tjrさんの映画レビュー・感想・評価

tjr

tjr

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

-

前作に続き視覚からの情報量の洪水に溺れる。
続編特有の既視感を置いてけぼりにする、圧倒的キャラクター数と圧倒的カメラワーク、アニメーションだからこその演出の連続で満足度が凄まじい。
だからこそグウェン
>>続きを読む

イノセンツ(2021年製作の映画)

-

これはすごい。
丘の上の団地での少年少女の日常。

超能力は所謂“大人には理解できない子供たちの事情”のメタファーなんだろう。
それを説教臭くするのではなく、あくまでもスリラーとして撮っているのが新鮮
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

-

主人公は顔にアザがある女性。
化粧っ気が無くショートヘア。
でも“顔にアザがあるからどうした”な気が強いタイプではなく、これまで生きてきた中で少しずつ、時間をかけて受け入れてきた。。。

インタビュー
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

-

日本映画でついにアロマンティックの主人公が、ということで話題になり気になっていた作品。

性的マイノリティの扱いについては“時代錯誤な描写”が直球すぎたり、アウティングがあったりとモヤつくところはあっ
>>続きを読む

スマイル(2022年製作の映画)

-

ホラーは苦手だけど、評判の良いホラーは「ミッドサマー」「MEN」など社会問題の寓話としての側面が大きいこともあり、安心して見始めた。
が、ジャンプスケアの連続に何度も心臓が止まりそうになった。
くるぞ
>>続きを読む

ショーイング・アップ(2023年製作の映画)

-

ある1人の芸術家の、個展前の日常。

説明的なセリフは無くオフビート、だけどなんだか目が離せない映像はケリー・ライカートの真骨頂。
見進めるにつれ、父の影響で作陶をし、母が勤める美大で事務の仕事をし、
>>続きを読む

英雄の証明(2021年製作の映画)

-

「別離」「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督作。
今作でも人間の愚かさを静かに力強く描いている。

タイトルバックに写る“不安定な足場”はそのまま主人公が手にする栄光のメタファー。
主人公は超
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

-

スケボーで街中を自由に走る少年たちの姿からこのドキュメンタリーはスタートする。
しかし、走る街は奇妙なほど活気がない…
暴力的な家庭から逃れるようにスケートパークに集まり、もう一つの家族を形成する。
>>続きを読む

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

-

正統派アクションの1作目、世界観バチバチの2作目、アイデアと物量に溢れた3作目、に続く、過去3作全てのエキスを抽出して作られた最高の完結編。
前後編として分けても十分すぎるほどのアクションとスケールだ
>>続きを読む

アルマゲドン・タイム ある日々の肖像(2022年製作の映画)

-

1980年代のニューヨークで生きる12歳の少年の視点から、日々を映し出す。

子どものためを思って怒る親の気持ち、死にゆく祖父との最期の時間を感じ取れない、自らの行動の行き着く先を想像できない…という
>>続きを読む

Lift/リフト(2024年製作の映画)

-

F・ゲイリー・グレイ監督の過去作「ミニミニ大作戦」「ワイルド・スピード アイスブレイク」を彷彿とさせる、爽快感に溢れたハイストムービー。

豪華キャストでのワールドロケ、ゴリゴリのハイテクに大規模アク
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

-

“理性の通じないところが地獄であるならば、ここがそうだ”の言葉通り、地獄のようなシーンの連続が新兵の主人公視点で描かれる。

戦場に来てすぐは過酷な自然環境にやられるも、大学を中退し、親への反発から志
>>続きを読む

ウーマン・キング 無敵の女戦士たち(2022年製作の映画)

-

17世紀のアフリカ、奴隷貿易全盛の時代に実在した女戦士たちの実話。

溌剌としたアフリカンカルチャーと、奴隷貿易による黒人差別、そして舞台となるダホメ王国内での女性差別。
その全てを見事に描きつつ、ア
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

イケオジたちが黒スーツでタバコ吸いながら飯食いながら、マドンナのLike a Virginは巨根好きの歌だの、チップを払う払わないだのくっちゃべるだけで何でこんなにかっこいいのか。
その後のレンガ塀を
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

-

フランク・グリロ in タイムループサスペンス with メル・ギブソン、ナオミ・ワッツ、ミシェル・ヨー、ケン・チョン。

何度も同じシチュエーションを繰り返すことで暗殺者をかわしながら着替えたりする
>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

-

ケンカ・言い合いを含めた日常のリアリティと、それ故の居心地の悪さは初監督作品から。
長回しと演者自身の持つ間によって、そこに居合わせているかのような没入感を生み出している。
パンチラインを打とうとしな
>>続きを読む

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

-

ちょっとこれはオールタイムベスト入りかもしれない。
「ローグ・ワン」で心を鷲掴みにされたギャレス・エドワーズ監督作品ということでハードルは上がり切っていたが、易々と超えられてしまった。

「ローグ・ワ
>>続きを読む

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

-

ガイ・リッチー監督作史上最もガイ・リッチーしていたと言っても過言じゃない、最高に軽快な作品。

MI6御用達の敏腕エージェント(ジェイソン・ステイサム)が、100億ドルで取引されるブツを追うため、映画
>>続きを読む

ほつれる(2023年製作の映画)

