信長 KING OF ZIPANGUのドラマ情報・感想・評価

「信長 KING OF ZIPANGU」に投稿された感想・評価

miho

mihoの感想・評価

4.3
0
架空の人物ながら、加納随天がなかなかいい味を出していた。悲惨な人生だったけど、最期の体を張ったシーンはさながらターミネーター。

マイケル富岡扮する明智光秀に最初は不安を感じたが、ラスト近くの苦悩や葛藤は、よく描かれていたと思う。仲村トオルの秀吉はいただけない。

長篠の戦いは必見。子供の諏訪太鼓にはじまり、霧の中から現れる武田の騎馬軍団の描き方は大河史に残るものがある。
上海十月

上海十月の感想・評価

2.8
0
ナイーブな感じな緒形直人が主演なのと菊池桃子がウザいので放送当時数回でやめてしまった。今回見直すと明智光秀がマイケル富岡だし。仲村トオルの名古屋弁も酷い。平幹二朗の占い師がオリジナルだが見応えがあった。そして、稲川淳二が重要な役回りでちょっと前までリアクション芸人の元祖と思えない演技。後半かなり駆け足になるのが大河ドラマのお約束か。シリーズ構成担当いないのかなぁ。ルイス・フロイスなんか途中で九州に行くし、それまで字幕でやっていたポルトガル人の会話も吹き替えにしてるし!視聴者からクレームか?どう見てもナレーションは、稲川淳二にさせるしかないね、ずっと近くにいたからね。そして信長を主人公にしてみると、どうしてそういう考えが出てきたのかがあまりよくわからないので主人公なのに何考えているか分からんという、取り止めのない人になってしまうのだ。だから準主役扱いのドラマだと映えるんだと見直して実感しましたね。