戦後70年 一番電車が走ったのネタバレレビュー・内容・結末

「戦後70年 一番電車が走った」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原子爆弾が投下され、焦土と化したヒロシマの街。そのわずか3日後に、短距離とは言え市電を復活させ走らせた人々。
その陰にに、どれほどの人々の不眠不休の努力があったか、初めて知った。
広島電鉄の職員だけでなく、まだ十代半ばの広電家政女学校の女学生たちまで、家族のもとに帰還することなく市民のために働いた。

感動的な実話に基づいたドラマだが、何よりも戦争をしてはいけない。

あなたにおすすめの記事