ディア・マイ・フレンズのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ディア・マイ・フレンズ」に投稿された感想・評価

ヒジャの演技に吸い込まれ、可愛らしい、そして心配
さすがベテラン俳優達、それぞれのキャラが際立っていた
友達って最高🌟
ねぎ

ねぎの感想・評価

4.2
0
俳優たちがほんとに素晴らしくて、ひとりひとりの役の魂が入り込んでいるので観てる方も共感の嵐。
「ライブ」「大丈夫、愛だ」の脚本家ということもあって、メッセージが込められた素晴らしい作品だった。

前半は、あまりのシニア濃度に「やすらぎの郷」か?と思ってしまったが、回を重ねるごとに俳優たちの細かな所作や眼差しが多くを語り、後半は毎回泣く。

シニア群像劇に飽きないように散りばめられたダニエルヘニーとチョインソンも良かった…!

私も死ぬ時は路上で…をモットーにしよう🕊
えぬ

えぬの感想・評価

-
0
(何話か見るとぐったりして、その都度リタイヤしてしまう。名作と聞くし絶対好きなタイプのドラマだと思うのに、再トライするたび、数話見て疲れて止まってしまう。お年寄りたちの容赦ないアレコレがパワフルすぎるのか・・・?もう少し後になった方が楽しく見れそうなので、寝かしておこう、と思いながらもう何年も経ってしまった。)
ビオラ

ビオラの感想・評価

4.0
0
70代俳優が中心の作品。面白かった。
「まぶしくて」でキム・ヘジャの演技に魅せられた。

ここでも彼女の魂のこもった演技が光る。
14話で認知症になり徘徊する彼女が、子供を亡くした時の怒りや哀しみを吐露する場面、ここは涙を禁じ得なかった。
裕福で天然なヒジャに隠されていた心の檻がぶちまけられ明らかになった瞬間、周囲の友人たちもまた色んなことに苦しんでいたのだったことがわかる。

ナンヒ親子の異常な密着度と喧嘩の激しさは、苦手だったが、この親子の関係性から、その依存度が普通ではなかったのだろうか。それとも韓国の親子は髪を引っ張り合いして喧嘩するの?だったら引く。

唯一、この輪に入らないが時々出てくるギジャの、口を開けば愚痴と避難を叫んでいるだけのセリフも嫌悪感。もしこんな友達がいたら、絶対呼ばないよ、と思う。

初めはスロースタートで少々退屈かと思ったけど、どんどん引き込まれていった。それぞれのキャラがどれも愛すべき存在になった。

ファッションもそれぞれの個性を表していて楽しい。裕福な奥様のヘジャはいつも高価そうな物、バリバリ店を回すナンヒはカジュアルなスタイル、独身でカフェを営むチュンナムさんのナチュラルで少し少女っぽいスタイル、一番好き。70代で違和感ないんだ。これ、ありだなぁ。

チュンナム演じる俳優さん、この前見た、「チャンシルさんには福が多いね」で、大家さんを演じてた人だ。全くイメージが違うけど、どっちも勉強してる。感じのいい俳優さんで好きになった。

ヒジャはまもなく友だちも分からなくなるだろう。ナンヒは再発するかもしれない。ジョンアンさん夫妻はたぶんすぐにまた喧嘩を始めるだろう。でも、この時間が心に刻まれて、それは永遠に幸せな時間になるに違いない。
miiiiiiiio16

miiiiiiiio16の感想・評価

4.7
0
もうこれ、最高のヒューマンドラマ。
だって主役8人は、平均年齢70?歳オーバーの老人たち。

それぞれが、老いや病、家族の介護や死、離婚、認知症、、、などさまざまな困難に向き合い、仲間同士支え合いながら、たくましく毎日を過ごしている。
まさに、この歳になっても青春謳歌中!で
これが心底羨ましくって、心底かっこいい。

そしてこれまでの苦労が多くも愛おしい8人ぶんの人生たちが、物語に厚みをもたす。

上手くいえないけど、
ノ・ヒギョンさんの脚本がすごいのは、
一言で言えない気持ちとか、思い、感情が上手く描かれているところ。

ワンの、母親に対する両価的感情や
ヒジャの、息子たちに抱く思い。
ジョンアの、夫ソッキュンに対する気持ち。。
家族だし、大事で愛してるに変わりはないけど
そんな単純なものでもない。
それが絶妙に描かれていて、共感を呼ぶ。
わたしたちの日常でも、みたこと、感じたことあるなって。

