またたびさんの映画レビュー・感想・評価

またたび

またたび

映画(51)
ドラマ(3)

よこがお(2019年製作の映画)

3.8

地元で見そびれたよこがお。
東京に用事があって出てきたら、飯田橋のギンレイホールでやってるじゃないか。しかも新聞記者と二本立てで!って事で滑り込みで見てきました。ここら辺は東京に住んでた頃、よく来てい
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.2

活弁というテーマは周防監督らしく、いつも良いとこ目をつけるなぁと楽しみに鑑賞。
ところが、テンポが悪くせっかくのコメディ調が台無し。一つ一つのエピソードは面白いんだけど編集がよくないのか?
なんかもっ
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

3.8

評判がいいので観てみた。
最初、絵は絵本のタッチのままで音も少なくナレーションのみでゆる〜い感じで進むので子供の頃の母の読み聞かせみたいだとうとうとしそうになった。つまらないわけではなく心地良い感じで
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

2.5

東宝とアミューズの詐欺的映画。
役者さんには罪はないが、作りがあまりに酷すぎる。もったいない。
推理ものとしてもコメディとしても中途半端。
中村倫也が初めの方に出てるだけなのに宣伝の仕方がエゲツない。
>>続きを読む

ルパン三世 THE FIRST(2019年製作の映画)

3.6

私は子供の頃からルパンの緑ジャケットからテレビで見ている。当時、アニメは子供のものと決まっていたから、親はアニメと思って見せてくれていたが、子供心に見ながら、これは子供の自分が見ていいのだろうかと思う>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.0

うーん、私が大好きな作家である帚木蓬生原作なんだけど。この作品たぶん20年以上前のもので一度映画化もされていると思うんだけど。なぜ今になって映画化?
現政権がオリンピック前に推進する死刑廃止に同調する
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

主演の柄本佑と瀧内公美がかなり評判が良いというのとR18指定という知識のみで鑑賞。
最初の柄本佑の冴えない感じと映像の雰囲気からいい感じと思っていたが、タイトルバックのモノクロ写真からおっ!とエグいR
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

ビートルズはやっぱり偉大だった!
名曲揃い。映画館でずっと口ずさんでいた。主人公が歌詞を思い出せなくてそれっぽく歌っているところは笑えた。やっぱ、ネイティブもこんな感じになるのね。
ストーリー自体は、
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.8

うーん、ここのところジョーカー、楽園と重い映画が続いたせいか、バカウケした。
さすが松尾スズキ!才能の塊はやはり人格的にどこか破綻している。

若い子には意味不明な映画だと思うが、ミポリン同世代として
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作は読んでいないが、予告編を見ただけで綾野剛の事件のストーリーは、今市事件をヒントに書かれたものだとすぐに分かった。私の地元で起こって現在も最高裁に上告されている事件である。
仕事柄、この事件にはち
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.2

母が観たいと言ったので、母娘で鑑賞。
往年の大女優カトリーヌ・ド・ヌーブとこれまた大女優なジュリエット・ビノシュ。
カトリーヌ・ド・ヌーブは「8人の女たち」以来かな。「インドシナ」の時は美しかった!ジ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

デンマーク映画。
主人公以外の重要な役はほとんど声のみの出演。場面も警察署の緊急司令室一室だけのワンシチュエーションで作られる。
ヨーロッパ映画らしく音もすくなめで、最初、寝てしまわないかと心配したけ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

バットマンのジョーカー誕生のオリジナルストーリー。
観ていてかなり苦しくなるが、コミック原作からここまでリアルなオリジナルストーリーは素晴らしい。
貧富の格差が広がり続ける現代において、決して日本も無
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.0

直木賞受賞作。
原作は読んでいたが、映画化はどうかなぁと思っていたが、よくぞここまであの世界観を映像化したと思う。
風間塵役の男の子は、この作品が初演技とのことだが、イメージにピッタリ。よくぞこの役に
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

20代女性のリアルを蒼井優が、見事に表現。
仕事がら暴行された女性の事件の相談を受けることがけっこうあるが、被害女性が交際相手や夫、父親などに連れてこられたときにいつも感じる違和感を蒼井優演じる靖子が
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.2

試写会で観たのを2回目映画館に行き鑑賞。初回よりストーリーをきちんと追えたので初回の抽象的な感想が具体化したのでレビュー追加します。初回の評価は、大好きな白石監督だし、出てる役者さんも大好きな方達ばか>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

