鷺宮テラス

竜の道 二つの顔の復讐者の鷺宮テラスのレビュー・感想・評価

竜の道 二つの顔の復讐者(2020年製作のドラマ)
4.0
これまでの同ジャンルの作品とは一線を画していて、復讐の綻びとなり得る要素をいくつもいくつもそれこそ無数に提示してくるので第3話にしてすでにプランが崩壊していくのが間もなくなのかもしれないと、ハラハラする。

今作は復讐のためにキャリア官僚の出世コースにまで登りつめる。

奈緒さんの存在感もバツグン。
松本穂香さんはどんな立ち位置でもこなせて本作でも素晴らしい演技、ホステス役の宮本茉由さんもお綺麗です。

しっとりと静かに進むのでいっそのこと早く失敗してー!と願ってしまう。

一体どこからガラガラと崩れていくのか気になって仕方がない。

ビッケブランカさんとSEKAI NO OWARIさんの曲もサイコーです。村松崇継さんの音楽が素敵で毎話終盤に流れるメロディがたまらなく好きです。

第1話:2時間スペシャル超退屈
第2話:退屈
第3話:ハラハラドキドキ!
第4話:砂川からなのか、美佐、竜二、凛子、竜一も素性ばれて、フリーの記者もやばいw 綱渡りをたのしむ。
第5話:面白い!
松本まりかさん、高橋一生さん、遠藤憲一さん、玉木宏さんの表情と静かな声色だけで魅せる演技の素晴らしさを堪能しまくった。西郷輝彦さんの低い声も素敵だったー。
第6話:このドラマは源平(遠藤憲一)と家族の物語でもあった。妻への劣等感、子供たちの父親への思い。誤解。孤独な源平は頂点へ向かって走り続ける。
第7話:足りない。足りないよ。次回で最終回だなんて。おかげで駆け足展開になってしまった。もっともっと登場人物達を、今度は脇役の方たちを掘り下げて欲しい、まだまだ行ける、もう1シーズン見ていたいw
最終話:2時間スペシャル
そのラストかぁ...........またかぁ.....
3人のお食事シーンは本当にたのしそうにしてらして◎。遠藤憲一さんの演技素晴らしかったです。玉木宏さんも少年のあの頃のままの竜一を感じたし、高橋一生さんは弟感を出せるのさすがでした。印象に残る台詞多かったなー。惜しい、惜しすぎる大作でした。

【完走】