またたびさんの映画レビュー・感想・評価

またたび

またたび

ファーザー(2020年製作の映画)

4.2

大好きなアンソニー・ホプキンスが主演のうえアカデミー主演男優賞を取ったということで、コロナの影響で最近の映画館のむちゃくちゃな上映スケジュールの中、かなり無理して鑑賞。

アンソニー・ホプキンスという
>>続きを読む

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

3.8

佐藤二郎の舞台作品を山田孝之主演で映画化と聞いたのでこれは観なくちゃと思い鑑賞。
山田孝之はここ数年自由にチャレンジしてるなぁと思う。佐藤二郎が一回断られているのに再度出演依頼したのがわかる。
こうい
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.0

これまでのるろうに剣心とは全く異なる作品。これまでは少年漫画原作とあってエンタメ性を追求してきたが、この作品はもちろん抜刀斎時代だから殺陣のシーンはあるんだけど、ストーリー性を大切にした時代劇といった>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.1

日本人なら誰もが知っている葛飾北斎の半生を描いた作品。青年期を柳楽優弥が、老年期を田中泯が演じるというので、最近のコロナの影響で映画館が再びいつ閉まってしまうかわからない状況なので急いで鑑賞。
葛飾北
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.8

IMAXレーザーGT版で鑑賞。
過去三作品も鑑賞済み。
前作の京都大火編も伝説の最後編も美術や映像がすごいなぁと思ったけど、今回の最初の駅の場面の色味でうわぁってなった。シリーズで見続けると映像技術の
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.7

ノマド(遊牧民)のように家を持たず、季節ごとに転々と移動し季節労働をしながら生活する人々の人生を描いた作品。
アメリカならではの生き方だなと思った。
キャンピングカーに全財産を乗せて、季節ごとに仕事の
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.2

観る気なかったけれど、時間がいいのがこれくらいしかなかったことから鑑賞。
話としては悪くなかったけれど、結論としてはテレビドラマで十分だったかな。
アミューズが関わると、お金はかかってキャストも凄いん
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.5

久々に映画を観たと感じた。
最近はテレビドラマで十分じゃねって感じの映画が多いが、これこそ映画🎞!
丁寧に作られたことが随所に感じられる良作。
なんといっても役所広司と中野太賀がいい!!公開時期の関係
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

4.0

島本理生の直木賞作が原作くらいの予備知識で鑑賞。 
北川景子が主演でブレイクしまくっている中村倫也が相手役というから商業ベースに乗っかりまくった作品だと思ってあまり期待していなかったが...思いのほか
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.2

うーん🤔、前評判に期待し過ぎたか…。
どうにも既視感が漂い、お話に集中できず。
屋根の上を疾走する映像は私が子供の頃から大好きなルパン三世のマネか?ルビッチの母親のキャラは手塚治虫先生のキャラに寄せた
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.0

福田雄一監督で大泉洋が主演、他のキャストのメンツでドタバタコメディーだってのは覚悟していたけど、私の好きな三国志で私が大好きな諸葛亮孔明をムロツヨシがしかも諸葛亮はバカで有名な全ての戦術が女房の知恵だ>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.8

単純に面白かった!
脚本・監督の自伝的作品。
クリエーターとしてモノになるかならないかを支える糟糠の妻なんて理想的な夫婦の愛情物語なんかじゃなく、まさにリアルな夫婦の実情を濱田岳と水川あさみが演じる。
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

3.4

五代友厚の半生を描く。
五代友厚といえば、朝ドラ朝が来たでディーン・フジオカが演じた出世役。
長崎のグラバー邸に5年前くらいに行った時、五代友厚と交流があったことが書いてあったから作品の中でグラバーが
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

4.2

モータウンの歴史を語るドキュメンタリー映画。
ベリー・ゴーディ本人が語るのが凄い!
私はスティービーワンダー世代だけど、モータウンの音楽は聞けば誰もが知っている曲がいっぱい!
ベリー・ゴーディのことは
>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

3.3

80過ぎの老母を連れての鑑賞。
田中裕子は本当に普通の人を普通に演じられる大女優だなぁとつくづく感心した。

夫を亡くした桃子さんはお一人様生活を楽しみながらも時々寂しさを感じたり、若い時の夫や子供と
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.2

監督はTBSの重版出来、逃げ恥、凪のお暇のテレビドラマ演出家。脚本は重版出来、逃げ恥、MIU404の野木亜希子。
期待していたが、率直にTBSのご褒美映画か?なぜ映画でやった?連ドラの方が良かったので
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.0

日本においても共通する社会における女性の生きづらさを描いた韓国映画との触れ込みで鑑賞。

だが、期待していたほどの作品ではなかった。日本はアメリカの10年後を追っていると言われて久しいが、韓国は日本の
>>続きを読む

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

1.8

高田郁原作の時代小説の映画化。
テレ朝が北川景子主演でNHKが黒木華主演でドラマ化している。昨年末にはNHK版が前編後編のスペシャルを放映した。
私は2017年に放映されたNHK版がキャスト・脚本・演
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.8