ワンとヨンハのスロバキアでの夢みたいな風景も、
ジョンアがお母さんの最期をいっしょに過した海辺の真っ青な空も、
ヒジャとソンジェさんがデートで見た夕焼けも、
最終回、8人の老人とワンが並んで見る朝焼けも、
最高に美しかった。
MN88

MN88の感想・評価

-
0
記録用。
2021年3本目。
大ベテランの皆さんのキャラが濃すぎて、時代的なものが濃すぎて、ちょっと胸焼けするときもあったけど面白かった。
そこにチョインソンとダニエルヘニーの贅沢なイケメンアクセント。
みんな利己的だし、ないものねだりだなぁと思う。でも、なんだかんだで良い仲間たちとの素敵な話だと思った。
LEGION

LEGIONの感想・評価

3.7
0
人生を長く過ごしているからこそおばあちゃん達👵の言葉🗣に重みが増してるように感じ、人生を華やか🌺に終える方法を学ぶことができた。

人生は親と子👩‍👧の戦争🪖、切るに切れない✂️関係をどう捉えるのか。交友関係🫂も混じり合って感動しやすかった。😭

心が若ければ👧いつでも青春🌅は存在する。生きる意味を見出す🧐ことが人生の軸にあるわけではないと知れた。
ニコ

ニコの感想・評価

4.3
0

このレビューはネタバレを含みます

BTSのRMが好きなドラマと言うので視聴。
観て良かったー!

シニア世代のストーリー。
数十年と第一線でドラマに出ている(数々のドラマで多数拝見している)ベテラン俳優さんばかり。

1話はコミカル要素が強かったが、話を進むにつれて内容が深くなる。

1話冒頭の話も繋がっていく。
ああ、自分では気づいていたんだな…

色々な人生を送ってきて、余生を考える世代。
誰しもにこれからやってくるその年齢の生き方。
リアル過ぎて本当に泣けるシーンも多かった。
 
■印象深いシーン①
毒とわかっていて怖くても、母親に一緒に飲もうと言われたら飲むしかなく、
自分の命さえも母の意図なのだと6歳で察し、母親の所有物でしかないと言う強烈な思想を植え付けられた娘。
これに対する母の想いは、「あなた(大切な子)を残して死ねない」だった。
そう言うものかと、愛情の計り知れなさを感じた。

また、母親に『何で殺そうとしたの?』と聞けた事でその呪縛から解放できたから、
闇を抱え込まない事で人生変わる、解き放てる
と言うメッセージを貰った気がした。

■印象深いシーン②
10話
『トンセン(弟)よ、期待しちゃだめよ。
ワン(コヒョンジョン)は、来たいから来ただけ。深い意味はないのよ。
一人親の一人娘だもの。また居なくなるわ。
前みたいにね。』

『わかってる』

この『わかってる』のチョインソンの表情があまりに穏やかで、深い愛情以外何もなくて、切なかった。

胸キュンポイントは、3年も離れていて、部屋に行って口論して洗面台に行ったら、歯ブラシも何もかもそのままだったら、愛情しかなくて安堵で泣くよね。
写真から何までそのままって凄い愛情!!!
嬉しすぎる。

コヒョンジョンを久しぶりに観た。何出る?と出演作を調べたら『きつねちゃん何しているの?」のヒロイン!!忘れていた。
これ、大好きだった!!

コヒョンジョン、ナチュラルメイクの美しいこと。好きな女優さん。

良いドラマだった!
かれんぼ

かれんぼの感想・評価

4.5
0
ラブ要素少なくて大変見やすいです。これからの生き方を考えてしまう〜 愛の不時着で感じたおばちゃんたちの身勝手さと情の深さが思い出された。家父長制最悪
チュンナムさんのファッションがぜんぶかわいくて、これになりたい!
すずむし

すずむしの感想・評価

5.0
0
口うるさいお年寄りの話かと思いきや、
とても良かった!!
もう、みんな愛おしい。
こんな友達が居て羨ましい。
そして、お母さんに会いたくなった。
>|