Chieさんの映画レビュー・感想・評価

Chie

Chie

ムクドリ(2021年製作の映画)

4.0

●幼い娘の死に向き合えますか

○2021年のNetflix独占作品。

突然娘を亡くした夫妻。夫はそのショックで精神病院に入院。妻は週1で面会に行くが、中々向き合えないでいる。

病院の帰りにカウン
>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

3.7

●自分の能力を引き出すドラッグ?

○スランプに陥っていた作家は、道で偶然会った元嫁の弟からある薬をもらう。

人間の脳は通常ほとんど使われておらず、そのリミッターを外せる薬だという。

その薬で研ぎ
>>続きを読む

マイティ・ウクレレ(2010年製作の映画)

3.5

●上手くなくても弾いてるだけで楽しい!ウクレレの歴史と切り開く可能性

○ジェイク・シマブクロさんの演奏から始まり、ハワイにまつわる歴史や、手軽に弾けることで広まった時代、お笑い芸人が弾いたことで衰退
>>続きを読む

トムとジェリー シャーロック・ホームズ(2010年製作の映画)

3.3

トムとジェリー懐かしい。

シャーロックホームズが思ったよりおじさん…

トムジェリの喧嘩が、ちょっとしつこい感じはしたけど、世界観は良かったし、ジェリー可愛かった。

ダイヤを盗むために泥棒が使って
>>続きを読む

穴/HOLES(2003年製作の映画)

3.5

●一族の呪い!?少年矯正キャンプで毎日穴掘りする理由は…

○窃盗犯の濡れ衣を着せられてしまった主人公は、不運に見舞われたと、一族の呪いのせいにする。

刑務所の代わりに送られた施設では、日陰もない暑
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

4.5

●何かの才能があったら、どうやって上手くなる?

○公園での賭け事をみてチェスを覚えた少年。その才能を知らないお父さんに「わざと」負けられるくらいの腕前の持ち主。

タイトルのボビーフィッシャーは、伝
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

●どこにいても希望を持てますか。

○あらすじ
無実の罪で無期懲役になった主人公は、刑務所内で様々な目に合いながらも希望と友人たちを見つけていく。はたして、刑務所にいる現実のどこに希望を見つけていくの
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.7

ゆきさんの「ホラーでもグロでもない」との言葉に後押しされて、ちょうど映画を探していたタイミングだったので、先ほどおすすめされて、そのまま視聴!

ジャケ写が暗い雰囲気なので、晴れた日に赤い車に乗ってい
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

5.0

評判は聞いてましたが、これはとんでもない名作に出逢ってしまいました…

開始10秒で名作とわかり、それから3分後にはまた見たい作品になるんだろうなと確信。

Queenなどの有名曲を自然に使ってて、こ
>>続きを読む

ロンドン・エディンバラ・ロンドン(2016年製作の映画)

3.5

●5日間でロンドンからエディンバラまで往復する1400キロのロードバイクレース。

○4年に一度開催されるロードバイクレース。途中あるチェックポイントでハンコをもらい、睡眠と食事を取りながら先へ先へと
>>続きを読む

インスタントカメラ(2017年製作の映画)

1.0

●使いかけのカメラに残る記憶

○リュックから出てきたインスタントカメラにまつわるショートフィルム。

■感想
演出とはわかっていても、15分の尺の中でブチブチ途切れる音楽が永遠に続くのはストレス。味
>>続きを読む

チェコ・スワン(2015年製作の映画)

3.9

●私達、バレエを踊りたいっ!!!

○プロのバレリーナにバレエを教わることになったチェコのおばちゃんたち。ダンス歴は12年。テレビでも踊ったことがある。全部自己流の振り付けや踊りは、なんだか可笑しくて
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

5.0

●映画の中の音楽の役割

○映画監督の意向を聞きながら作曲家がイメージを形にしていく。例えば「ジョーズ」は音楽が無ければ怖くないし、映画がなければ聞きたくないような不快な音を出している。

そんなふう
>>続きを読む

ヨーヨー・マと旅するシルクロード(2015年製作の映画)

4.0

●楽器ならなんでもござれ!各国の楽器の名手と奏でる芸術への哲学

○チェリストのヨーヨー・マは、各国を周りマイナーな民族楽器の名手を集めてコンサートをする。新しい試みには賛否両論あったが、9.11を契
>>続きを読む

星に想いを(1994年製作の映画)

5.0

●本当のジーニアスは誰?恋をアシストするアインシュタインと仲間たち

○自動車整備士が恋に落ちた女性は、アインシュタインの姪(婚約中)だった。

すっかりおじさまたちに気に入られた自動車整備士は、手助
>>続きを読む

写真甲子園 0.5秒の夏(2017年製作の映画)

3.6

●写真甲子園って知ってる?北海道の町おこし

○いわゆるウォーターボーイズの写真部版。弱小写真部と、関西の女の子たちの2チームが話のメイン。

予選を勝ち抜いた18校は、北海道の東川町に集まる。3日間
>>続きを読む

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)

3.7

●他人になりすました「創作」

○伝記を書く作家として活動している主人公(メリッサ・マッカーシー)は、悪態をつくことも相まって自分自身の名前を売るチャンスをことごとく逃してきた。そのため、ほぼ無名の彼
>>続きを読む

ベニシアさんの四季の庭(2013年製作の映画)

3.7

●庭を育て、癒され、学ぶ。

○貴族の娘として育ったベネシアさん。そこでの価値観に違和感を覚え、単身インドへ行き、最後は日本へ。色んな所に住んだが、今は京都に暮らしている。

英会話スクールを開設し、
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.6

●のびのびと絵を描いてる?

