いつだって僕らの恋は10センチだった。のネタバレ・内容・結末

「いつだって僕らの恋は10センチだった。」に投稿されたネタバレ・内容・結末

美桜の自己肯定感の低さと行動力のなさが物語終盤まで続いてスピード感に欠ける。
ラストに持ってくために美桜がいきなり行動力を発揮しだすのも違和感。
こうゆう主人公は共感をする人もいるかもしれないが一つの事柄でずっとうじうじしているのはあまりおもしろくない。
そんな性格をもった主人公、として様々な様子を描くべき

あなたにおすすめの記事