ぼぶさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

ぼぶ

ぼぶ

酒、音楽、旅、映画が好きな保育士の備忘録。

評価4以上がおすすめ、4.5までいくと凄まじい

映画(47)
ドラマ(0)

セッション(2014年製作の映画)

4.2

英語で最も有害な言葉は“グッジョブ”だ



緊張感がヒシヒシと伝わる。
こんなに緊張が伝わるものなのか。
そして、おっちゃんやり過ぎだよ。

音楽科カーストの下に位置する有望なドラマーと天才を生み出
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

この気持ちが君に届けばいいなと思ってる




ティム(ドーナル・グリーソン)の表情がいい。
冴えないティムがどんどん魅力的になっていく様子はあくまで自然に、でも印象的にうつる。

メアリーの可愛さに
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

「幸運を!」
「もう持ってるさ!」




視線を盗め
が大々的に表現されてるけど、視線を盗む様子は最初のみ。

本物のスリが監修しているピタゴラスイッチを彷彿とさせる団体的盗みはエンターテイメント。
>>続きを読む

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.6

前向きな気持ちでやらやねば、何事も成功しない



テンポ良し、ブラック?ユーモアあり。
個人的にはタイトルの内容をもう少し掘り下げて欲しかったよ。

そして、シャイフが求めるものだと成魚を放流するの
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

ラプトルっ!!



音響、映像の迫力はすごい!
そして自分が恐竜が好きだと再実感。

科学が生み出したインドミナスの驚愕特殊スペック。
人為的に生み出され、それが人間の想像を遥か超えていく。
ジュラ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0

イモータン・ジョー!!
イモータン・ジョー!!!


北斗の拳も真っ青な世紀末。
序盤の意味のわからなさ、緊張と緩和がすごい。
そして、早送りでハラハラ。

これだけキャラが異質でも成り立っている映画
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.9

ネットで買ったタイムマシンさ


ゆるゆる映画、でも癖になる。

気持ち悪い絵、年中無休の口の開放、ポケットに入るポテトの非常食。
極め付けは最高なダンス。


クレイジーったらない。
そのクレイジー
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.9

それをそのまま揚げたらハッシュドパピーだ。


ただただ楽しい。
常に明るい、陽気な展開。
険悪なムードもキャラが流れが一定の温度を保ち続ける。

サンバとラテンのノリで嫌なことも吹っ飛ばす。
第二シ
>>続きを読む

PARKER パーカー(2013年製作の映画)

3.2

"How do you sleep at night?"
"I don't drink coffee after 7"



誰かがジェイソン•ステイサムが出てる久しぶりの脳筋じゃない映画と言ってた
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

「前に進むには、後ろになにかを置いていかなければならない。」


色々、名言あれど僕はこれかなと。
理論やリアリティを追求した映画かと思ったら、SF感マックス。
ワームホール、ブラックホールうんたら専
>>続きを読む

余命90分の男(2014年製作の映画)

2.9

「大事なのはー(ダッシュ)の時間に何をしたかだ」

ロビン•ウィリアムズの所々クスッとくる作品。
コメディとシリアスのバランスがイマイチ。
セリフ回しは嫌いじゃないが、如何せん他の俳優陣が雑。
コメデ
>>続きを読む

|<