腐女子、うっかりゲイに告る。のドラマ情報・感想・評価・動画配信

腐女子、うっかりゲイに告る。2019年製作のドラマ)

公開日: 2019年04月20日

製作国:

4.0

あらすじ

「腐女子、うっかりゲイに告る。」に投稿された感想・評価

美波

美波の感想・評価

3.5
0
期待してなかったし、
うっかり観だしたけど
かなりヘビー

下手なコメントできない

三浦さんはじめ、
周りの子たちも
ほんといいこ

そして、
安藤くん美しかった

うっかり観だして
よかった
Dumbo

Dumboの感想・評価

4.2
2
原作は未読、以前に放送してた時も観てなくて、
今回再放送で観ました。

原作がコミックで、
同性愛をテーマにしたドラマだから、
「きのう何食べた?」や
「おっさんずラブ」のような
コメディだと思って見始めました。

“腐女子”って、
BL(ボーイズラブ)好きの女の子のことなんですね。
私もコミックは読まないけど、
映画やドラマは結構そういうのを好んで観てるから、
私も腐女子…いやいや“腐おばさん”⁇…なんて
思いながら💦

確かに始めの方はコメディなんだけど、
回を追う毎にかなりシリアスな重い雰囲気になってきて…

ゲイの人たちの苦悩と悲しみが
あからさまに描かれていて、
かなりの良作ドラマだと思った。
思いがけず、すごい泣いてしまった💦
金子大地君の演技が、表現力が、
とびきり上手い。

自分の中で、LGBTのことをかなり理解していると思っていたけど、
今の時代だから大丈夫とか安易に言うのではなくて、
どんな苦しみがあるのか、
子ども時代からどんなつらい思いをしてきたのか、
家族との軋轢や
学校での友達関係…
理解されないとわかっているから、
ひたすら隠してきた自分のこと…
そんなことを、とにかく知ることが
何よりとても大事だと思った。


「自分は生まれてくるべきではなかった」

LGBTのほとんどの人が、
みんな一度はそう思ったと思うと悲しい。

腐女子だって、クラスメイトにそれがバレたらいじめられるから、
そういう意味ではマイノリティだし、
綺麗事かもしれないけど、
LGBTに限らず、マイノリティの人たちが、
「生まれてきてよかった」
「生きてみよう」
と思える世の中になるといいな。

毎回クイーンの曲がテーマになっていて、
クイーン好きの私は知ってる曲ばかりで、
今日はどの曲がテーマかと
それも楽しみだった。
自然にフレディの人生とも重なる。
主人公の男の子も
クイーンの曲を自分の拠り所にしていて
いつも勇気をもらっているようだった。
そういう音楽があるっていいな!
やっぱりクイーンの曲っていいな!!
Aica

Aicaの感想・評価

4.8
0

このレビューはネタバレを含みます

同性愛者の異性に対する思いが分かる。

三浦さんがステージに上がってBLのことについて話し始めるシーンでそれを止めようとする教師とその教師を止めようとする三浦さんのクラスメイトたちの戦闘が凄かった。
りょうへいはぃぃやつだ。
まことさんもぃぃひとだ。
まあ、それはそうと
みうらさんに藤野涼子をキャスティングしたのはこの作品にとってかなり良かったと思える。変にリアルだった。笑
はじめの方は腐女子、また同性愛者のコメディー志向なのかと思いきやラストの方はかなりシリアスというか社会的問題として取り上げている。30分ドラマ8回というよりは劇場版でも良かったのではないか…
ロビン

ロビンの感想・評価

4.2
0
初め番組のタイトルを見て、ちょっとおちゃらけた感じのドラマなんだろうなと軽い感じで観始めたらヤラれた。。
けっこう真剣な内容で、生々しいし、胸が締め付けられる。
かなりの良作ドラマ。

毎回QUEENの曲がテーマとなっている。
そのQUEENの曲が上手い具合にドラマの内容とマッチしていて良い!

LGBTQだけに限らず、色々なマイノリティの人に対する内容。
BL好きの腐女子もそのマイノリティの一人なんだろうね。
やはり周りから理解されない。
人は、自分と違う世間とは違うものを排除したくなる。
人種差別しかりだね。。

マイノリティのゲイの彼等が言う「僕ら100望んで10返ってきたらいいほうだから」「自分達の生まれてきた意味は」彼らの発言が色々と胸に突き刺さる。。

特に第7話号泣。。。
鳩山

鳩山の感想・評価

4.5
0
3回くらいガチで泣いた
みんな自分の正解を探しながら生きている、他人の正解は自分の正解ではないかもしれないことをずっと意識していかなきゃいけないし、そもそも正解なんてどこにもないのかもしれない。他人の傷は分からない、友達だって恋人だって家族だって同じ
全員が自分らしく、せめて自分で自分を責めないように嫌わないように優しい世界で生きてほしい。
こういうテーマって難しいよね。受け入れるのと放って置かれるのは似ているようで全然違う、どちらがいいのかだって人によって違う。どんな感情になるのも人の自由だけど故意に傷つけるのは絶対にやっちゃいけない。
ジュンくんの壊れそうな表情と声色にすっごく胸がギュッてした🥺金子大地くん、ずっとコメディよりの演技は見てて好きだったけどこんなに繊細な演技をするなんて………本当に見てよかった。
感情ぐっちゃぐちゃでひとりワンワン泣きながら観てた、世界を簡単にしてないかな?と自問自答しながら、、人を理解するって難しくて、私も簡単にしてしまいがちな人間だけど三浦さんのようなパートナーになれたらいいなと心底思った
主演のふたり、これからも応援したい、この先間違いなく定期的に見直したいドラマだ!
話題になってたのを知りながらも昨年見逃してました。なんでだろう?
前半(1〜4話)はものすごく丁寧に描かれていて、思いっきり身に沁みたし、毎回夜中にひとりで大騒ぎしてしまった…。

だけど後半部分からは少し「うーん?」となる部分が増えてきた。
なんとなくだけど、前半よりも「差別・偏見」を乗り越えようみたいな主張が強くみえてきたような気がして、学校の道徳教材?(にしても表現ド直球だけど)みたいな方向性になってしまった気がする。
それと、ドラマだしあえて誇張しようみたいな空気感もにじみ出てきて、ジュンにたいして感情移入しにくくなった。

全体をとおして亮平くんが一番いいやつなのに、一番かわいそうな気がしてめちゃくちゃ心揺さぶられた。

キャストのみなさんもほんとに素晴らしかったので、これからも応援したい。
キムトモ

キムトモの感想・評価

3.8
0
初)NHK攻めますね👍が感想。民法で制作されたら…主人公の男子の存在がすごく重大なことのように皆さん考えてみましょう✊逆に最先端のオシャレな存在なんですよとポップに演出されそうな気がしました…
NHKの制作陣に👏です👍

(ノ-_-)ノ~┻━┻主役の金子サンと藤野サンが素晴らしく特に藤野サン👍良かった👍
きんぱち

きんぱちの感想・評価

3.5
0
主演2人の腐女子っぷりとゲイっぷりがスゴい合ってた。

谷原章介のおじさんがものすごいハマってた。

バックでQueenが流れるのも、曲選もドラマのテーマに合ってた。


輝く青春ものは、辟易してみたくなくなるけど、こういうこじらせ系の青春ものは悪くない。
>|