒット作を要所要所でコピペしたよ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

最近よく観る漫画っぽい演出と、大林宣彦監督作品みたいな現実世界から「ベリッ!」と引き離された様な世界観が不思議とマッチしていて見応えがあった。

菅田将暉の演技は素晴らしかったが、俳優ごとに演技の設定
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

4.1

これは嬉しい拾い物。
安定のサメパニック映画ながら、「え??!うそだろ?!」と唸らされる驚きの伏線回収により、ジャンル映画の面白さの枠を超えた。

それだけで無く、終始不安感を刺激する演出、特に光の届
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.6

派手さは無いが名場面、名台詞が目白押し。
ワクワクや感動、テクノロジーに頼らず映画を観る喜びを堪能できる傑作。

健全、健康的テーマを嫌み無く描ききるのは、簡単そうに見えて相当な才能の賜物。
音楽も当
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

CAPCOMのゲームプレイを観ている様。
いかにパターンを覚えて正確にクリアしていくかのタイムループ。
それだけでは単調になってしまいそうだが、演出の見事さ、焦らず丁寧なストーリー展開によって特に前半
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

まず偏執的なまでの絵と世界観の作り込みに、良い意味で笑うぐらい呆れる。
あらゆる所に独創的なアイディアが詰め込まれていて、とにかく笑えるしワクワクさせられる。

しかしストーリーはどこか強引さ、粗雑さ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.2

圧倒的映像美。
そしてそれが単なる技術に終わらない素晴らしい演出。
ストーリー、テーマも申し分なく終始映画を観る楽しみに浸れる傑作。

エンディングの三味線によるカバー曲も含めて大満足。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

純粋に面白い!

しかし前作を超えてくる勢いに欠けていた。

グロは相変わらず。
真っ黒なユーモアは相変わらず。
楽しい音楽使いは相変わらず。

と言った様に、前作の良いところは「相変わらず」良いんだ
>>続きを読む

>|