TomoakiTozawaさんの映画レビュー・感想・評価

TomoakiTozawa

TomoakiTozawa

5...人生のバイブル
4.5...コレクション入り超傑作
4...なんていい映画なんだ
3.7...すげー作品なんだけど、再度見るのを躊躇われる作品
3.5...いいね!
3...普通
2.5...地上波でやってたら見る可能性有
1…二度と見ない

例4.3とかなら反復したら4.5になるかもしれないってことで

映画(255)
ドラマ(1)

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

これはおもちゃの物語ではなく、ウッディの物語だった。

あくまでも人に寄り添っていたおもちゃの話しだった今までの話から、先に進めたのがこの物語。

蛇足では決してなかったけれども、3の終わり方はやっぱ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

フェイズ3のラストにこんなに甘酸っぱい青春がぶちこまれるとは思ってもみなかった!!みている全員ムズムズしたに違いない!!

スパイダーマンというヒーローは、ヒーローとしての在り方に葛藤し続ける存在。そ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

2.5

こんなにつまらないストーリー展開なのに、なんか最後まで見ちゃうっていうコンテンツ力の凄さかすごい。

ドラゴンボールって理屈じゃないのかもしれない

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇(2008年製作の映画)

3.5

お前が信じる、お前を信じろ!!!

こんなに痺れるセリフもない。
総集編としての劇場版。それってどうなのよって思ってきたけどこんなに見事にまとめられるとすげーとしか思えませんな!

正直すっぱり内容を
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

4.0

わけもなく星を眺める時はないか


これって名言ですね。吹替版で観たんだけど子どもの頃の記憶が蘇ったのか楽しく鑑賞できた。字幕だけが良いわけじゃないということを再発見。

ストーリー展開も一作目より好
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

2.0

開始直後から飽きてしまった。吹替だったからかも。これは字幕で見たほうがいい

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

4.0

ストーリー展開の早さ、コミカルなやりとり、何より主役2人のはまりっぷりったらない。久しぶりに見たけど色褪せない面白さがあった!

メンインブラックを初めて見たあとは周りの人間がもしかしたら、宇宙人なん
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.3

ゴジラへの愛しか感じない!!

随所随所にゴジラへの深い愛情と尊敬が注がれた作品。これはハリウッドにしか作れないな…という唖然とする映像美を堪能できました。

ゴジラを原初の神とした様々な怪獣たちをガ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

ストーリーはいつも通りながら、スタントの話を聞くたびにやばない?と唖然とさせられます…。同じ人間なのでしょうか…


4.5のように頭から駆け抜けるアクションがどうやら好きだったようで今作はそこまで熱
>>続きを読む

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

4.0

昔からロボット、アンドロイドという存在に憧れを持っていた自分としてはとても面白く見ることができる映画だった。

どうしても、この手の映画は悲しみが一番に感じられてしまうことが多かったが、この映画ではぬ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

痛快で面白い!
ヴェノムとの関係性が徐々に変わっていくのと、意外なコミカルさが見ていて飽きなかった。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.0

うーん、あまり魅力溢れる感じではなかった。MCUの中では好みではない作品。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

シリーズの全てを通しての評価として。
間違いなく映画人生のなかで最も濃密な3時間という瞬間を過ごせた。

言葉はいらない。
これが全てです。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

正義の重さは等しくない。

中盤まではとても面白く見れた。二宮の迫真の演技と、キムタクのいつもとは違うこもる演技に息を呑みました。

ニノってすげえんだな…と驚嘆した。演技派と言われて久しいけれども、
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

いやー部活ってこんなにキラキラしたものだっけかーという眩しさで直視できないくらいのTHE青春映画でした!

ちはやふるの原作も読んでいますが、完成度はすごかった!こんなに忠実にできるもんなんだな…と感
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

こんなにも静かに胸を熱くしてくれる映画は初めてでした。エンドロールからこの映画への愛情が止まりませんでした。

時代とはいえ、歴史とはいえ、人間ってこんなにも残酷になれるんだなと思う。肌の色が違うって
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣(1996年製作の映画)

3.0

人間の浅ましさゆえの報い。
それをわかりやすく表現してくれているのがこの映画。ずいぶん昔に観たことがあったけど、印象深いものです

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.3

アベンジャーズの全てを紐付けるキーになる作品としてもう完璧っ!最高のマーベル作品でした。

ヒーロー映画の第1作はどうしても少し退屈を感じる瞬間を感じてしまっていましたが、今作はサスペンス要素とコメデ
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

4.0

最高のファン映画。それゆえに正当な評価は無理です!
ストーリーはもちろん、最後の戦闘での感動ったらない。思わず瞳が潤んだ。
ARにしてもVRにしても、全てがありえないことではないと思えることこそがこの
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

やっぱりロボットが暴れるってのは最高!
ただ、映画としてのエンジンがかかるのが遅く途中まで退屈を感じてしまったのがもったいない。
ストーリー展開はなるほどそういう流れか!と納得。怪獣の圧倒的強さは良か
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道(おうどう)(2017年製作の映画)

4.0

やっぱりすごいアニメだったと感動を覚える。
ラストは涙腺を突かれます。

この物語の何がすごいってラスボスの先に裏ボスがいてラストには真ボスまでいること。アニメとしてここまで詰め込まれたものが面白くな
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

4.0

海賊と呼ばれつつも、根底にあるのは日本国繁栄のため。魂に恥じない生き方をした男の話です。

原作のファンなのである程度は贔屓目に見てしまう笑
岡田くんが見事なまでに演じ切っているなーとおもう反面どうし
>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

3.0

相変わらずユーフェミアの話は苦しくなる。中盤からは話も複雑になるのに、省略が多すぎて一度見たことのある自分でもわからないと感じることがあった。

そこがなあ。もったいない!

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

3.5

とてもよくできている!これが初めて見るものだったとしても筋書きは大まかにわかる。

ただもちろん、作品のファンじゃないと十分には楽しめないでしょう。アニメ映画の総集編ってそういうことですよね。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

想像より悪くはなかったんだけど、実写化するなら想像以上じゃないといけないんだよなあ…っていう日本の実写化について回る感想しか出てこない。

それにしても小松菜奈はいい雰囲気出してました。

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

3.5

胸がほっこりする映画No1ではないでしょうか。最後は少しグッときます。

高校生という瞬間はやはり人生のなかでも特別な時間なんだなと思い起こせる

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.5

素敵な映画だけどなんども見たくはならないのは何故でしょう。オームが好きじゃないんだよね

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

この映画での衝撃は忘れない。最高のファンタジー映画の1つだと思います!

>|