風雅さんの映画レビュー・感想・評価

風雅

風雅

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

『マーベル映画初の本格的なサスペンスでミステリーな内容の作品である。』

誰だよこれ言い出したの…

本格的なサスペンスやミステリーに謝れよ…

謎もほぼない、どんでん返しもない。

また、既存のマー
>>続きを読む

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

別にどれが先とか模倣とかそういう話をしたいのでは全然ないのですけど、
『タイムループもので原因がわかるけど最初のはフェイント』のくだりがお約束過ぎちゃうのと、
『この人伏線ですよ』はもう少しさり気なく
>>続きを読む

劇場編集版 かくしごと ―ひめごとはなんですか―(2021年製作の映画)

3.6

テレビアニメを先に見ていたら併せて4点。

映画だけではどうしても拾いきれないエピソードがある。

そして、気付いたら本放送から二年経っていた私はまたラスト付近の展開を綺麗に忘れてて、どこが新規カット
>>続きを読む

仮面ライダー555(ファイズ) 20th パラダイス・リゲインド(2024年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんて言うか『あの作品の続編を作れと言われたら』で出来る最大限の仕事をした、という感想。

『何故か生きてた草加』とか、笑うべきなのか微妙な案配なのも僕としては555らしいなあ、と。

胡桃玲菜も最後
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

例によって何も調べずに行ったので墓場鬼太郎みたいなオリジナルだと思ったので
六期鬼太郎のユニバースだとは思わなかった。

最初に転がってった球がちゃんと伏線だったのはお見事。

まあ、黒幕とかはある程
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.0

文句なしのエンターテインメント映画。

一時期やたらと持ち上げられていた押し付けがましい多様性アピールもなく、
各キャラクターたちに対するリスペクトも忘れず(アシリパさんの顔芸再現度エグい)、
グロテ
>>続きを読む

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

『本作でラスト』みたいな声も聞いてたし、似たような『シリーズ最終作』で割とバッドエンドな映画も観たので最後まで
『本当に死んでいる説あるよな』と思いながら観てました

けどまあやっぱり生きてるよね。
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


女性で黒人の007の登場、
相手を選別できるナノマシン兵器(カウボーイビバップはかなり前から描いてたが)、
そういう新時代を描きつつ、
ちゃんとベタなボンドガールも出してくれるのは嬉しい。変わるもの
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まだ観てない人向けには

『観終わったらそのままジャンカラ予約してそのまま行って紅を友達と歌った』

だけ読んでくれて観てくれたら良いです




観た人向けには


まず、綾野剛が非常に良い。
不気
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

大体この手の映画は『才能がある人は狂気も孕んでいる』みたいな感想を述べることが多いのだが、
このどの道も上手く行きかけて全部人間関係苦手でポシャる展開の連続はしんどいし、
ギリギリ社会という枠に収まる
>>続きを読む

劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [後編] 僕は君を愛してる(2022年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

10年前よりは明快に感じたな、と思ったのもクライマックス手前までで、
やっぱり観終わってから解説サイトをウロウロすることになる。

そういうのの何がいけないって、どうしても考えることに脳が割かれてしま
>>続きを読む

劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [前編] 君の列車は生存戦略(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

当時、理解できなかったけど、HHHは今でも聴くぐらい好きだし、アートワークの唯一無二な感じとか杉並区の景色、
『生存戦略、しましょうか』のフレーズの強さが心にずっと引っかかっている、そんなピングドラム
>>続きを読む

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カネ持ちキャラがただの悪役の枠を超えた良さが光っていたと思う。
しかしエクスペンダブルズ3に続いて強敵かと思ってたら割と後半ヘタレキャラというパターンだった気がするな

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

とうとう女性キャラなしでずっとおっさんだけになったかと思った。

ヴィランがね、GPSあたりまでは凄い切れ者だったのに
後半急にバカになるのはどういうわけだ。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

