Filmarksさんの映画レビュー・感想・評価

Filmarks

Filmarks

ジェームズ・ボンドとして(2021年製作の映画)

4.0

「十数年を費やした役と精神的なつながりができた

その役から離れるのは複雑な気分だ

でも もう大丈夫だと思う

本当だ この映画が完成したんだから

今は心から 大丈夫だと思える」


感謝

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.8

“I know... I know...”

“His name was Bond, James Bond.”

“The proper function of man is to live, not
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

再鑑賞 2021年10月12日
Amazon Prime Video

お洒落なオープニングにかつての登場人物チラだしするだけで、イマイチだった過去作の印象も歴史修正的にあれはあれでよかったのだ、とな
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.0

再鑑賞 2021年10月7日
Amazon Prime Video

ようやく近年の隙のない超大作映画感が出てきた

画が綺麗

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.0

再鑑賞 2021年10月7日
Amazon Prime Video

アクションはすごいけども、なんかまとまりない感

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.5

再鑑賞 2021年10月6日
Amazon Prime Video

総じてボンドがやんちゃすぎる

今からすると色々ポリコレいけてるのか心配なる

冒頭パルクールチェイスシーン、スマートにショートカ
>>続きを読む

ボーダー(2008年製作の映画)

3.0

演出がすぎる
トラヴィスキャラも相まってむしろ怪しさ満点
1周回って犯人そのままの方がまだ意外性あったかもしれない

アル・パチーノはポール・マッカートニーそっくりだな

インサイド・マン(2006年製作の映画)

2.5

何にフォーカス当てて楽しめばいいのかわからんかった

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.4

サスペンスの皮をかぶったゴリゴリに深く重い映画

最後に電話をかけたのは、妻か遺族か当局か。いずれにしろ、回心の方向性の電話なのだろう。殻から外へ踏み出すラスト

「ケアすること」は「ケアされること」
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.0

自分でもよくないと思いつつ全方位に終始イライラ

4歳児のわがままは仕方ないとしても、声やワードチョイスには違和感しかない。4歳児目線にこだわるならそこもこだわってよ。おおかみこどもは完璧だったじゃん
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.0

役所広司がいい

異界から初めて渋谷に戻ってきたところから急にいい映画感が出てきた

テーマ設定とその描き方の両方に納得できた初めての細田作品。これまでは、一見良さげなテーマでも、造り手を信用していい
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.5

母は強し、だけれどもさすがに花は色々強いられすぎでは…

なにもキャラクターにそこまでさせなくても…つらすぎでは…と終始思ってしまった
デフォルメ、フィクションにしても、もうちょい親子、姉弟の別れをき
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.0

再鑑賞 2021年8月16日
Amazon Prime Video

冒頭相席食堂で笑った

前作からうってかわってのメジャー感
ドキドキワクワク楽しいがなぜかイマイチ乗り切れない

武田家、真田家を
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.2

これ観ると「1917」の塹壕がめっちゃ衛生的で、土嚢も整然と積まれ、通路も幅広いようにみえる

みんな捕虜と仲良くなってて不思議だった
他の戦争でもあったのか気になる
塹壕戦特有の現場の連帯感的なもの
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.4

絵、動き、声質、喋り方が全部ハマっててとにかくめっちゃいい

不可逆的時間の尊さ、今と向き合い引き受け前進する、的な感じの内容はめっちゃいいけど、もう一押し何かが足りない感じもしてしまったのはなんでだ
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.2

再鑑賞 2021年8月13日
Amazon Prime Video

つらすぎる

アパムが一線越えた/越えざるをえなかったとこが1番こたえたかも

諸々違いがあるとはいえ、銃後含めて戦死者報告にあれ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

食い気味精密ドク射撃はさすがに草

あとは

渾身の“......Yeah”
熱烈にんじゃり板前師弟
執拗なガラス破壊

くらいしか笑いどころがなかった
今までが笑えすぎたのか

ジミー出てこなかった
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

再鑑賞 2021年8月13日
Amazon Prime Video

“You working again?”
“I'll see you, Jimmy.”
“Are you here for the
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

