yoshiyaさんの映画レビュー・感想・評価

yoshiya

yoshiya

映画(93)
ドラマ(0)

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.3

とても良い映画でした。最後のシーンは涙が出てきました。

「ずっと一緒だ」

“型”に嵌めることのできない、人間の深い愛と絆を描いた作品です。僕もブローク・バック・マウンテンに行ってみたい!

たぶん
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.6

深い映画だなぁと思いました。

「僕はイエス様が嫌い」、というタイトルだけれど、不思議と映画を観ている間、作品を通して、監督の”神様”に対する怒りは少しも感じませんでした。初めは”神様”に対する監督自
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.5

とても好きな映画です。観終わったあと、心がじんわりあたたかくなる!

WHO ARE!

(おそらく)僕の1番好きな俳優、アル・パチーノさん。彼のこの映画での演技は、数ある映画の中でも光輝いていると思
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.8

美しい映画でした。最初、男の人(主人公)の心情がまったく読み取れなくて、ポンポンと進んでいく急展開(?)に、最後までドキドキしながら観ていました。とってもお洒落。上品。彼のお屋敷を歩いてみたい。車では>>続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.6

クレイジーヒューモア満載の映画!

”アナコンダスクイーズ!!”

ずっと笑いながら観ていました😂
観終わった後、絶対にみんな、彼が大好きになります😎いつまでも心に残る映画のひとつ!

僕もこんな感じ
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.2

とてもよかったです!

映像がとても綺麗で、オープニングからすぐに引き込まれました。知っているストーリーだけど、(特にはじめの方は)ぼんやりとしか覚えていなかったので、とてもフレッシュな状態で観ること
>>続きを読む

プリンセス・ブライド・ストーリー(1987年製作の映画)

4.0

コメディー・ファンタジー・ラブストーリー!
とっても面白かったです!至る所に詰め込まれているユーモアがどれも絶妙なバランスで、何度も笑いました(笑)それにしてもあの巨人はとても優しい☺️
重くなくて、
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.2

大好きなタイプの映画でした。オシャレで、飾っていなくて、主人公の気持ちがとてもよく共感できて。良作です。赤ワインを飲みながら観たい映画。David Bowieの”Modern Love”と共に走るシー>>続きを読む

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

4.1

強烈な映画でした…。

だいぶん前に観た作品なのですが、観終わった後にとても疲れたのを憶えています。300%の映画、盛りだくさん、圧倒的、強烈な違和感、奇妙な興奮、コメディタッチが暗い雰囲気を更に重く
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

4.2

とっても好きな雰囲気の映画でした!

“ジョルジュ・メリエス”、彼の作品『月世界旅行』は、前にYou tubeで観たことがあって、その作品がこの映画のキーとなっていたので、ずっと主人公と同じ気持ちでハ
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.9

完璧に圧倒されました。

余りにも壮大で、美しくて、悲愴な物語。
映像の中に引っ張りこまれました。
中国の華と湖を連想させる、煌びやかで美しく朱い音楽が、今も頭の中で踊っています。鮮やかで繊細な映像美
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.3

とってもあたたかい映画。心がポカポカしたのを覚えています。最高のクリスマス映画。天使大好き。

『ローマの休日』もそうなんだけれど、観終わった後にじわーっとこころの奥から熱いものが溢れて身体を満たして
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.6

観る前に想像していたよりも「やさしい」映画で(笑)、独特な撮り方に心を掴まれました。ユーモアがちょうどいいバランスで全面的に散らばっていて、変な感じで最後まで引き込まれました。引き込まれた? コメディ>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

小さくて、繊細で、美しくて、そして、あたたかい映画でした。

彼が母と共に過ごしたあの時間は彼にとってかけがえのない宝物の時間で、彼は、例え真実がどのようなものであったにせよ、あの時間を、あの空間を、
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.9

オゾン監督の創り出す色彩、風景、空気に包まれたくて、時々、強烈に彼の作品を観たくなります。

ジュネ監督の毒のある歪んだ独特の世界観に浸りたくなるのと同じように、北野武監督の鮮烈で飾り気のない研ぎ澄ま
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.4

真剣になること。一生懸命。本気の美しさ。カッコ良さ。それらを強烈に感じた映画。傷を克服するために、辛さを振り切るために、懸命に前へと進む彼女の姿に強く共感できました。僕も彼女のように生きたい。彼女のよ>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.8

うまく書くことができません。この作品は特別な作品です。カッコいい映画の代名詞。クールな男の代名詞。

マイケル・コルレオーネ。

この作品のアル・パチーノさんが、全映画の全俳優の中で1番好きです。
>>続きを読む

ピアニスト(2001年製作の映画)

4.2

こころを描いた作品だと思いました。虚無を、孤独を、欲望を、快楽で眼を塞ぎ愛を求めるこころを紛らわす彼女の姿、歪んでいて、純粋な彼女のこころに観ていて強く愛が与えられることを望みました。理解してほしい、>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.2

とてもお洒落な映画でした!