-

耳に残る生活音・環境音に、マイクの感度高すぎないか?と思いながら観たけれど、すぐにこれは居心地の悪さを演出するためなのだと確信。

自分勝手な主人公にも、ネチっこい夫にも、あんたしか暇な人いないからと
>>続きを読む

ジュニア(2011年製作の映画)

-

「RAW」「TITANE」のジュリア・デュクルノー、短編から作家性が爆発してる。

思春期女性の身体の変化をボディホラーとして描く、ある意味で王道の作品。
にしても「RAW」のギャランス・マリリアーと
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

-

“交通事故で頭にチタンプレートを埋め込んだ女性が自動車に性的倒錯を示すようになる”という作品が、カンヌでパルムドールを取った…というあまりにもカオスなニュース以来ずっと頭の片隅にこびりついていた作品。>>続きを読む

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

-

「百万円と苦虫女」といい「ロマンスドール」といい、タナダユキ監督作品に流れる絶妙な間が好きだ。

文字通り割れるような(というか音割れしている)声で叫ぶシイナと、ゆったりと間をとって話すマリコやマキオ
>>続きを読む

名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊(2023年製作の映画)

-

1947年の嵐の夜、古びた屋敷での一夜というただでさえ薄暗くなりがちなシチュエーションに、しつこいくらいのダッチアングルと魚眼レンズの多用で状況把握が非常に困難で観ていてストレスがかかる作品だった。>>続きを読む

アウトフィット(2022年製作の映画)

-

1950年代のシカゴ、あるビスポークを舞台にした会話劇。
どこからどう見ても舞台原作の雰囲気ぷんぷんなんだけどどうなんだろう。

監督・脚本は「イミテーション・ゲーム」のグレアム・ムーア、主演はマーク
>>続きを読む

マエストロ:その音楽と愛と(2023年製作の映画)

-

エピグラフの「芸術がもたらすのは答えではなく問いであり、本質は矛盾の中にある」の通り、レナード・バーンスタインに感情移入もしないし行動の理解もできない。
しかし生きていく上で大切な何かを浮き彫りにする
>>続きを読む

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

-

レーシングゲームの(プロですらない)ゲーマーがプロレーサーになるという信じられない実話。
そもそもグランツーリスモって、ストイックすぎるゲームだと思っていたらそもそもはレーシングシュミレーターだったの
>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

-

2023年最後に、今年のベスト1、そしてオールタイムベスト入り作品に出会えた。

“音が聴こえる”と評される原作は未読。
実写ではなくアニメ映画として作る意味はあるのか?と疑問だったが、この熱量の映像
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

-

「七人の侍」のハリウッドリメイク「荒野の七人」のリメイク作。
とはいえ、
・悪者に苦しめられ助けを求める村人
・強く優しく物好きな豪傑7人
・最後まで生き残るのは3人
というベースのみ受け継ぎ、キャラ
>>続きを読む

荒野の七人(1960年製作の映画)

-

序盤は「七人の侍」に忠実であろうとするが故に退屈な印象があったが、オリジナルとは異なる結末を辿り始めるラストバトルは面白みがあった。

しかし、上映時間の大幅な短縮があるとはいえ、キャラクターの魅力と
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

-

70年前の作品なのに全く古臭くなく、200分にわたる長尺を全く飽きることなく楽しめた。

キャラクターがみな端的で分かりやすく、かつ侍たちがまとまって収まる構図により仲間感が強調されている。
中でも三
>>続きを読む

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

-

ザック・スナイダー版「7人の侍」「スター・ウォーズ」。
ソフィア・ブテラのしなやかな肢体、チャーリー・ハナムの訛りとヂャラついた指輪、花輪を冠したアンドロイド、ブラッククロウグリフォンなど刺さるビジュ
>>続きを読む

バビロン(2021年製作の映画)

-

“LAで夢追う男女”というパッケージは「LA LA LAND」そのままだが、豪華絢爛、酒池肉林、魑魅魍魎といった言葉がぴったりなカオスさが存分に盛り込まれ、監督の映画愛が爆発した作品だった。
賛否両論
>>続きを読む

ノイズ(2022年製作の映画)

-

全員が主演を張れる超豪華俳優陣ながら、不完全燃焼感は否めない。

おそらくは観客に孤立感を与えたいのであろうロングショットの多用は間延びした印象を与え、ホラー映画的カメラワークはカメラの裏にいる人間を
>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

-

不謹慎という言葉が霞むほどの超絶ブラックコメディ。
肉屋を営む夫婦がヴィーガンに襲撃された仕返しに殺人、死体の処理に困りハムにしてみたら飛ぶように売れてヴィーガンハントに勤しむ。

序盤の葛藤はなんだ
>>続きを読む

TAR/ター(2022年製作の映画)

-

冒頭のLiveカメラ越しのメッセージ、几帳面なほど小さな文字のオープニングクレジット、ペルー東部の民族音楽であろう独唱。
初まりは狂気とカオスが顔を見せつつも、自信に満ち溢れたケイト・ブランシェットに
>>続きを読む

完成までの軌跡(2018年製作の映画)

-

Disney+の「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」特典映像から。
J・J・エイブラムスによる劇的なカムバックに続くepisode 8の製作に密着したドキュメンタリー。
雇われ監督ではなく自ら脚本を書
>>続きを読む

>|