クリミナル: イギリス編 シーズン2のネタバレ・内容・結末

「クリミナル: イギリス編 シーズン2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

シーズン2も面白かった。

もちろんそれぞれの事件の内容も面白いんだけど、イギリス編は尋問官達のチームワークの良さが他の国より群を抜いていい。
それぞれのキャラクターがそれぞれに役割を果たしていて見応えがある。

最後の終わり方もなかなかよかった。

とりあえず全シリーズ完走したけど、やっぱり一番安定感があって面白かったのはイギリスかな。
でもフランスはローラン・リュカのおかげですごく楽しめたので、イギリス、フランス甲乙付けがたい。
2-2のみ視聴。取調室の中だけで進むというドラマの作りのわりに緊迫感あって面白かったけど、推定無罪みたいなやつはないのかい…となるしなんかモヤモヤするなぁ 案の定「フェミさんはこういうの見てどう思うの!」みたいに憤慨してる人見かけたのだけど、そもそも私個人的にはじめっから「冤罪じゃないのか?」と何故か思ってて、そのあたり多分イギリスと日本とそもそも土壌が違うんじゃないかな…という感じがする 日本は被害者の証言があんなに信用されるような国ではない…
あとあんまりキットの演じたアレックスが嫌なやつと思えなかったのも関係あるかも ところで紹介文にある「中年男性」、キットのことだと最初思わなかったね
取調室でのやり取りだけを描く舞台劇のような刑事ドラマシリーズ。イギリス編シーズン2の3話目、ダニエルは見た後にゾクゾクして鳥肌たった。情報をもとに人が人を裁いてよいのかというテクノロジーとプライバシー、さらに個人の自由、そしてモラルの話になるかと思っていたら、まさかのやってる側がソシオパス。見る側に共感させておきながらのどんでん返しはもちろんだが、こういう人に通報された側は本当に人生壊されるし、それができてしまう現実こそが本当の恐怖。シーズン1よりシーズン2の方がどれも抜群に面白い。

あなたにおすすめの記事