再鑑賞 2021年8月12日
Amazon Prime Video

“Good night, John.”
“Good night, Jimmy.”
“With a fuckin' pencil!”
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.5

人類史上最も無理難題な任務だったのでは笑

そりゃあ陸海ともにロシア側の協力者いないと成り立たんわな(いても無理

アメリカの政治・軍事を描く映画において、あくまで前提は他国の内紛であるという設定は、
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.5

個人的シリーズ最高傑作

内向きなアメリカというか、シリーズ初、内省的な内容になってた感じがよかった。かなり思い切った方向転換なのでは

ベトナム戦争、民間軍事会社、退役軍人の闇などなど

これまでの
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

2.5

やたら攻撃的

電話かけながらドローン爆撃はさすがに悪趣味すぎでは…

コラテラルダメージガン無視かつ取り逃がすあまりにお粗末すぎる冒頭爆撃もちょっと…

イギリス、指揮権どうした

各国首脳のテンプ
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.5

再鑑賞 2021年8月10日
Amazon Prime Video

「ホワイトハウス・ダウン」より、米国、テロリスト共にも物量が上だった

核と人質は共通

地下深くのPEOCからでも主人公が携帯で
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.5

イキりハッカー、堂々退場す(爆散

悪役の魅力に欠ける気が

大統領はロケランぶっぱなしてたり、リンカーンに2発目の弾丸食らわせてたりでよかった(よくない)
リンカーン暗殺をジョークにしていいんだな笑
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.5

パンチ力わろた

人種、年齢の幅を違和感なく拡げるあたりがさすが感。極めつけはアバターとして生きることの肯定という

構造が複雑

観客
作者
作品
実在演者↔劇中登場人物
実在演者↔劇中劇プレイキャ
>>続きを読む

グレート・ハック SNS史上最悪のスキャンダル(2019年製作の映画)

4.2

“Can I be manipulated?”

決定論的世界観の中でどうふるまうべきか、テネットを次に見るとよい

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

ギャグ線高い

SMOLDERING INTENSITY

コメディ版アバウトタイム的な、世界が尊く思える普通にいい話だった(キリッ

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のヒットは必然?トレ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

2.5

その銃はこの世のもんやろがい笑

結構えぐいことなってたのでちゃんとハッピーエンドになってよかった

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

4.0

ワイルドスピード サモア連結車編
「お前も超人にならないか」

⚠ACCESS DENIED⚠

ヘリを巻き取る(!)ホブス

ニトロやっとけばとりあえずワイスピ名乗れるやろ感

損得・支配で繋がる人
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

前作ラストの厳重な牢獄からだいぶ緩めなとこに移されてたけど、ステイサムいい子にしてたんやろなあ

もはや定番となった決戦集結時のファミリーによるドムを囲む会、今回は車ごと駆け付けてて、もう次が楽しみに
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.0

“Hey, thought you could leave without saying goodbye?”

アクション全部入りむしろアクションしか入ってない

いつになく目的、動機、流れがよくわか
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.5

クレムリン前で公式活動、インターポールで堂々拷問する米国捜査官

冒頭からビルに突き刺さってる車

テンプレ嫌味英国紳士イジり(イジメ)

スタジアックイジり

レーザーポインター合戦

暴走殺戮SA
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

ホブスの寝返りにはわろた

暴虐の限りを尽くした金庫。被害総額いくらだろうか、リオ市に多額の寄付をしたのだと信じたい笑

単体映画としてはFast1かFast5が1番よくできてる気がする。シーン別では
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.5

一気にハリウッド大作感出てきた

その気になればシリーズものの軌道修正はいくらでもできると思わせてくれた

ただ程度の差はあったとしても現地の人からすれば前作の日本描写と同様、メキシコ描写もテンプレな
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.0

日本ロケハンして気付いたこと面白かったこと全部詰め込んでみました感。必然性が感じられない全てが行き当たりばったり感。

>|