マ帆

ブラック・ミラー シーズン1のマ帆のレビュー・感想・評価

ブラック・ミラー シーズン1(2011年製作のドラマ)
3.6
どんどん進化してくテクノロジーを色んな「もしも」で風刺する1話完結の海外版世にも奇妙な物語。

Netflix Partyで観る作品を友達と決めてた時、「ブラックミラー面白いよ!」と言われて鑑賞。結果まんまとハマってしまった。今絶賛海ドラどハマり期で時間がなく←評価高いのとおすすめされたやつだけ観たのでそれだけ記録。

1-2「1500万メリット」★3.8

極度の管理社会に暮らす人々の唯一の脱出方法はオーディション番組で優勝すること。しかし優勝者には残酷な未来が待っていた。
中盤から既に胸糞という斬新さ。管理社会の描写が面白くて、あれはどうするんだろう?を「なるほどね〜!」なやり方で見せてくれるのが気持ちよかった。あとオーディションの観客がアバターなのとそのリアクションが可愛い(笑)ただオチはもう一声...!主人公ゲットアウトの彼かな?演技が凄まじ過ぎた。目が本当に血走ってた。

1-3「人生の軌跡の全て」★3.4
自分の記録を全て録画再生できるチップを体に埋め込み、他人との交流にも利用する人々。しかし過去の思いがもたらす悲劇とは...?
こういう妄想したことあるけど想像上でも全部胸糞エンドだった(?)主人公(誰かに似てる。ワンオク?)が割と序盤から崩壊系サイコパスであまり感情移入できず。でも49分という限られた時間の中で「元が嫌なやつなんだろうな」と思わせるのがすごいなと思った。ラストグロすぎて叫びながら耳塞ぐやつやった。