2.8

ドラクエ好きの人のための映画だが、ラストの展開でその人たちが賛否両論で二分してしまった。
私は、ドラクエやったことはあるけど、もともとゲームをやらないので、8ビットのピコピコ画面が懐かしく、ストーリー
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

単純に面白い!
GACKT良かったけど、あともう一歩振り切れると良かった。ビジュアル系元祖の京本政樹はさすが🤣やっぱり、あそこまで大真面目にやってくれると大爆笑だけど、かっこよさも引き立つ。
千葉と埼
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.8

葬式って疎遠になった兄弟姉妹も一堂に会し、相続という金銭が絡んでくるからドラマ性が高くなる。
昔、伊丹十三監督がお葬式という映画を作ったが、やはり面白かった。滑稽なほどに人間の欲が出るからだと思う。
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.5

バレリーナのプリマ争いのプレッシャーで主人公がメンタルが崩壊していく様をサスペンスタッチで描いている。
子役の頃からいつも強気な役を演じているナタリー・ポートマンが、バレエ団の中でのプリマ争いでも母親
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.1

漫画を読まずに、鑑賞。動機は大沢たかおさんが出ているから。2年くらい海外に行ってしまっていて日本での露出がなかったのでひさびさ〜。漫画原作か〜と思いながら期待せずに行ったらびっくり。
秦の始皇帝が始皇
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.7

これまでテレビドラマシリーズは見たことはなかったから予備知識なしに鑑賞。
ストーリー自体がナンセンスで面白い。完全エンターテイメント作品。
それぞれのキャラが生き生きしていて役者さんが楽しそうに演じて
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.2

君の名は。に続き、苦手な新海誠。
君の名は。よりはマシだったが、最後手前まで辛かった。
RADWIMPSの音楽が前回よりMV感がなく、ちゃんとストーリーを追えたと思うが、やっぱりストーリーも映像も苦
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.4

原作も読んでいるが映画化が難しい作品。
高橋一生はやっぱり演技が上手い!
落語の基礎知識がないと作品の理解が難しいのでは。
落語初心者はNHKの落語ザ・ムービーを観るといい。
天皇の料理番に続き佐藤健
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.5

フランスとアメリカの合作。リュック・ベッソンは、ニキータやこの頃まですごく良かった。
ヨーロッパの監督がハリウッド映画を作るようになると元々の作風の良さが無くなってしまう。
ヨーロッパ映画独特の映像の
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

1.5

ララランドに続き、世間と私の評価が大きく乖離した映画。
私が映画好きになってから35年の間に観た映画の継ぎ接ぎ感がハンパない。ララランドと同様、どこかで観たような...。
映像が綺麗と評価されているけ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

1.5

アカデミー賞を取ってその年の最高の映画との評価を受けているが、私はつまらなくて寝た。
このミュージカル好きの私が寝たのだから、相当、合わなかったのだと思う。世間との評価と乖離してるが、観た感想は、どこ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

ミュージカルとしては1番好きかも。
これぞショーといった感じ。
そもそもショービジネスは、こうやって見世物小屋として発展してきたものだということを再確認した。決して綺麗事の表現としてではなく、生きる術
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

2.8

歴史物としては面白い着眼点の映画。
最初は面白かったが、途中中だるみして眠くなった。かなり編集で切られたように思うが、それでも長く感じた。
ユニコーンの主題歌はいい!

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.2

エルトン・ジョンの半生を描いた映画。
よくまだ生きているアーティストの映画を作れたなぁと。内容的にもドラッグやセックス、アル中、両親との関係などかなり赤裸々。
なんと言ってもやっぱりエルトン・ジョンの
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

もしかしたらディズニーの中で一番好きかも。基本的に私はガイコツ物が好きなのか、ナイトメア・ビフォア・クリスマスと並ぶ勢い。
ストーリーは死後の世界を描き、西洋的思想にはない先祖に対する想い・記憶を大切
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.2

寓話的なお話。
不思議な世界観と映像の色のトーンが心地良い。
キリスト教を理解していないと理解は難しいと思いますが、それでもゆったりとしたストーリー展開でありながら飽きさせない映像とラザロの不思議な魅
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

私もロバート・デ・ニーロのような初老のインターンが欲しい!
バリバリ働く女性なら一度ならず、そういう思いを持つもの。
仕事の悩みの聞き役、包容力、癒し、何も求めず優しく見守ってくれる男性...。最高じ
>>続きを読む

>|