99.9-刑事専門弁護士-SEASONIIのネタバレ・内容・結末

「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」に投稿されたネタバレ・内容・結末

#1 いただきマングース!

#2 深山パパ無実でよかった

#3 25分くらいしか見れなかった

#4 録画し忘れて見れなかった

#5

#8 奥さん被害者かと思いきや
 落選したらただの人になる
 だたの人の妻になる
 闇深い
 

最終回見れなかった
一旦起訴されてしまうと
99.9%の可能性で有罪と判決されてしまう
残りの0.1%の事実の難事件に挑む


ほやぼーや

深山とかいてみやま

やってないものはやってないんだ


麻痺してるってどういう意味ですか?
失礼だと思います
発言の趣旨を明確にしてください

抜けないねぇ
裁判官は被告人と向き合うこともなければ
何時間も話を聞くこともないでしょう

法廷でちゃんと向き合います

でも法廷で会うときは手錠をはめられた状態だよね?
人の一生なんてそんな簡単には決められない


きゅうり走りだしてとまとったでしょ?
(きゅうりととまとを持って)

なすでなし


警察官はそもそも事件には関係ないと考え透明人間になってしまう


あなたにとって深山の父親はなんだったのでしょう
いっそ個人的な恨みがあると言われた方が
納得したでしょうね
検察は最後に裁くのは裁判官だという
裁判官は検察が挙げてきた証拠だといって
判決をくだす
そして、我々弁護士も時には被告人との利益を優先して打算的になることがある

裁判とは一体誰のためにあるものなのでしょうね


無実を証明しても父は戻ってこない
だからたった一つの事実が見えたこと
それだけで充分です。


お天道様はなぁいっつも見てるでぇ


メガネには目がねぇ


最終話
なんでそう思うんですか?

家族だからに決まってるじゃないですか。

火事で母を失い、父親は母親を殺した殺人犯として捕まり、殺人犯と被害者の息子として暮らしてきた。

そんな難しい役でもバッチリこなす
中島裕翔天才。

父と抱きしめ合うあの涙が綺麗すぎず
リアルで本当に素敵。
登場人物全員いい。面白かった!けど前作の主題歌の方が好きでした…!
お父さんの事件を解決してからはなんかグダグダ見てた感。
プロレス関係わかんない。
【掛け合いのテンポが気持ちいい作品】
《2018年3月21日》
ーーーーーーーーーーーーーーーー

【作品について】
シーズン1は全くと言って良いほど忘れていたが、楽しめた
オマージュの要素を入れて、シリアスな雰囲気になりづらく見やすい
1話を見ていて、テンポは良いが内容があまり入ってこず、だらだら続くと思ったら後半の畳み掛けが凄い。そこからは2話以降ハマっていった


【印象に残った・気になったこと】
高木渉さんがまたドラマに出てる。
《3話》
なぜ中塚さんは中西学の写真を入れたのか
安達祐実の寝言(家泣き子)と宇崎竜童の曲とセリフ
《4話》
少し疑問の残った回。少年法の厳罰化は必要であり賛成だが、冤罪によって無理矢理 進めることで生む。複雑なメッセージに感じた
《6話》
ダチョウ倶楽部風 顔ハメ看板
《8話》
かなり警察へ批判を感じる内容
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ドラマなので、検察・裁判官に批判や裏側など悪のイメージを付けて、それと戦うと言うストーリーなんだが、それにしては強いメッセージ性を感じた。単なるストーリーなだけで深い意味は無いかもしれないが取る人によっては批判にも捉えてしまうかなとも思った


【キャストについて】
・木村文乃について
綺麗。1話ではうざいキャラで演技に違和感があったが、1話後半以降 普通に感じる。また2話になって急にパラリーガルへの溶け込みが速すぎた
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・香川照之について
キャラクターはうるさいが、面白い。出来そうに見えて役立たず、良いキャラクター
「裁判は誰のためにあるのか」
このセリフは何処に対してなのか
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・笑福亭鶴瓶について
濃いキャラのある悪いヤツを演じきってました
最後までパラリーガル側でなく、私欲のために真っ直ぐな人間
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
・片桐はいりについて
最終話だけじゃ勿体ない。めちゃめちゃ濃いキャラで特徴的で、片桐はいりさんの上手さが凄かった。せめてもう2、3話は出てほしかった
キャスト変わった悲しみがあったけど今までと変わらない雰囲気でよかった。馬場園がいたおかげで榮倉奈々の面影が一生いて安心してしまった。
前回からキャストが奈々ちゃんから木村ふみの様に変更したけど、個人的には奈々ちゃんも良かったけど木村さんの演技とか独特の世界観も良かったなと。
でもちょっと、松潤と香川さんのオヤジギャグのやりとりがちょっとしつこいかなぁと…
あとちょいちょい、小細工とか他局のパロディーとかも随所随所に取り入れられてて、分かる人には分かるみたいな感じで面白かった!演出が面白い。
個人的には続編を願います。
斑目法律事務所のみんなで作り上げてきたチームワークが感じられて、1話から「帰ってきたんだなあ」と懐かしくなり、すごく楽しい3ヶ月を過ごすことができました。

アドリブや小ネタを探すのも楽しくて、2話で深山の父親の話をやっちゃうところとかSEASON Ⅰよりも裁判所に焦点を当てたところとか前回に負けず劣らず最高でした。

深山と佐田先生のやり取りが面白くてかわいい。最終回に榮倉奈々ちゃん演じる立花先生が登場して、テンション上がりました。

SEASON IIIになるのか映画化なのか分かりませんが、希望としてはやっぱりドラマで深山にまた会いたい…!