グッド・プレイス シーズン4のネタバレ・内容・結末

「グッド・プレイス シーズン4」に投稿されたネタバレ・内容・結末

シーズン4まで観てよかった。

ヒュパティア様のシーンが好き。
やっぱり天国って脳みそ溶けるよね。

仮に現世に満足出来たらすっぱり死んでもいいかもなと考えていたけれど、これってまさにそういう話じゃないかと思った。実際現世に満足するっていうのは無理だと思うけれど。
途中途中飽きてたけど、終わりよければすべてよしな展開でした。
悩まなくなったチディ無敵。
まさかジェイソンが一番に行くとは思わなかったし少しあっさりしすぎと思ったけど、あの4人は何百年も一緒にいるんだからまぁそういうもんか。
後半に進むにつれてどんどんマイケルとジャネットが好きになっていくなぁ。
くだらないアメリカンジョークメインのドラマかと思いきやしっかりと哲学を教えてくれていて、いい人になるとは、人を愛するとは、死とは、生きるとは、みたいなものを最後の最後に考えさせられる終わり方。
損得勘定なく人にいい事をしてあげたいと思えるようになったエレノアがかわいいし、やっと人間になれた炎のイカの地上での楽しみっぷりと、最後の「じゃ、まだね」がすごくよかった。
終わるのが嫌でラスト5話くらい残した状態で止めてだけど、最終話は1リットル分くらい泣いた

生きてて、一度でも無常を感じたことがある人に激オススメしたい。もうレジェンド過ぎてわたし的には人生の教科書レベルのドラマになった。オールタイムベスト
みんなが決断するたびに泣いてたけど、特にマイケルの最後が本当に暖かくて優しくて…悲しさも寂しさもあるけど本当に綺麗でしっくりくるエンディングだった

てか終わるのが嫌で…ってなんか最終話のエレノアみたい笑

死があるから、私たちはいつも少しだけ寂しい
非効率で愛おしい人生に🙌
シーズン3のとこで書いちゃったけど、ギャグセンは下がってた。私が慣れたのか?なんかくすっとくる時間減った気がする。
チディの振り返りシーンとかお葬式のくだりとかはちょっと退屈だったな😇一気見したせいでそう感じるのかも。
でもストーリーとしては、ちゃんと最後の最後のなんなら最後の先まで描き終わってくれて、ちゃんと最後まで丁寧にいろんなパターンの人間の感情を提案してくれるしテンポもよくて、愛情もいっぱい感じられて観れば観るほど人間を好きになりそうだし、尻窄み感はゼロだよ🙆‍♀️
最後まで見て良かったなって気持ちでいっぱい!楽しいエンターテイメントをありがとう〜

キャスティングまじで上手だよな。フィービーの女優好きだな〜、、イカレ気味attractive秀逸ウーマン役でいろんな作品にちょいちょい出てくるけど、いつも最高👏
個人的にはミンディとデレクがまじでツボだったwwwwwww
シーズン1の序盤でえっこれ展開早すぎないか残りの3シーズンどうすんのと思いつつ見続けて、
マイケルの正体わかって面白くなりそうだなと思ったら記憶リブート始まっておや……??これは……??となり、
生き返らせてまた人生送らせるところで確信にかわる「ストーリーがまとまってない!!!」
最後らへんまた実験するしまたチディ記憶消されるしおいおい…と思って見ていた
アイデアは面白いのにむりに長引かせなくても…。
小ネタとか哲学をストーリーに入れ込ませたりとか、多分やりたいことが多すぎて綺麗に入りきらなかったのかな。

面白かったんだけどこれは途中でみるのやめる人多そうだなと思った。シーズン4までなのにすごい長く感じたもん。

ジャネットがすごく気に入ったキュートだし面白い!
ちょいちょい出てくる偉人の小ネタとかセレブをいじったネタとか面白かった。
フレンズでフィービーは少なくとも良いところ行きでしょ!って言った何話か後に本当に良いところの住人としてフィービー役のリサが出てくるとか。

ショーンとデレクはブルックリン99にも出てきてた人だったしキャラもなんとなく似たものをやっていたと思う。

マイケルはcsiラスベガスのラッセルのイメージが強かったから最終話で人間生活を楽しんでる姿はすごい微笑ましかった。

最後のあたりは綺麗にまとまってたし素敵なエンドだったから終わりよければ全て良し的なものを感じる。
いやー良い作品だったなぁと最終話見た後には思うんだけどちょっと振り返ると、いやいや中だるみ酷かったな笑、と。
まあ面白かったけどね!
登場人物1人ひとりとの別れが描かれる、涙涙の最終回。仏教的死生観への思いがけない帰結にもグッと来てしまった。ホントに信じられないくらいたくさんの死と向き合ってしまった1年だけど、『ソウルフル・ワールド』や本作、多くの物語が少しでも慰めになるといいよね。

チディは画期的なキャラクター。優柔不断、胃腸の弱いプリケツ哲学ナードで、人類存亡の鍵を握り、自堕落ヒロインを救う。このドラマは意識的に人種によるタイプキャスティングを突破しており、オバマもお気に入り、という話を聞いてなんだか嬉しい。

シーズン4は重要な新キャラクターとなる被験者達に華がなく、レギュラー4人の出番が削がれてしまって中弛みした印象だったのが残念(タハニはほとんど空気化)。最終回直前、チディとマヤ・ルドルフで俄然、盛り返していた。
ラストめっちゃ良かった。
永遠の幸福を得られても結局無になることを求めるのは人間の真理かもしれない
ありがとうグッドプレイス
ありがとう。ありがとう。

それぞれの別れや道があっさりしていて儚すぎて滅茶苦茶響いてる。号泣とかじゃない。これは素晴らしい。
エレノアシェルストリップの光が小さな小さな人の親切心に繋がるラストが兎に角優しくて優しくて。
あー良かった。心に来た。
いくらでも感動させるような演出にできたのにこれに留めたのはマジで偉いし視聴者と育ててきたキャラクターを信頼している証。

ありがとうありがとう。楽しかった。
最終回のチディとの別れのシーンでボロクソ泣いてたのに何億回もリブートされたデレクがウォッチメンのDr.マンハッタンみたいな姿でいきなり現れて涙と笑いで感情がめちゃくちゃになってしまった笑


それにしても綺麗な終わり方で本当に見てよかったと思える海外ドラマだった。
ブルックリン・ナイン-ナインといいマイケル・シュアの作品は毎回素晴らしいがコメディよりハートフルにより力を入れたこの作品が1番好きかもしれない。
いやぁー、文句ありません。最高でした。20分弱と短い中で繰り広げられる話の展開や魅力的なキャラクターがたまりません。

最後もちゃんとまとまって終わってハッピーエンド。楽しめました。
>|