馮美梅

トップリーグの馮美梅のレビュー・感想・評価

トップリーグ(2019年製作のドラマ)
3.7
最初の2話までは一体どういう話?という感じでしたが、3話目から物語が本質に迫ってきて、ググっと面白くなってきました。

キャストも良かったし、特に阿久津を演じた陣内さんの得体の知れなさは一体この人は何を考えているんだろうと思わせるにピッタリだったように思いますし、松岡・酒井、灰原の同期三人組の活躍も面白かった。

小雪さん演じる灰原も単に上昇志向ではなく、家族に対する思いを持っての行動というのも良かったし、それを凛と演じられていましたし、玉山さんとのバランスも良かったです。(そういえば「カムイ」で小林薫さんと小雪さん夫婦だったなとふと書いてて思いだした)

酒井が刺された時はもう死んじゃうんじゃないかと思ってハラハラしたけど、生きててよかった。阿久津はいったい松岡に何をさせたかったのか、父の死の真相を松岡自身が辿り着くのを待っていたのか…

最後の終わり方もあえてあのようにしたのも良かった。
見た人それぞれが松岡や近藤があの後どうなるのか想像できるというのは私は嫌いやないで。