フリーター、家を買う。のドラマ情報・感想・評価

「フリーター、家を買う。」に投稿された感想・評価

かるがも

かるがもの感想・評価

4.5
0
最初は父と隣の家のおばさんにイライラしっぱなし!
でもまあそれぞれそうなってしまう理由もある訳で、人間って複雑で難しい生き物だなぁと改めて感じた。
話はかなり良くて感動した。ティッシュ必須
バイトをするときに頑張ろうと思った。
前のバイトは、すぐにやめちゃったけど今のバイトは続けようと思った。
Siesta

Siestaの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

すれ違いばかりでも、しあわせな家族。
いい人ばかりなのは否めない。ご近所トラブルで引越しというのも腑に落ちない部分はある。残業美化、労働讃歌ともとられかねない描写は、今日では賛否両論を巻き起こすかもしれない。でも、この作品には大切なメッセージがたくさんある。
家族でも言っていい事と悪い事がある。
誰でも続けられる仕事じゃない。
泥まみれの毎日だけど、今さら悩んだりはしない。
誠二の家族をめぐる葛藤は、家族を見捨てる事ができない誠実さがあるからこそ。
それから、原付バイクが誠二という人物を描写するにあたって、重要なアイテムになっていたと思う。映画「キッズ・リターン」に関して、淀川長治は「自転車がいい」と言っていたそうだが、原付バイクも青春に近いイメージを想起させる。ただ、原付バイクは普通、高校生から車の免許取るまでのつなぎであって、載っている年齢層は限られる。つまり、原付バイクは、自転車以上に青春にピンポイントな乗り物だ。そんな中、学校を卒業し、社会人にもなって原付バイクを乗る者は珍しい。そういう意味で誠二の“取り残された人間”というニュアンスにつながり、それでも尚もがく彼の姿の痛ましさ、勇敢さに胸を打たれる。そういえば、大学を卒業してもバンドとつなぎのバイトばかりしている男主人公の「ソラニン」でも、原付バイクを乗ってたなぁ。
june

juneの感想・評価

3.8
0
え、もう10年前のドラマなの!!時が経つのは早すぎる…
すごい好きで見てたなぁ家族って結果いいもんです
ニノがお母さんの手にハンドクリーム塗ってるシーンが一番好き。このドラマの一番温かいとこを象徴すると思う
Tomomi

Tomomiの感想・評価

-
0
二宮さんのやるせなさと悔しさで
ボロッボロ涙をこぼす芝居が忘れられないです。
せい

せいの感想・評価

3.0
0
全体的に暗いトーンで、あんまり好みの話ではなかった。
だけど、ストーリー自体は悪くない。
あまり真剣に観てないから、細かい部分が全然思い出せない。
キャストの演技が素晴らしかったから見ていて面白かった(横尾以外)
ストーリーも感動しました
suu

suuの感想・評価

3.5
0
なつかしい
当時いろんなドラマを見ていたけどこの作品に出ていた役者さんたちのことは印象深く覚えている
さく

さくの感想・評価

4.8
0
社会人3年目の、仕事辞めたい私にとって、ガンガン響いた ニノの演技といい、最高のドラマ。
>|