TOKYO MER~走る緊急救命室~のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」に投稿された感想・評価

毎回異なるシチュエーションの現場に出動し、経験値を積んでいくドラマ。医療ドラマと見せかけてスーパー戦隊ものや仮面ライダーに近い。最後のテロ組織の設定はちょっと無理やりだが、それでも心動かされた。
もちみ

もちみの感想・評価

5.0
0
みんなが一つになっていく感じとか
お互いを信じ合うようになっていく感じとか
回を重ねるごとにどんどん好きになってった!
試験前だったからテレビ見ないようにしてたけど今シーズン唯一見たドラマ。
さすがに都合が良い奇跡が起こりすぎな気もしますが、「死者は…0です!」の瞬間は興奮するし、何より現場に出向いて一人も死者を出さないヒーローのような医者がテレビで活躍する姿が、この医療危機の最中に少しでも現場で踏ん張る医療従事者への応援歌となれたなら最高です。
S

Sの感想・評価

4.2
0
今期唯一ロスになるくらいにハマってみました。鈴木亮平の圧倒的頼りになる医師感、そして菜々緒の圧倒的敏腕看護師感。久々に見るふざけない賀来賢人(笑) 毎話あり得ないだろ〜とか言いつつしっかりリアタイしました。とにかくMERチーム最高!
音すずの結婚式がてっきり最終回だと思っていた視聴者なので、10話ラストはもう放心状態でしたが今だからこそ監督の伝えたかったことを受け止め、命を大事にしようと思いました。
はさみのり

はさみのりの感想・評価

3.7
0
とりあえず撮り溜めを一気観👀
最初は又医療ドラマね〜ハイハイ〜
程度だったが、分かりやすくテンポも良いので、徐々に楽しみに観れた。
登場人物其々が主役級の役者勢揃いで、このドラマに賭ける意気込みも感じられた。

鈴木亮平はめちゃポジティブDr.で、
お喋り過ぎる程目の前の患者に話しかけて明るく勇気付けてくれる。周りへの指示も動きも迅速でブレ無いので周りが付いて行きやすい感じ。
官僚のDr.賀来賢人は一見冷たい男だけど、
いざ命と向き合う時には冷静で的確、尚且つ腕も良いデキる男!ドラマを通しても一番おいしいとこ持っていったイケメン。
誰よりも感情の変化や揺れの表現が良かった〜🌟
菜々緒はいつも、その完璧過ぎる顔面が役柄の邪魔になりがちだが、今回はあまり目立たず自然に見れて良かった😊
妹ちゃんの佐藤栞里は役柄も似合ってて可愛かったのに、最後は可哀想で残念だった😭
文珍は標準語が似合わないせいか、なんか違う〜と思ってしまった。関西弁で演じたらもっと悪人になれたかも🤣
のん

のんの感想・評価

4.5
0
音羽さんすき!
鈴木亮平がほんとに素晴らしい医師。
何度も泣いた。
キキ

キキの感想・評価

4.6
0

このレビューはネタバレを含みます

2021.7月シーズンで1番好きなドラマ

まず大好きな鈴木亮平さんが出演
それだけで絶対観るけど

ストーリーは現実的に?ってとこも
ちょいちょいあるけど
テンポよくあっという間の1時間
人の命を助けるのは医師だけじゃなくて
様々な職業の人たちが出来ることを
することで成り立っている

鈴木亮平さんの喜多見先生とってもよかった
指示出しの声も落ち着いていて
体格がいいところも
緊迫した現場ではより安心できそう
亮平さんのハマり役の1つになったのでは

他の役者さんも豪華で
それぞれのキャラクターがしっかり
描かれていて見応えあった
ーーーーーーー
千住さんが崩落したコンクリートの塊を
肩から背中で受けたのに
ムチウチ?程度だったのか
救助活動にそのまま参加
救助活動後アイシングしている姿が
ツボでここだけはめっちゃ笑ってしまった
たかず

たかずの感想・評価

4.0
0
音羽と千住がかっこよかったなぁ〜
鈴木亮平出てるのだいたいおもしろいなぁ
また続編やってほしいなぁ
2クール続けての鈴木良平はテンション上がりました!笑
立て続けに観るからこそ、役者って凄いなーと思った。
1話目から台詞回しのワクワク感が最高でした。

賀来賢人の芝居をちゃんと観るのは初めてだったのですが、良い人感が溢れてますね。好感の持てる役者でした。
音羽先生と涼香は今季一番お似合いだった。

比奈先生(中条あやみ)の立ち位置は普段の私なら嫌いだけれど(医者なんだからちゃんと仕事しろって思ってしまう)
このドラマに関しては、喜多見チーフの凄さがしっかり描けているので比奈先生に同情出来た。
喜多見チーフが怒らないところも高ポイント。
『ハコヅメ』もそうだし、後輩に怒鳴るのはもう古いよね。

菜々緒はこういう役が似合いますね。
芯がしっかりしていて、女性というより母性を感じる役の方がしっくり来る。

赤塚知事はとっても可愛いし、
白金大臣は難しい役どころを丁度良い塩梅で演じていたと思う。

総じてキャスト達の好感度が非常に高かったです。


唯一、城田優の役はあんまり深掘りされなくて残念だったが
医療従事者へのエールとして作られたことを考えると、深掘りする必要は無かったのかなと思えなくもなかった。


※以下ネタバレで、もう少し…↓


彼らの使命は、ただ一つ。
『死者を一人も出さないこと。』

盛大なフラグを立てつつも、医療従事者への敬意が詰まったドラマなんだから、このフラグはフラグじゃないんだ…!

と思いながら観ていたら見事にフラグでした。

どうせ今回も死者は0なんでしょ?と思うと、ちょっとつまらなかったけど
何で死者1にしたの!脚本家さん!と思うと途中離脱しそうでした。ワガママだね~。笑

医療従事者へ、医療を受ける側の人々へ、いろんなメッセージの込められた作品だという事は伝わってきたので、これはこれで受け入れます。(予告の段階で死者1って言ってくれた点は良かった。)

一話完結だし、毎週欠かさず観たいというほどではなかったですが
最終回の白金大臣のスカッとジャパン感と、城田優をきちんと手当てするところは私的にはとても良かった。
私の観たい方向性と、作り手側の作りたいものが重なった感じがした。


1クールに1回、2時間スペシャル。みたいな感じでやっていたらもっと評価を上げていたと思います。
おしお

おしおの感想・評価

5.0
0
久しぶりにがっつりハマったドラマです。各キャラクターがとても魅力的で、緊迫した現場感や喜多見先生を筆頭とした見事なチームダイナミクスも見ていて胸が熱くなりました。
特に、鈴木亮平さんと賀来賢人さんのお芝居に強く惹かれました。どのキャストの方も素敵でしたが、あのお二人の目の表現には度肝を抜かれました。
毎週見るたびにどんどん引き込まれていって、最後の方は毎回泣いてました笑
いつかまたMERのみんなにまた会えますように心から願っています。
>|

あなたにおすすめの記事