ギルティ~この恋は罪ですか?~のネタバレ・内容・結末

「ギルティ~この恋は罪ですか?~」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ドロキュン大好き。
中村ゆりか怖すぎ。でもハマってた。

エンディングはハッピーエンドでいいんだけど、よく言えばBADエンディングが良かったかな←最悪。
後半(荻野家が離婚した後)ダラダラ見ちゃったけど、最終的な終わり方は好き◎

神尾くんの力強い目元は肖俊に似てるな〜と思った。
・最終話の途中までは
 ミステリーチックかつ深みが
 あるように感じました。
 
今まで:秋山と爽それぞれ家庭環境の
    事もあり、自分ではない誰かの
    ために決断(逃げ)をしていた
    →後悔
今後:自分のために自分の意思で決断
 
構成は好きだったのですが
各々自分たちの決断で別れを決めた
のであれば最後再開する必要はないかな…
邦画によくあるザ・ハッピーエンドな感じ
秋山・爽を人生の転機の人物として
それぞれの人生を歩んでいく方が
現実味があるかなって思いました。

瑠衣と駿くんなどに関しては
親の存在って大きいし
幼少期の経験や感じた事が
今後に大きく影響しますね!
 
 
中村ゆりかさんの怪演…!!
神尾楓珠さんの陰のある役柄も光ってました
小池さん、新川さん、町田さんは安定感あってすごい大人に見える

途中で放送休止になったのと、思ってたより話数があって少し間延び気味だったけど、
どうせ後悔するなら思いっきりやってから、
我慢して決めるんじゃなくて自分の意思で決める、
周りくどかったり卑怯なやり方しないで真っ向からぶつかれば見える事もある、というのはそうだよなと思わされました

あとやっぱり毒親が子どもの心に陰を落とすのは見ててしんどいね…
それまでのハードな展開からすると最終回はちょっとのんびりに見えたけど、そういったメッセージ重視だったのかもしれません
女性誌編集者の爽は結婚6年の夫・一真と、家庭も仕事も順調。しかし、子供が欲しい爽は、子供を作る意志がない様子の一真に相談出来ず、行きつけのバーで飲み友達の瑠衣と悩みを共有していた。そしてある日、“特集”の作成をする中で、レストランのオーナー・秋山と再会し、爽は動揺。秋山は高校時代の恋人で初恋の人だった。

【MEMO】
コロナで仕方ないけど後半どろどろ薄れてしまった〜
最初の2〜3話は、不倫ものドラマとして、かずくん最低だなールイ怖いなーぐらいの感情でまあまあ面白かった。でも途中からわけわかんない展開に…!!!えっルイと秋山は兄弟だったの?しかも協力者はかずくんの弟!?世間狭すぎ。しかも動機は兄弟愛…???まじでわけわからん。最後までわけわからんかったけど、ルイのケーキぐしゃっして「まだ残ってんだろうが」ってするシーンだけ良かった。
ストーリーが進めば進むほど
ただの不倫がテーマのストーリーではないようでとても面白かった。

全ての黒幕は町田啓太の妹役の子であり、私のお兄ちゃんをとらないでという思いからだった。

妹は最後協力者であった男(神尾)に妹(中村ゆりか)は刺されたが、1年後妹からの国際便が届いたところを見ると、自立して外国へ行ったようだ。

新川と町田は1年後第一話ですれ違った道で再会してドラマは終わる。
素敵な最終回。
ドロドロが面白かったのに、ラスト2話はドロドロさもなく。
秋山とさやかの恋の行方を追っかけて、長すぎて微妙だった。
もういいからくっつけよ、最後にはくっつくんだろ、って目でしか見れなくて。


浮気現場おさえるのにあれこれ手を打つさやかとるいの戦いが、一番見応えあったかもしれない。

むつきがるい側だってわかった時の衝撃も大きかったな。

ドロドロを売りに出してるなら、最後までドロドロさを見せて欲しかった。
秋山が優しすぎるが故にこうなったって言っても過言ではない笑

瑠衣の家庭の事情もあったんやろうけど、そこまでしやんでもって思った笑
まぁドラマ的にはそうなるかあって感じやったかな笑
【2020#030】
 ドロキュンドラマ。キャラ設定とか場面設定の構造がバラバラすぎた。ただドロドロをかき集めたたげで構造化していない。
 複雑怪奇な人間関係に、腑に落ちない結末なのに、主題歌「Be All Right」はさすがに笑えませんでした。。。
>|