火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェルのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

『火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル』に投稿された感想・評価

永山耕三さんの、まるで舞台のようなドラマ。

ストーリーに関わる重要なことは、ネタバレ無しで書きました。

ドラマの冒頭、鈴木蛍ちゃんの一人語りで始まります。

彼女以外のキャストがピタッと静止した中で、一人語りが続いて行くのですが、

圭くんは咥えタバコで静止、のはずがゲラ発動でちょっと顔がプルプルしてるなぁと思って注目していたら、

最後、半笑いでタバコがピクピク揺れていましたww

シチュエーションコメディなのかな?と思っていたら、話は深いところへ。

舞台のように長回しで進んで行く撮影。

圭くんのインタビューは見つかりませんでしたが、吉瀬さんと山崎さんがそれについて語っているブログを見つけたので、貼っておきます。

お稽古が10日弱、撮影が2日間と書いてありました。

最後のシーンだけ、圭くん顔パンパンなんだけど、あれは朝に撮ったのかな?

あ!言い忘れましたが『全裸で巨乳ならなんでもいいーーー!』と叫ぶ巨乳好きキャラ(笑)
JaJa

JaJaの感想・評価

-
0
真摯なカミングアウトドラマであった。
ドラマだけど舞台みたいなドラマ。

あなたにおすすめの記事