クリミナル・マインド 国際捜査班 シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「クリミナル・マインド 国際捜査班 シーズン1」に投稿された感想・評価

まだ9話までしか見てないけど、メイのキャラづけか何かは知らんが、「そして誰もいなくなった」のネタバレをタイトルを出した上で行うのは例え有名作品であっても許すことはできない。(シモンズの読書を邪魔するシーンだった。これだけのために・・・)
310

310の感想・評価

3.5
0
設定はいいし、会話の中にも各国の文化や知識がふんだんに盛り込まれて観てるだけでちょっと学が付く辺りが大きなメリットではある。

ただ本来のクリミナルマインドのファンとしては残虐性がかなり低くて衝撃を受けることがほぼなかっためシーズン1で断念。
キャラクターも全員ちょっと弱い気がする。
ana

anaの感想・評価

3.2
0
レビューし忘れた😫

やっぱ本家のが好き
ちょいちょい本家メンバーが現れるから上がる⤴️
フユ

フユの感想・評価

-
0
ちょっとこれは。
びっくりする。

アメリカのひとって(アメリカ全体に話を広げてはいけないとおもうけど)タイとかインドとか、日本とか。なんだとおもってるんだろう。
世界中に、孤独でいろんなことがうまくいかずにこの世を呪うようなきもちでいる若者はいるだろうけど、なかなか、地獄の門が開いて先祖が帰ってくるといかいう謎お盆みたいのに合わせて生け贄を捧げよう、とかはおもわないのではないか。
日本のお寿司屋さんのおかみさんとか数十年てレベルで引きこもっていた青年とか、そんなふつうに英語で喋り出さないんじゃないだろうか、とくに動揺したときは。
とか。

挫折。
miki

mikiの感想・評価

3.6
0
『Criminal Minds: Beyond Borders』season1 全13話
2016年 America🇺🇸

第1話「バンコクの失踪者」
第2話「ムンバイの巣窟」
第3話「砂漠のガス室」
第4話「死神のささやき」
第5話「孤独なパリジャン」
第6話「遮られた愛」
第7話「サハラの青き民」
第8話「罪なき殉教様」
第9話「恋の逃避行」
第10話「ズールーの仮面」
第11話「チェ・ゲバラの道」
第12話「闘牛」
第13話「ハイチの子守歌」

impression
2021/3/21 Hulu
大好きなクリミナル・マインドのスピンオフシリーズ。本家よりもメンバーもポップで、犯人の悲しいバックグラウンドの要因の殺人が多く、サイコキラーも少なめで凶悪性も弱め。現地の雰囲気や警察協力関係もバラバラで楽しいです。ただ日本の話の時は、日本とだいぶかけ離れていたのであんまり信用しないようにしようと思いました笑
YUNA

YUNAの感想・評価

-
0
これはこれで面白かった
スピンオフってのもあってやっぱり本家が1番面白いなぁって思う
カトコウ

カトコウの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

海外のアメリカ人のためのFBIチームの物語
クリミナルマインドのスピンオフ

本編ほどプロファイリングを巧みに描けておらず
普通の捜査ものな感じになってしまってるが
各国の文化や現地の警察組織などとのやりとりなど
なかなか面白いポイントも多く
けっこう楽しめた

ep1.タイ バンコク
人間狩り 少女2人の誘拐 密林 家族への鎮魂のため生贄
チームの顔見せ役割分担

ep2.インド ムンバイ
フェス明け、臓器売買、父親の欠損補修

ep3. エジプト カイロ
毒ガス殺人、同性愛カップル、憎悪殺人、捜査に政府が非協力的

ep4. 日本 東京
偽装自殺、現場撮影、ハラキリ(笑)、引きこもり、親の敵討ち、小澤征悦
シーガーの悩み

ep5. フランス パリ
訪問殺人、無許可タクシー、死後損壊、歪んだラブレター

ep6. ベリーズ サンペドロ
新婚失踪、旅行計画の追跡、マヤの戦士、空想的儀式、アステカ族一夫多妻
ジャックの子離れ

ep7. モロッコ カサブランカ
老夫婦誘拐、サハラの部族、医療費目的、善意の子ども

ep8.メキシコ プエルトデルサントス
家族旅行中の母殺害、容疑者は父、浮気相手も容疑者、神に裏切られた聖職者
シーガーの夫の死について

ep9.トルコ アンタルヤ
恋を利用、洗脳と詐欺による自爆テロリスト作成、元諜報員女社長

ep10.南アフリカ ヨハネスブルグ
演出された遺体、死人と話すプロファイラー、父の罪、罰を子どもが受ける、妹の復讐。

ep11.キューバ ハバナ
到着すぐの逮捕、誤認逮捕、チェゲバラの心酔カップルの犯罪、格言からのメッセージ演出、革命の道筋の現場、キューバ軍部の圧力、虐待された男女

ep.12 スペイン パンプローナ
牛追い祭り、犯人の告解、切り取られた耳、標的は無作法な観光客、牛への敬意

ep13.ハイチ ポルトープランス
深夜の誘拐、人身取引、魂を戻す儀式、家族を失った母親
たむ

たむの感想・評価

3.3
0
クリミナル・マインドのスピンオフで、アメリカ以外での国で起こる、アメリカ人が巻き込まれた人々を救う作品です。
日本も出てきますが、マスク文化など、各国の犯罪がそれぞれの文化を考えながら作っているのですが、完全に偏見まみれのものもあります。
kon

konの感想・評価

3.7
0
海外でのアメリカ人の事件を対象としたクリミナルマインド
本家とは大きく異なり、操作チームは各々の国の特徴を掴んで強力する事で事件を解決する
そこに重点を置いていたのか最初はプロファイルのシーンが少なくて物足りなかったが少しずつ増えてきてだんだん面白くなってきた
犯罪の傾向も本家とは異なり独特で良かった
ShioriWilson

ShioriWilsonの感想・評価

3.8
0
日本エピソードのつっこみどころ(日本では自殺は文化、クラブでマスクつけて踊る若者、引きこもりの若者の部屋に葛飾北斎のポスター、エトセトラエトセトラ)はさておき、検死官が「(検死予定の)遺体4体全部ここにあるの?(一気にできるし)ラッキー」と言ったときに、日本の警察官が「ラッキー?人が死んでるんですけど?」って眉をひそめたのがめちゃくちゃ日本っぽくてよかった。
よくわかってんじゃんね!