長七郎江戸日記のネタバレ・内容・結末

「長七郎江戸日記」に投稿されたネタバレ・内容・結末

 みどころ①︰德川將軍3代目・家光の治世,家光と『德川將軍の座を巡り,血で血を洗う骨肉の鬪いに敗北して切腹した❢❢』,德川家光の弟・❝駿河大納言❞忠長の,忘れ形見であり,家光の『甥御樣【おいごさま】』にあたる・松平長七郞長賴【ながより&里見浩太朗】は,❝世を忍ぶ仮の姿として,速水長三郞と身分を隱して&素性を隱して❞,読み売りの瓦版屋『夢樂堂』に居候しながらそのお手伝いをする❢❢。松平長七郞長賴が,江戸の街並み&江戸の風情を守るために,従者の三宅宅兵衞【下川辰平】等とともに❝強者を挫き・弱者を助け❞,人間の心に棲む悪しき鬼を【悪党を】成敗していく,勧善懲悪の時代劇❢❢。
 みどころ②︰第1シーズン・最終回は,松平長七郞長賴の刀劍の師匠であり&刀劍の達人であり,栁生烈堂の兄貴でもある栁生飛驒守宗冬【丹波哲郞】VS松平長七郞長賴【里見浩太朗】との『最初で最後の,真劍勝負を交えた直接對決』❢❢。