ゆれる木さんの映画レビュー・感想・評価 - 6ページ目

ゆれる木

ゆれる木

映画(866)
ドラマ(0)
アニメ(5)

TNSへのお別れ(1998年製作の映画)

3.0

目を逸らしながら見ることのできる
ゴダールはフランスでは笑って見ることができるらしい

草上の朝食(1987年製作の映画)

4.1

私みたいな女。誰かと電話して、匂い嗅がれたり、寄り付かれたり、でも、それに悲しいぼんやりした顔で佇んでるの。林檎抱えて

雨のなかのダイバー(2009年製作の映画)

4.0

村上春樹的世界観。夢の中で死にもう戻らない女、何も達成できない男。

太陽の墓場(1960年製作の映画)

4.0

すべてのシーンが美しい風景で、人も。皮膚のあざ、汗、美しい津川さんの頬にも汗。人のオーラはニキビや汗だ。

地下水道(1956年製作の映画)

4.0

最近読んでいるイヴァン・イリイチの水の本で、下水道は都市の身体化、“循環”概念の登場の成果物であるとのことで、荒れ果てた都市の中、血の中を巡る人々の姿、その身体は誰のものであるか、などについて

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

3.8

ラストまでは笑ってふふ、という感じで見ていたけど、女の先生の習字の好きな言葉“適当”というところで心が滅多刺しになった。音のない四コマの世界を、名曲で成立させて行くスタイルは好き。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

当時批判されていたけどとても好きだと思った。あなたに似ているジブリキャラは?というサイトで似ていると出てうれしかった

ザ・ガーデン(1990年製作の映画)

4.0

両性具有のカタツムリを少年か若い女の手で取って、そして頭を外で日差しで水道の水で洗う、少年が青年を。そのショットですべてだ。

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.5

光は幽霊、と、眼と精神…
男のような座り方の女性は、最高

讃歌(1972年製作の映画)

3.7

こういう愛情とか、好きそうだけど…と言われたけど、こうなる前に愛があってほしい 老人ホーム

これがロシヤだ/カメラを持った男(1929年製作の映画)

3.9

市民の悲喜こもごもを映した傑作 主人公 はおらずただ入れ替わり人の顔が映し出されていく。機械工業の発達とそのスピードで、考える前に目の前は切り替わって行く。

犯された白衣(1967年製作の映画)

4.1

理由なき暴行・水のないプールにははまらなかったが、遂に傑作と思えるものが来た。あらゆる戦争や侵略とも重ねられる。「あっち」という言葉の幼さ、海から来る。

ジャンヌ・ダルク裁判(1962年製作の映画)

3.9

凶悪 女が着てはならない男の服 女がなってはいけない軍の指揮官

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.0

OPにピングドラムみ
親子の話 お母さんのことを苛めてる
当時のジェンダー観が虚しい

カラスの飼育(1975年製作の映画)

4.2

輪るピングドラムと重なる。ピアニストの断念、鳥のカゴ、熊のキス、死んだウサギ、キリストの足元の豚、死なない屋敷の中の叔母

日常の中で音ってこう聞こえるなという、再生されるポップスなども秀逸

やさしい人(2013年製作の映画)

1.4

鬱病の犬に詩を読むんだけど、それも大して良い詩だと思わなかったし

いっその事誘拐とかしなくて良かったんじゃないかな。そういうことすらできずにモヤモヤしてる男を描いて、女は気持ちを日記か何かに書くシー
>>続きを読む

甘い夜の果て(1961年製作の映画)

3.9

影 静か 淡々としていて、高度成長期の虚しさが愚かで中身の無い(全く魅力の無い)主人公によって平凡に語られていくのが大切なことだと思った

この手の、高度成長期の恋愛物が好き 社会が、背景に、会話に、
>>続きを読む

復讐は私にまかせて(2021年製作の映画)

4.0

映されたもの一つ一つ見たことないものを見た気持ちになれた

Calling(2012年製作の映画)

2.9

作りが丁寧で素敵だったんだけれど、病というものがストーリーのために都合よく解釈されたように感じてしまった。震災という背景とのつながりもいまひとつ感じられなかった

2084(1984年製作の映画)

3.0

何とか頑張って訳す 映像の方が難解に感じる

左利きの女(1977年製作の映画)

3.5

色も淡く、一つ一つのシーンは絵にはなっているのだが、カメラが3人に分担させているかのような感じだったり、つなぎの不自然な箇所があるのが気になった。

劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [後編] 僕は君を愛してる(2022年製作の映画)

4.6

Amo: Volo ut sis.
愛してる。それは、あなたが存在することを私が望むということ。

アーレント

この言葉は高校生の頃の私がある人のブログで見つけて、ずっとiPhoneのメモの中に書い
>>続きを読む

蜘蛛の瞳/修羅の狼 蜘蛛の瞳(1998年製作の映画)

3.3

男の友情があるのが武との違い

ぽかぽか殴ってるのにエロティック

ピンクリボン(2004年製作の映画)

3.9

戦争を知らない若者からしたら誰かを抱き締めることへの欲望すら無かったりするのだろうか

怒りたい時私は怒っている 怒ったら嫌いと言われてとても怖かった

社会と世代の描写