35歳の高校生のネタバレ・内容・結末

「35歳の高校生」に投稿されたネタバレ・内容・結末

クサすぎるけど、みんな仲よさそうで何より。
この人も出てたんだ!っていうのが結構あった。
スクールカーストのあるクラスでさまざまな問題が起きる中、35歳で高校に編入して来た馬場亜矢子が、信じ抜くこと、思ったことは口に出して相手に伝えること等の大切ささを教えていき、クラスの子一人一人の考え方や態度が変わっていく。その様子がとても良い。
見ていてスッキリする。
今をときめく若手俳優が生徒役で出演、その後彼らがブレイクしたと言う意味で価値ある作品。
菅田将暉をこのドラマで初めて見た。
新川優愛もこのドラマで存在を知った。
最終回、スクールカーストを仕切っていたのがおとなしい山崎賢人だったことが判明、不良の菅田将暉を人質に本音を言うシーンはなかなか見応えあるシーンとして印象に残っている。