ヴェネチア国際映画祭で黒沢清監督が銀獅子賞。
元々はNHKの特別ドラマを再編集したものらしい。
黒沢清監督と言ったらホラーのイメージがあるが、今回は違うのかと思いきや、画面の色彩や戦時中の関東軍731
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.6

むらさきのスカートの女で2019年上半期の芥川賞を受賞した今村夏子さんの前年な芥川賞候補作の映画化。
監督は日日是好日の大森立嗣監督。

病弱な二女のために新興宗教にのめり込む両親。それと共に家が貧乏
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.3

草彅剛の凄まじい迫力を観た!
演技が上手い下手とかという次元でなく、まさに生き様を見せつけられた感が強い。
長い間、国民的アイドルを演じてきて、SMAP解散後、表舞台に出てこなかった(出てこれなかった
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.4

写真家浅田政志の著書「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案にした中野量太監督作品。
主人公をニノ、その兄をブッキー、両親を平田満と風吹ジュンが演じる。
二の幼なじみを「母と暮せば」以来のニノとの共演で黒
>>続きを読む

甘いお酒でうがい(2019年製作の映画)

3.4

シソンヌのじろう原作小説の映画化。小説といっても全編日記形式。松雪泰子さん演じる川嶋佳子の日常が淡々と描かれる。
こういう作品は日記に書かれていない感情を表現する役者の力量とエピソードをどこまで描くか
>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.8

ラストレターの中国版。日本版より先に作られたらしい。ラストレターはあえて未鑑賞。
でもおそらく、こちらの中国版の方が良かったと思う。日本版はキャストだけでも満腹感があり、岩井俊二の世界観には合わないと
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

MX4Dで鑑賞したが後悔。
テネットの宣伝含みでのインセプションをMX4Dで再鑑賞したレビューで書いたとおり、クリストファー・ノーラン監督作品は通常上映かMX4Dかなどというチャチなことで作品の価値が
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.5

NHKドラマ透明なゆりかごで清原果耶ちゃんを気に入り、今後が楽しみな若手女優として目をつけているため鑑賞。
彼女の透明感と今どきの女の子ではない佇まいによくあった作品。桃井かおりがバァバ役で登場。いい
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.0

リメンバーミーが大好きだったので、同じディズニー・ピクサー作品ということで鑑賞。
亡くなった父親を1日だけ魔法で復活させる話と言っても父親と息子の愛情物語というより兄弟愛の話だった。
兄弟って特別な関
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.3

10年前の公開のときに観たが、他に観るものがなかったことと面白かった記憶があったことからMX4Dでやっていたので鑑賞。
渡辺謙がけっこう重要な役でディカプリオと共演していて凄いなぁと感心した記憶がある
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

2.2

中島みゆきの名曲「糸」からインスパイアされてできた作品とか。
最近、この手の作品がけっこうあるが、はっきり言ってクソ映画だと思います。
昔の少女漫画か韓流ドラマかと言ったくらいチープなストーリー。
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.8

凪のお暇のうららちゃん役の白鳥玉季ちゃんがシングルファーザー役の山田孝之の娘役で出るくらいの知識で鑑賞。
山田孝之は、やはりアクの強い男臭い役が似合っていると思っていて、50回目のファーストキスで優し
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.5

ロマンス編も映画館で鑑賞したので、プリンセス編も楽しみにしていた。
ビビアン・スーが、めっちゃ懐かしかった!演技も上手くて驚いた。
キャストもロケ地も豪華で楽しめたけど、話としてはロマンス編の方が良か
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

バチカンを頂点としたカトリック界を騒然とさせた実話。
宗教に対する認識が薄い日本では、あまり話題にならない映画かな。ヨーロッパに行けばわかるが街は教会を中心に放射線状に作られている。ヨーロッパにおいて
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.0

発明家エジソンと実業家ウェスティングハウスの実話に基づくビジネスバトル。
カンバーバッチが好きなので観に行ったが、こういう対立モノはどちらか側に軸足を置かないと観ている方は何を見ればいいのか分からなく
>>続きを読む

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

3.2

家族でバカンスに行った島で出会った少女との1週間の出来事。
スタンド・バイ・ミーとマンマ・ミーアを足して2で割ったようなテイストの作品。
なんでこの邦題⁈
たしかに地球上で最後の恐竜は🦕一人ぼっちをど
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

2.8

小説ダヴィンチ・コードのシリーズ作の世界同時出版の実話にヒントを得た映画。フランス・ベルギーの合作。
ヨーロッパ映画らしい暗めのトーンの映像は良かった。
しかし、種明かし的な映像の挿入の仕方や真犯人ら
>>続きを読む

在りし日の歌(2019年製作の映画)

4.0

長い!3時間はさすがに長い!!
確かに話の内容は、文革後から現在までの約40年を中国の地方都市に住む2組の夫婦の物語だから仕方がないが、時系列が前後するのでいつの時代のエピソードなのか追うのは結構大変
>>続きを読む

>|