ユンファさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ユンファさんの鑑賞したドラマ
ユンファ

ユンファ

映画(2587)
ドラマ(338)

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

4.3

シリーズファンとしては、そこに呪怨がある限り観続けなればならない。
監督・三宅唱ばかりが注目されがちだが、実際観てみたら、まあ確かにホラーのお約束を守らない演出も良いけれど、予想以上に高橋洋作品だった
>>続きを読む

0

BG~身辺警護人~新章(2020年製作のドラマ)

2.0

コロナの影響による製作スケジュールの遅れもあるだろうが、シーズン1から圧倒的にパワーダウンしてしまった。
日本ドラマの悪しき風習で、悪者が急に心変わりしたり、唐突にロマンス要素が挿入されたり、ムダに若
>>続きを読む

0

刑事コロンボ(1968年製作のドラマ)

5.0

倒叙推理の最高峰。
以後、全ての倒叙型ミステリーはコロンボのパクリと言われる宿命を背負わされた。
オレのお気に入りは、スピルバーグが天才であることを思い知らされる「構想の死角」

0

スイッチ(2020年製作のドラマ)

4.5

坂元ドラマは単発でも最高に面白い。
連ドラでも良かったかもしれないが、あまりにも「最高の離婚」に似ているし、この話とテーマだと基本的に同じことの繰り返しになるので、このくらいで良い。
クライマックスの
>>続きを読む

0

最高の離婚Special(2014年製作のドラマ)

4.6

最後の手紙が良い。
僕はドラマや映画で手紙を読む場面が基本的に嫌いだが、コレは別だ。
シナリオを読んだだけで泣いてしまった。
坂元裕二の最高傑作だと思う。

0

相棒 Season 11(2012年製作のドラマ)

3.3

3代目相棒・甲斐享ことカイトが初登場するシーズン11。
個人的には、ここから急速に「相棒」がつまらなくなったと感じている。(それでも今よりはマシだが…)
当時は異様に神戸の人気が高かった所為もあり、新
>>続きを読む

0

相棒 Season 1(2002年製作のドラマ)

4.8

僕は「相棒」のファンだ。
1話たりとも放送を見逃したことはないし、ブルーレイも持っている。
この頃の「相棒」は最高に面白かった。
ミステリードラマは腐るほどあるが、これほど上質なものは日本では珍しい。
>>続きを読む

0

相棒 Season 2(2003年製作のドラマ)

4.8

1話にして連続快楽殺人犯が脱走したり、特命係が解体されたり、踏んだり蹴ったりな展開が楽しいシーズン2。
好きな話は、ぶっちぎりで「殺してくれとアイツは言った」。
衝撃のラストシーンに開いた口が塞がらず
>>続きを読む

0

相棒 Season 3(2004年製作のドラマ)

4.7

お馴染みのオープニングテーマが初お披露目されたシーズン3。
好きな話は、「双頭の悪魔」と「ありふれた殺人」。
「双頭の悪魔」は、シリーズ史上最長のストーリー。2時間スペシャルから続き、翌週で解決するか
>>続きを読む

0

相棒 Season 5(2006年製作のドラマ)

4.8

映画化に向け、なんとなく製作費が増えたように感じるシーズン5。
好きな話は、ダントツで「バベルの塔」。
要するに「ダイ・ハード」なのだが、一瞬も緩むことなく持続するサスペンスは、本家に匹敵するレベル。
>>続きを読む

0

相棒 Season 6(2007年製作のドラマ)

3.5

明らかなネタ切れと劇場版を意識し過ぎた構成に、初めて面白くないと感じたシーズン6。
好きな話は、「新・Wの悲喜劇」。シーズン6では唯一の輿水脚本であり、唯一遊んでいる話。
初の映画化で浮き立つファンは
>>続きを読む

0

相棒 Season 7(2008年製作のドラマ)

3.9

亀山くんの卒業、相棒なしの「相棒」、突然の新相棒、そしてオープニングの歌…全てがファンを驚愕させたシーズン7。
亀山くんの卒業はシーズン7放送前に既に告知されており、全相棒ファンを混乱させた。多くのフ
>>続きを読む

0

相棒 Season 8(2009年製作のドラマ)

4.0

二代目相棒・神戸尊が本当の相棒になるまでを描くシーズン8。
オープニングも大人っぽいアレンジとなり、天才×熱血バカという分かりやすい構図であった亀山相棒から一転、天才×秀才とでも言うべき頭脳派なドラマ
>>続きを読む

0

相棒 Season 9(2010年製作のドラマ)

4.2

シーズン中に劇場版を挟み、しかもその中で最重要キャラクターが降板するという異例づくしのシーズン9。
若干スコアを高めに設定したが、それは相棒史上最高の鬱回と名高い大傑作「ボーダーライン」に対して。
>>続きを読む

0

金田一少年の事件簿 学園七不思議殺人事件(1995年製作のドラマ)

4.2

全てはここから始まった。
原作第一話のオペラ座ではなく、あえてコチラをドラマ化した理由が気になる。

0

太陽は動かない -THE ECLIPSE-(2020年製作のドラマ)

4.8

MOZU製作チームによる香港ノワール風アクション超大作。
オレはMOZUを観るためだけにWOWOWに加入したが、またしてもこんな傑作を観れたのだからWOWOWさんには感謝しかない。
フィルマの平均点も
>>続きを読む