○人が描くラクガキで成り立っているラクガキングダム。ここ数年、どんどんその落書きは減ってしまった。このままでは国が滅びると危機を感じた防衛大臣は子供たちにむりやり描かせよ
>>続きを読む

写真家 ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと(2012年製作の映画)

3.8

●写真にならない物はない

○出来るだけひっそりと暮らしてきたソール・ライター。写真を撮っても、整理が苦手で写真集などもそこまで意欲的に出してこなかった。

雨粒のついたガラス越しの写真が有名だけど、
>>続きを読む

旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス(2012年製作の映画)

3.7

映画鑑賞も8月24日に100本目を達成しました!そこで、101本目からは多趣味なことを活かして映画を探して行けたらと思っています。

具体的には、アルトサックス、ウクレレ、油絵や水彩画(筆のタッチがみ
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

5.0

🎉記念すべき100本目🎉

100本目は、これを見ると決めていました!!ラブ・アクチュアリー!!!

大好きなコリン・ファースと、ビル・ナイが出ている上に、ブリジット・ジョーンズの日記の脚本家の作品。
>>続きを読む

ニューヨーク・ストーリー(1989年製作の映画)

3.5

スコセッシ監督「ライフレッスン」
●おっさん、いい加減にしろ

○個展を三週間後に控えるも、スランプが続く中年画家。そんな中、わざわざ空港に一人の若い女性を迎えに行く。

助手を迎えに行くと言っていた
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.4

●オバケっているの?いないの?オバケ研究者たちの奮闘記

○ゴーストバスターズは、歌しか知らないので、大好きなメリッサ・マッカーシーが率いる女4人のコメディとして楽しめました。本家を知る人はどうかな…
>>続きを読む

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

5.0

●生きやすくなるためのヒントを探す旅

○好きな言葉を書いているノートが2ページびっしり埋まるくらいには刺さったので、満点評価。ぜひ、また見たい!

○新しい場所で何かに驚きたくて、日常を捨てて旅に出
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

●正体不明の男を取り合う正義と悪。彼は何者?
※まだ公開されていない続編があるため途中で急に終わります

○ハリーポッターに出てきた人物名や、なつかしの魔法たち…やっぱり嬉しいですし、ワクワクします。
>>続きを読む

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

3.4

▲みんかい?選定頂いてたのに、フライングで見てしまった人です…すいません汗

一回消したんですが、もう上げちゃいます!うっかり!ごめんなさい!

コメント欄にいらっしゃる「文鳥様」さんのプロフィール欄
>>続きを読む

ザ・ワーズ 盗まれた人生(2012年製作の映画)

3.4

●無名の作家が未発表の名作を偶然手に入れたら…

○昨日見た「ナチスの愛したフェルメール」に引き続き、創作の苦しみの話。(偶然)

○盗作する際、原稿を一字一句変えずに正確に打っていく。その作業を名作
>>続きを読む

ナチスの愛したフェルメール(2016年製作の映画)

3.5

●画家としての才能はあるのか。贋作と芸術の間で揺れる男の半生。

○フィルマの評価は低かったけど、油絵が趣味なのと、フェルメールが好きなので鑑賞。筆のタッチがアップになるシーンもあって、面白く見られた
>>続きを読む

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?(2004年製作の映画)

3.6

●新しく何かを始めてみませんか?

○リチャード・ギアの、多くを語らない控えめな演技に何とも癒やされた。

○仕事終わりにスーツのまま踊る姿、正装…素敵でしたね…!!
特にエスカレーターで迎えに来ると
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.1

●超能力者は、本当にいるのか!!?

○超能力者と、それを暴く大学教授たち…堤幸彦監督の「トリック」ファンとして、見ずにはいられなかったこの作品。だって、題材が同じじゃないっっ!

結論から言うと、前
>>続きを読む

泥棒は幸せのはじまり(2013年製作の映画)

3.7

●節約パパがクレジットカード詐欺をはたらいた女を捕まえに行く話

○詐欺師は見た目も特徴的だし、あっさり見つかるんだけど、とにかくピンチに慣れていてスルッと逃げ出すのが上手。

○話の筋は、よくある話
>>続きを読む

サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~(2021年製作の映画)

4.5

●無鉄砲+ガリ勉=どんなスーパーヒーロー?

○個人的に、めちゃめちゃツボにはまった映画でした。メリッサ・マッカーシー節が大炸裂。

○特殊能力を持つ悪人に対抗するため、日々研究が進んでいた。

その
>>続きを読む

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

4.0

●捨てる側と、捨てられる側。断捨離しても捨てられなかったものとは…

○「バッド・ジーニアス」と主演が同じだった。タイ映画2本目なのに笑 ちなみに、彼女はこの2本しか出てないみたい。

○物を一ヶ月く
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

4.2

●全ての学びは音楽の中にある

○ピアノ界の巨匠であるシーモアさんが早期に演奏家からピアノの先生に転身する。

○ある演奏家が(観客に)簡単そうに弾けてすごいと度々言われるけど、何千時間も弾いてるから
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

●父の冒険譚を作り話と決めつける息子と、父の過ごした日々

○ビッグフィッシュっていうタイトルが、映画が終わってみるとすべてが繋がって、ジーンと来る。

○好きな女性へのアプローチで、庭を睡蓮で飾った
>>続きを読む

>|