モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―のネタバレ・内容・結末

「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」に投稿されたネタバレ・内容・結末

主役も脇役も最高!
山本美月さんの演技で
すみれが真海が暖とわかっててカミングアウトの2人のシーンの時、『漁師町にいた頃のすみれ』をちょっと匂わせてほしかった。大事なシーンで『可愛いさ』だけのすみれが残念。
みらんちゃんのシーンが一番ひえーってなった。分かる人には分かるかな
1話がつまんないけど2話からめっっっちゃ面白い。2日で一気見した。ディーンさん過去イチで演技がハマってた。
拷問シーンは辛すぎるけど、
海で泳ぎだすシーン、牢屋での元大統領とのやり取り、シンガポールでお金を下ろすために名乗るシーンなどワクワクした。
脇役キャストの逮捕により、配信がないのが残念すぎる。
高揚の歯止めが聞かないくらい途中から目が離せなくなり2日で観てしまった作品。
どうしても生きて行く中では暗い闇の部分を持ってないと生きて行けなくって、時にはその闇で誰かを苦しめたりしてしまう。そんなの頭では分かっている事なのにどうしてもなんでか傷つけてしまって後戻りできなくなる。
私にはどうしても暖が復讐ではなく彼なりの正義でかつて自分を嵌めた人間達を正しているようにしか見えなかった。1度自分が堕ちた闇に落ちないように被害者になりそうな人に必要以上に光を与えている気がした。題にもあるように「華麗なる復讐」、華麗とは華やかで美しいさま。暖の復讐を肯定しての表現ではなくて彼なりの正しさ、正義での行動だと思った。
最終話の灯油に火をつける寸前の「楽しかったな....」彼はわざわざ別人となり、また彼らと別人の自分で関わりたかったんじゃないかな。
彼が暖がこれから先は幸せで光に満ちていますように
最後、オペラ座の怪人のラストシーンと重なった。
ドラマと曲がピッタリなのに鳥肌。
今までで1番好きなドラマ!
それぞれの嫉妬が絡み合ってて、みんな演技が上手いからおもしろい。
お母さんやすみれと暖のとても暖かくて仲のよい関係性を知ってるからこそ、すごく切ない。
すみれがどこから気づくのか、すみれと暖のやりとりにドキドキした。
暖×すみれが大好きだったから、2人がまた仲良く一緒になるのだけ願ってたーー。

暖ちゃんと真海さんが全くの別人すぎてディーンの演技力に驚き!

結局すみれの子供への愛が勝ったし、
すみれが自分と結婚してくれるって言いつつも、それは自分への愛ゆえではないとんかったしまった暖がかわいそうだった。
最初2人のプロポーズのシーンでの、愛はかつの選曲はここに繋がってくるのかぁと思った。

4話目くらいからが面白いんだよね、
視聴率も高くなかったけどSNS上ですごい盛り上がってた。賞もらえるのも妥当!
面白すぎる。ディーン・フジオカかっこよすぎ。高橋克典本当に演技がうまい。山本美月かわいい。
新井浩文捕まる前に見たから良かったけど、3回見てて、3回目の途中だったのに、、見れなくなったからショック。
ひとつ疑問なのが、ファリアさんの死体を下の通路に置いておいて、自分が袋に入ったのは分かるのですが、暖の死亡届はどのように出したのでしょうか。脱獄がバレたくないから死んだことにしたのでしょうか。
圧巻のラストに鳥肌。親友の裏切りに復讐する一人の男、自分の手を汚さずに人を貶めるそれが一番残酷。終始暗鬱な雰囲気がたまらない、人間の本質というか汚い所がうまく描かれている。9話で完結してしまったのが残念。もっと見たい。
面白かった!

それぞれキャラが立っていて見応えあった。
とくに高橋克典さんの役づくり凄まじい。
山口紗弥加さんの怪演ワクワクしながら観た。素晴らしかった!
リアルタイムではなく、録画を一気見した。

まず結婚から誘拐・暴行まで成り下がる1話がしんどすぎて3回ほど分けて見た。
本当に何も悪いことをしていない暖が不当な扱いを受けるシーンだけは辛すぎて一瞬視聴をやめかけた。

でもそこを抜けると、クズ中のクズに周りを囲まれていたため、復讐劇が始まった途端「行け行け〜!やれやれ暖〜!」という気持ちになった。脱獄のシーンも面白いし、そこで味方を付けて復讐の機会が生まれたのが良かった。

強いて気になるところを言うならば、首を吊るロープがゆるゆるすぎて「おまっ首吊る気ないやんけ、助かろうとすな」という気持ちまで引き戻されるくらいである。

それを抜きにしても、前半の胸糞悪い展開から後半にかけての報復の連続でマックスにテンションが上がる。
暖に感情移入しすぎてしまったため。最終的には助かったものだと思いたい。
>|