逃亡者のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「逃亡者」に投稿された感想・評価

本当は、1991年のNHK金曜時代劇「赤頭巾快刀乱麻(矢島正雄脚本)」から話しはじめたいのだが、本サイトに未記載なので補足すると、ヒロインだった和久井映見と益岡徹、高橋幸治が本作にスライド出演している。トシちゃんがシリアスな演技で大人の男に脱皮を図ったドラマで、私は評価している。ここから、本格的に和久井映見と赤井英和が連ドラのメインキャストへ起用されだした気がする。主題歌「雨が叫んでる」は、いまだにカラオケの十八番だ。
そういえば、物語の中盤であの岡林信康(フォークの神様)が突如役者として出てきて、当時でさえひっくり返りそうになった。経緯は知らないが、デビュー25周年の前フリだったのかしら。
こるぶす

こるぶすの感想・評価

4.5
0
海外ドラマ、映画含めて、総ての「逃亡者」の中で個人的にはこれが一番好きです。
高橋幸治氏の最後のセリフに男泣き。
よく描けてる男の心情に対して、かなり等閑な女性の心理描写がちょっと残念。