0

世界は3で出来ている(2020年製作のドラマ)

4.0

ワンシチュエーションのお手本のようなシナリオで、尺も短くて見やすい。
「バッテリー」を劇場で観て以来、林遣都くんのファンだけれど、彼は本当に素晴らしい俳優だし、もっと評価されるべき。
DVD化や配信の
>>続きを読む

0

相棒 Season 10(2011年製作のドラマ)

3.9

二代目相棒・神戸尊が早くも卒業したシーズン10。
1話目にして、土ワイ時代からのレギュラー花の里女将の益戸育江さんが降板。全相棒ファンを絶望させた。(その後の益戸さんご本人の行動は更に我々を絶句させた
>>続きを読む

0

相棒 Season 14(2015年製作のドラマ)

1.8

四代目相棒・冠城亘が初登場したシーズン14。
「GTO」のイメージが強く、中々ヒット作に恵まれなかった反町さんだったが、これまでのどの相棒とも違ったキャラの冠城を、コミカルとシリアスの絶妙なバランスを
>>続きを読む

0

相棒 Season 13(2014年製作のドラマ)

1.0

衝撃の最終回が物議を醸しまくったシーズン13。
好きな話は、「苦い水」。片山雛子の新たな一面を描き、初期からのファンを驚かせた。それから、正月スペシャル「ストレイシープ」の長回しは圧巻。寺島進扮する最
>>続きを読む

0

相棒 Season 15(2016年製作のドラマ)

1.6

米沢の枠に青木が加入し、新生「相棒」スタートのシーズン15。
いよいよ観るのがしんどくなってきた。散々引っ張ってきた社美彌子との対決が描かれる最終回も予想以上に退屈で、好きな話は一つもない。
因みに僕
>>続きを読む

0

相棒season16(2017年製作のドラマ)

1.3

ついに放送300回を突破したシーズン16。
クオリティダウンは留まるところを知らず、日に日につまらなくなっていく。
好きな話は特にないが、賛否両論だった最終回「容疑者六人」は、個人的には嫌いではない。
>>続きを読む

0

相棒 season18(2019年製作のドラマ)

1.0

史上初の花の里不在のシーズン18。
好きな話は一つもなく、個人的には史上最低のシーズンだと感じた。
右京の不調を花の里の所為にするシナリオも最低。更に無理やり花の里の代用品を用意する雑な展開には、開い
>>続きを読む

0

透明人間(1996年製作のドラマ)

4.0

「愛の言霊」とか、香取慎吾のケツとか、スケールのデカいピグマリオン計画とか、全部好き。

0

相棒 Season17(2018年製作のドラマ)

1.8

大木長十郎役の志水さんを追悼するテロップで幕を開けたシーズン17。
冠城相棒の中では、比較的好きな話が多いシーズン。
特に好きなのは、「バクハン」と「刑事一人」。(どちらも真野脚本回)「刑事一人」では
>>続きを読む

0

相棒 Season 4(2005年製作のドラマ)

4.7

シナリオに古沢さんが参加し、バラエティに富んだストーリーが楽しめるシーズン4。
好きな話は、「殺人講義」と「ついてない女」。
「殺人講義」は、日本のミステリードラマでは珍しい見事な倒叙推理もの。
「つ
>>続きを読む

0

相棒 Season 12(2013年製作のドラマ)

3.4

面白い話もあるっちゃあるが…なシーズン12。
かなりどうでもいい話が多く、いよいよマンネリ化が避けられなくなってきた。
そうした中でも、「待ちぼうけ」は屈指の名作。脚本の古沢さんは、「コンフィデンスマ
>>続きを読む

0

鉄の骨(2020年製作のドラマ)

3.6

面白いには面白いが、池井戸ドラマはやはりクセの強い福澤演出があってこそだと感じた。

0

コタキ兄弟と四苦八苦(2020年製作のドラマ)

4.8

演出も脚本も役者も主題歌も全てが良く、傑作としか言いようがない。
海外には面白いドラマが山ほどあるが、これは日本人にしか作れないだろう。
最後の最後のオチもお見事。

0

キャッスルロック2/キャッスルロック:ミザリー ~殺人へのシナリオ~(2020年製作のドラマ)

4.5

面白いかどうかはともかく、オレは大好き。
シーズン2の方が全体的に出来が良い気はするが、シーズン1の7話のようなぶっ飛んだエピソードがなかったのは残念。
最終的に「ミザリー」に繋がるのは分かりきってい
>>続きを読む

0

不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事(2020年製作のドラマ)

3.2

テレビでぼーっと見るのに丁度良い、2時間サスペンスと映画の間くらいの面白さ。
シリーズ化する気満々だが、このスタッフ・キャストで連ドラは無理そうなので、2年に1回くらいスペシャルでやるんじゃないかと思
>>続きを読む

0

マンダロリアン(2019年製作のドラマ)

5.0

仮面を被ること、血統ではなく精神性を継承すること、言葉よりも行動で示すこと、掟に忠実であり続けること。
EP7〜9のアンチテーゼにさえ思える「マンダロリアン」は、英雄譚でも神話でもないが、間違いなく「
>>続きを読む

0

おっさんずラブ-in the sky-(2019年製作のドラマ)

4.0

最終回には納得出来ないけれど、やっぱり僕は「おっさんずラブ」が好きです。

0
>|