普通にヒーロー映画として良かった


ただまあ、色々と映画本来の面白さではない部分での価値を持たされすぎた映画だったなと当時を思い出すと感じます

青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

んー、前作と併せて『後日談』という趣が強い。

いや、しっかりどちらも泣いてしまっているので、
決して駄目ではない。

ただ本編の『何故こんな現象が?』からの
『思春期特有のこの感情からかあ』という
>>続きを読む

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

3.5

ひたすらに豪華なアクション大作
前作よりヒロインが好き

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

3.5

何も考えずにスカッとするアクションが観たかった
完全にその通りだった。
強いて言えばヒロインが好みじゃない

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年製作の映画)

3.0

平成ガメラより後の作品のはずなのになんでこんなチープなんだろう…
後半になるにつれマトモになるので予算のかけどころの話だろうか。


『なんで英霊が日本を襲うんだ』の後の超適当な解釈を始めとする雑な設
>>続きを読む

クレイジークルーズ(2023年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

細かい感想はまた後で

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/124790

とりあえず宮﨑あおいが温泉不倫される役なの当て書きだろ

『お客様!』『お客
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

何て言うか・・・外国人が日本の特撮観ると

「何故変身してる間に待つんだい?」

「何故いちいち名乗るんだい?」

「何故最初から巨大化しないんだい?」


みたいなツッコミをするとか聞いたことあるけ
>>続きを読む

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1(2017年製作の映画)

3.0

下記は一作目だけを觀た時の感想。

その後、アネモネ観て見直した!
となり、
完結でああ…うん…となりました。






序盤の素晴らしさは本編を観た前提なら確かにファン必見かなと。

その後の話で
>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.5

とりあえず、出てくる面子の個性がとても良い。
経営と映画好きのバランスが取れたスポンサーと
ただ乳が見れればいいエロオヤジなスポンサー。
映画基地外はジャック・ブラックだけかと思いきや周りの面々も
>>続きを読む

アイアン・スカイ(2012年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

んー、つまんない・・・とまで・・・言っていいな、俺の中では。

月の裏側に隠れていたナチスが宇宙船で攻めてくる!

って一行で書いて面白くならないわけ無いじゃん?

でもそんなに面白く無い。

多分映
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.8

未だに『ハロゥミスターゴードン』って囁きが脳内再生される

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

熱血お仕事物って感じでもないし、
爽快感もあるっちゃあるけど、
どこに感情移入するかにもよるとは思うけども、
後味も不思議な食感だし…


ただまあ、仕事するにしても本を読むにしても、
面白くなきゃ意
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この手の煽りで『みんな騙される』って書いてあるやつはどうにも仕掛けを考えることに頭の何割か持ってかれながら観るのが良くない。

能年玲奈が最初からずっと阿部寛の正体を知ってて最後は金を全部持ち逃げして
>>続きを読む

マーベルズ(2023年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最初に

『また宇宙か』


いや、量子世界は宇宙ではないのだけど。
ガーディアンズオブギャラクシーで宇宙が舞台なのは当たり前だったのだけど。
ブラックパンサーも海底が舞台の半分でしたよね。
ラブ&サ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.3

事前に誇張して宣伝しすぎた作品(当時)。いい加減この手の映画も出揃ってて、意外性とかそういうのはなかった。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『何も考えずに観られる』と『伏線回収にハッとする』塩梅が丁度良い。
ずっと『この弟はいつ出てくるんだろう』って思いながらずっと観てたし、
『突然出てきた大佐はなんなんだろう』とか
『あれ?捜査官が会計
>>続きを読む

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

何も考えずに素敵なトムホランドの活躍が観られる映画。
空飛ぶ船はなかなかロマン溢れる演出だった。
あとバーテンアクションもイケてた。

絵葉書の防水処理どうなってんだよ。
トム・ホランド、強すぎるだろ
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

山崎貴はユアストーリーみたいなこともやりかねないので、駄作なら駄作でいいや、ぐらいの気持ちで観に行ったが

全然良かった。作劇がどうしてもベタで典子生存とか、
脱出装置とか(ただ、ギリギリまで私は気付
>>続きを読む

>|