orangeloop

名探偵ポワロ シーズン1のorangeloopのレビュー・感想・評価

名探偵ポワロ シーズン1(1989年製作のドラマ)
5.0
敬愛して止まないエルキュール・ポアロ
何回観ても何回観ても大満足できる凄い作品
第一次世界大戦後の1920年代のイギリスも感じることができる
芸術性が高く知性がこぼれ落ちてる…
それでファッションとインテリアが最高です

「スズメ蜂の巣」を初めて観た時の感動は涙物です
どうしてこんなにジェントルマンなんだろ
「猟銃荘の怪事件」で登場するワンちゃん
頭をなでられるあのポアロとの微妙な距離が好きです

凄すぎる観察と記憶 ―灰色の脳細胞
じっと座って思考を巡らせるポアロはギリシャの賢人みたい

回を追うごとに人柄の深さに感動する
ヘイスティングとジャップ警部がさりげなくポアロをディスる

深く沈潜して黙考するポアロには
陽動作戦に出るヘイスティングが最高の相性です
そこにミスレモンがエッセンスを注いでくる完璧です!
これ以上に好きになる探偵作品はないんじゃないかな⁉
最後まで灰色の脳細胞に衰えがないものの
さすがにポアロへの愛が強すぎて最終回を観るまで
永遠の別れのようで…だいぶ時間がかかりました

そして迎えた最終回
そのポアロの実存を脳に刻まれる衝撃でした