Coffee and cigarettes.

シンプルな会話劇。撮り方と間、お互いの微妙な会話と距離が創り出すいい感じに気まずい空気感にガツンと魅了されました。なんだか
>>続きを読む

大日本人(2007年製作の映画)

3.4

ラストシーンで一気に好きになりました(笑)。松本さんのシュールな部分が前面に出ている作品。You tubeで『システム・キッチン』を観た時の感じに似ていました。最初は何が面白いのか本当に分からないんだ>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

4.8

何度観ても、切ない想いになります。なんでだろう? 心がぎゅっと苦しくなる。圧迫されて、押し潰されそうで、淋しい気持ちになる。だけどその中にノスタルジーを感じるんです。暗くて閉じられた雰囲気の中に、淋し>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.2

『レオン』

『ニキータ』


のよう。
『恋する惑星』
と 『天使の涙』。

素敵な曲です。素敵な音楽。この雰囲気に浸っていたい。ずっと。いつまでも。

>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.8

大好きな映画です。

雰囲気に浸っている、ただそれだけで、幸せな気分になれる映画。『ローマの休日』とこの作品は、そういう意味で、とっても特別な映画です。

決して重くなくて、サラッと軽いこともない、心
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.8

完璧に限りなく近い作品です。僕の中で。何故完璧じゃないのかというと、僕の範囲を超えてしまったからです。計測不可能になってしまったからです。

圧倒されました。

圧倒されるだけじゃなくて、その緊張感溢
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.2

ほっこり暖かくなれる映画です!

ブックオフで、なんと150円で『ラブ・アクチュアリー』のDVDが売っていたので(なんと!)、思わず買ってしまいました(笑)。そしてもう3回観ました。何度観てもほっこり
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.3

さすがジュネ監督!!期待を裏切りません!

新作期間が終わるのをずっと待っていて、やっと旧作になったので急いで借りて観たのが去年の8月22日月曜日から翌日23日火曜日にかけての深夜。この監督の創り方、
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

4.3

「アレックス3部作」、と呼ばれる3つの作品の中で、この作品が1番印象に残りました。
はじめてです、こんな映画。
レオス・カラックス監督。親戚が、好きな映画の1つに『ポンヌフの恋人』をあげていたので、観
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.2

エヴァンゲリオン(っぽい)!って言われている理由がわかりました。魅せ方、キャラクター、展開、音楽、そして(ある位置からの)ゴジラの姿、シルエットなんて、もうエヴァンゲリオンに(しかも覚醒している時に)>>続きを読む

ベティ・ブルー/インテグラル 完全版(1992年製作の映画)

4.6

今年観た中で(今のところ)1番衝撃を受けた映画です。観終わった後言葉を失いました…。

とても“リアル”に心の痛みを感じました。痛いほど共感できました。ベティの、そしてゾルグの心情に入り込んでいくが故
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

絵本のような、おしゃれでかわいい(そしてすこしだけ残酷な)映画でした。

ウェス・アンダーソン監督作品、『ダージリン急行』『ムーンライズ・キングダム』に続いてこの作品で鑑賞3作目。

どれも違うスタイ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.7

雰囲気がいいんです。この作品。幸せな気分になれます。観賞後。兄弟3人インドの旅の話。兄弟のうちの1人がジョージ・ハリスンみたいだなぁなんて思いながらぼんやりと観ていました。いや彼はジョージ・ハリスンで>>続きを読む

グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.3

はじめて『パルプ・フィクション』を観た時に、「めちゃめちゃ面白いんだけど、でも何もあとに残らないなぁ」なんて思ったんだけど、この作品もまさにそういう映画でした(笑)。昔のフィルム映画、それもなかなか適>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

観ていて心が痛くなりました。特に熱海のシーンは辛かったです。息子・娘、そして孫に会うことを楽しみに遠い東京まで来たお父さんとお母さん。だけど子供たちは彼らのことをお荷物扱いします。

熱海のシーン。熱
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.8

極端に突出していて極端に欠けている映画でした。リンチ監督のすべてがつまっています。本当に彼は天才だと思います。言葉では伝えることのできない感情・雰囲気を彼は映像という世界を通して観客に味わわせます。言>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.5

今まで観てきたどの映画よりもお洒落な映画でした。お洒落、何がお洒落なのかというと、撮り方、光、色彩、間、撮り方、雰囲気、展開、そして音楽です。それからキャストもお洒落!豪華なメンバー、ジャズ・シンガー>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.4

この作品を観た後は、

とりあえず、

人の頭皮を剥ぎたくなります。

そして、

とれたてのミルクを飲みながらフランス語でネズミの話をしたくなります。

さらには、

銃口を逸物に向けたまま額にカー
>>続きを読む

>|