曲げられない女のドラマ情報・感想・評価・動画配信

曲げられない女2010年製作のドラマ)

公開日:2010年01月13日

製作国:

再生時間:46分

3.4

あらすじ

「曲げられない女」に投稿された感想・評価

みつばち

みつばちの感想・評価

4.5
0
名言がたくさんあったり、1話ごとに早紀がズバッと言うシーンがあって毎話ハマって見てしまった。
登場人物みんな何かしら問題を抱えていて社会の厳しさを感じた。
早紀の友達はなんでも言い合えるいい友達だなと思った。
maruko

marukoの感想・評価

3.6
0
菅野美穂ってどんな役でも色々上手ですごい。

こんなドラマみたいな友達いいな♪
永作博美がめちゃくちゃ可愛いかった🥰
笑顔もキャラも可愛くて見るたび明るくなった。
nick

nickの感想・評価

-
0
----/--/--
日テレ

「正確に言っておきたいので」
るんPAN

るんPANの感想・評価

-
0
菅野美穂のドラマって外れが少ないように思う

主人公の心情めっちゃ分かるんよ、でも実際どうかって言うと、無駄に波風立てないように妥協したり、色んなことをコロッと変えたりしてしまうから、芯の強い人に少し憧れる部分もある。

まぁ実際こんな人いたらあんまり仲良くしたいとは思えないんだけどね...笑

主題歌のaiko「戻れない明日」はめちゃめちゃ大好きで自分に欠かせない一曲。
まてこ

まてこの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

これ見て弁護士になろうと思った
なんでしてないのに妊娠するん?ってめっちゃ謎だった
oggyoshuke

oggyoshukeの感想・評価

3.0
0
菅野美穂が見たかったから見た。やっぱあの人僕にとっては演技上手いんだよな
過酷…ただただ淡々と過酷……
ライトなタッチであれど現代においてヨブ記に接近する。。

菅野美穂演じるサキ、クソやばい人でしかない。「シャッターが開く」と表現される毎度のブチギレはドラマの主人公補正みたいなものがかかっているから、言い換えれば「ドラマのキャラクターだから」視聴者がフィクションの一線を引くことでストレスなく観ることができるもっといえば感動すらできるんだと思うけど、もしもそれらを取っ払った時、もしも自分の身の回りに実際にいるとしたならば、その多くに敬遠されるタイプの人間だと思う。

作者も敬遠というのはそのように表しているだろうがおそらく思想を根拠としている。しかし敬遠される要因たるのは彼女の思想というより態度だ。
「シャッターを開く」時の菅野美穂の演技の素晴らしき苛烈さが、毎度フィクションに呑みこまれかかる私の肩をギュッと握り締め正常にしてくれる。「ヤバっ!!」と。だけどそれでいいのだ。彼女はヤバくて、敬遠されていて、腫れ物で、変われなくて、曲げられなくて、いいのだ。周りだけが変わり、曲げられていく。無理が通る。さりとて通りだけはひっこまない。そういう話だ。過酷だ。学ぶことはない。ただただ面白いだけだ。
世界鬼

世界鬼の感想・評価

3.8
0
しっくり来ない部分もあるけど、みんなが横並びに前を向いてて応援したくなる。
Scriabin

Scriabinの感想・評価

3.5
0
何年越しに見ただろう…こういう時代だったんだなあ…と。こんな赤裸々に女を語るドラマができたのも、2010年だったからだろうか。今だったらなんか炎上してそう
えみ

えみの感想・評価

3.8
0
唯一見てた弁護士物。良い影響を受けたような気がする。弁護士になれたら見返したい。
>|